実に誠に柳庭園

2015年11月より、貝殻拾いはじめました。
打ち上げ採集専門。

※漂着物の写真あります(骨・ナマモノ等)。

第10回三戸浜・和田長浜・逗子海岸201603そのいち

2017年02月13日 13時58分21秒 | 浜歩き記録
如月から弥生へと月は移り……と書きますと、なんか、ゆとりある朝のニュースオープニングみたいですけれども
前回書きましたとおり第9回と第10回は全然間があいておりません。
週二で海。リア充っぽい!? サーファーさんみたい?
(;゚∇゚)<浜をひたすら歩いています!



河津桜は、ここで一気に葉桜になりました。

 

三戸浜に着きました。穏やか~。

   

親指くらいのイカ。目が大きい。
イカの漂着を見つけたのはこのとき一回だけです。こういう生き物は、どうやって種類調べたらいいのかな。
その場では単純に、わーイカの子なのかなーと思っていましたが
小型の種類でこれで大人ということもあり得るし、何ならほっちゃれ(産卵後に死んだ、または弱って死にかけの鮭を地元でこう呼んでいました)なのかもしれず、イカのことも気がつけば知らないことばかり。理科読み物的なイカの本をいくつか読みましたが、あれは食用の水産資源としてのイカだったしなー。今になって湧き上がる疑問の数々。
イカって何回書いた?
標本にするなら液浸になるのかしら……?? 拾って洗って冷凍すれば保存はできそうですけど……

 

ヒトデも新鮮なのが。トゲモミジなのかな?







ほんに穏やかな春の海。



移動中に見つけた、道路のフチから伸び上がる植物。
太陽を! 浴びるぜー! 集めるぜー! っていう形をしておりますね。
ごめんなさい名前が調べきれていませんが分かったら書き足します(汗)

 

和田長浜もこんな感じ。ゆたーっとしています。



ぐー。ちょきとぱーを見つけることはあるのだろうか……

さらに移動して逗子まで行きました。
週二で海、しかも三つの浜をコンボです。めっちゃ歩いてる私。

 

途中のペリーさんマンホール。
鉄塔と青い空が絵本のような景色です。春の三浦半島はいいっすねぇ。

さて、この日拾ったもののご紹介……をしたいのですが、
三つも浜を渡り歩いたので獲物が多すぎる。
というわけで記事を分けました! →引き続きご覧いただく場合はそのにへ、よろしくお願いします~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9回三戸浜・和田長浜・逗... | トップ | 第10回三戸浜・和田長浜・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL