をとなの映画桟敷席         ~ほぼ毎日が映画館

映画取材から編集裏話まで、るかのここだけの話を忘れた頃にアップします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハンティング・パーティ (映画)

2008年01月26日 | 映画
(C)2007 IM Filmproduktions GmbH All Rights Reserved

映画「ハンティング・パーティ

本日の映画紹介はリチャード・ギア主演の「ハンティング・パーティ」です。
ギアというと、「プリティ・ウーマン」をはじめとする甘ーい2枚目をイメージするのですが、今回は花形からどんぞこに堕ちたジャーナリストの役。
ボスニア・ヘルツェゴビナの紛争後、未だにつかまらない戦争犯罪人を追い詰めていく話を主軸に、相棒として「クラッシュ」や「ハッスル&フロウ」で目覚しい演技を見せたテレンス・ハワードが、相棒のカメラマンとして脇を固めます。

前半は社会派な切り口で「ホテル・ルワンダ」や「ナイロビの蜂」的雰囲気なのですが、中盤から追いつ追われつの動きのある展開となるため、重苦しい雰囲気がないのが違います。それが好きか嫌いかで評価が分かれるでしょう。
接触する相手も嘘か誠か、そしてラスト、危機一髪!

ちょっとできすぎでは?と思うかもしれませんが、実は実話に基づいており、エンディング・ロールでの実物のご登場もご愛嬌。
シリアスにならず、かつ、表に出ない戦争の1面を切り取っていることと、ジャーナリストとライターとの大きな違いを垣間見た作品です。

2008年ゴールデンウィークにシャンテ・シネなどでロードショー
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松下、ナショナルが消える | トップ | 007が待ち遠しい! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【小説】 第1話 サイモンとダック (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
… この物語は 「まさか」と思う部分が真実である。…
映画『ハンティング・パーティ』試写会の感想 (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
おはようございます。管理人のせたPです。
ハンティング・パーティ (アートの片隅で)
「ハンティング・パーティ」の試写会に行って来ました。 シネトレ公認ブロガーをさせて頂いているので、有り難い事に「王妃の紋章」に続いて御招待して頂きました。 更に、文庫本まで頂いて、どうもありがとうございました。 映画鑑賞後に読ませて頂きました。 この小...
ハンティング・パーティ (小部屋日記)
The Hunting Party(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:リチャード・シェパード 出演:リチャード・ギア/テレンス・ハワード/ジェシー・アイゼンバーグ/ダイアン・クルーガー 狙った獲物は《最上級》 3人のジャーナリストがスクープを求めて、重要戦争犯罪...
ハンティング・パーティ (eclipse的な独り言)
 Yahoo!Moviesによりますと、リチャード・ギアは2007年に5本も映画