幸福的結局

幸福的結局

社まで足ランダ

2016-11-08 10:50:30 | 日記



まず、そのホースをベランダの方に巻き取り、プランターに生えた雑草を抜いて、乾いた土はいくつかに分けて袋に入れ、空いたプランターのうち、古びたものは万能鋏卓悅冒牌貨や万能ノコギリで切って捨てられる大きさにし、土が残っていても、重ねられるプランターは重ねてまとめて隅に寄せ、レンガも寄せ、掃き掃除をして、ゴミを捨てて……と、日が暮れるまで頑張ってしまったあの時に、左の手首は音を上げたのかもしれない。

 

それにしても、酷使したのは右手のはずなのに、なぜ左手だけ痛いんだろう。右手に比べると鍛え方が足りないからかしら。
とりあえず、左手は安静第一でできるだけ休ませることにしよう。

 

……となると、代わりに使われてばかりいる右手が僻む気がして心配になる。

 

 普段から頑張ってるのはあたしの方なのになんであんただけ休むの?


ああ、どうか今は拗ねないで。両手とも痛くなったら困るどころの話ではない。
休暇を取るなら短めに別々に。 二日目の昨日は、かすかにお囃子の音が聞こ卓悅冒牌貨えてきたのでベに出て、いつかと同じように、大通りを行く神輿を遠く眺めた。威勢のいい「わっしょい!」ではなく、なにか聞き取りにくい掛け声と共に、白い集団の列はゆっくりと進んでいく。

空の青こそ怪しい色合いだったけれど、雲の形はもう夏だ。

 

夜になって出先から帰ってきた時、お祭りの雰囲気だけでも味わってこようかと、娘とそのまま神を伸ばしてみた。が、もう21時近かったので、残念ながら通りの夜店は片付けモードだった。食べ物の匂いや呼び声もほとんどなく、射的と金魚すくいだけが名残惜しそうな客の相手をしている。

 

それでも、狭い境内にはまだ人の賑わいがあった。これから集会所で飲み会をするのであろう大人たちや、中学卒業後、久しぶりに会ったらしい男女のグループ、カップル、小さな子供たちさえちらほら残っている。そして、本殿にもまだ煌々と灯りが灯っていた。

 

せっかくだからお参りをして帰ろうと鳥居をくぐり、本殿に近づいていくと、参拝をしている人の頭の向こうに、お祓いの、あの白い大幣(おおぬさ)がヒラッヒラと舞うのが見る。こんな時間でも神主さんがちゃんといて、お祓いを卓悅冒牌貨してくれている様子だ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 到Dr reborn打透明質酸,一不... | トップ | 薄れてに当た »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。