遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

実は 2.3日前から アポトーチス ということばが 頭を駆け巡っていた。

脳内麻薬と人間のしあわせ ....

食べること 運動すること 集団のなかにいること 恋 人類愛.... が脳内麻薬を分泌させ しあわせをもたらすとすれば これら 広義では 生きること 個と種の繁栄をもたらすエロス的な衝動に対して タナトス 死への衝動はどうなのだろう。肉体が死を迎えるとき 脳は大量の脳内麻薬をだして 死にゆくひとを恍惚たらしめるという。...それで ....

アポトーチス

個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。細胞の残骸は他の細胞に利用される。立つ鳥跡を濁さずの細胞死。

ネクローシス

細胞の内外の環境悪化 被曝 やけど他 でどうしようもなくなった細胞が、破裂して内容物をぶちまけて起こる、細胞死 正常な細胞までまきこむ。

 

体を生かすための細胞死があるとすれば 細胞のように地球を構成する人間のプログラミングされた死 もあるのではないだろうか?

そのような 衝動に駆られるひともいるのではなかろうか....   レミングみたいに....

そのひとたちは おそらく 快感に震えながら テロなども起こすのだろう....

自爆するときも しあわせなのだろう ....   

 

ISはヒラリーらが 英米がつくった。 彼らは我欲でつくった。 ヒラリーが死ぬとき も.... 至福のなかで 死ねるというのか....

 

 

アポトーシスと癌 http://ganmaga.jp/archives/432



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ロックの名盤... 宝くじあたる... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。