遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

⇒ こちら  ⇒ こちら

原油暴落で ロシアの危機が懸念されておりますが ロシアはドル建てから ルーブル建てにシフトしてます。

ロシアと中国は提携 インドも イランも。 だから見た目ほどではないのではないか....

ロシアのルーブル安ばかりでなく ブリッグスの通貨も下落しており英米VS ロシア・ブリックスとの熾烈な金融戦争が戦われているように見えますが これは ほんとうなの?

 

おもしろいサイトをみつけました。 ⇒ こちら

以下 抜粋 と 注釈

これからの世界の覇権を握るのはダレか!? カギはロシア。

①ロスチャイルドであるなら 欧米による世界支配から BRICSによる世界支配に代わるだけ

②ロックフェラーなら 第三次世界大戦でユダヤ金融資本が華麗に復活

③プーチンであるなら 2つの可能性があります

Ⅰ.新しい金融システムにより 世界には少しずつ平和が訪れる
 
Ⅱ.ユダヤ金融資本を排除したうえで、プーチン及び、BRICSによる新たな支配構造が生まれる

 

私たちの生活 暮らしは ダレに握られているのか 続きを読むとちょっと怖いですよ。

オバマはなぜ 来日のとき 天皇陛下に最敬礼をしたのでしょうか? 

少なくとも これは事実です。

①北朝鮮とCIAはウラでつながっている。

②2000年時点で、ロスチャイルドの支配する中央銀行を置いていなあかったのは

アフガニスタン、イラク、スーダン、リビア、キューバ、北朝鮮、イランの7ヵ国です。

その直後に都合よく、9.11テロ事件が起きました。

当然ながら、ロスチャイルド支配のシオニスト・メディアはイスラム過激派アルカイダがニューヨークのツイン・タワーを攻撃したと一斉に報道しました。

その後、アメリカはイラクアフガニスタンに侵攻し、そこにロスチャイルド支配の中央銀行を置きました。

その後、ロスチャイルド家が支配する中央銀行が存在しない国はスーダン、リビア、キューバ、北朝鮮、イランの5ヶ国になりました。

次にアメリカのシオニストはメディアを使ってリビアガダフィを悪者に仕立て上げ、その後、彼を虐殺しました。

ガダフィが殺される直前に、リビアで戦っていた反体制勢力はリビアに中央銀行と新たな石油会社を設立させたのです。

2011年には、ロスチャイルド支配の中央銀行が存在しない国は、キューバ、北朝鮮、イランの 4ヵ国となりました



銃を突きつけられるリビアの英雄カダフィ


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11119543181

北朝鮮はアメリカCIA管轄で将軍様こと金王朝はスターリン(ロスチャイルド系の独裁者)が送り込んだ国家ですよ!ですので北朝鮮は既にロスチャイルド配下と思われます。

(※ さて みなさん 今まさにそのキューバと米国が手を結ぼうとしています。⇒ こちら 

斡旋したのは あの バチカンですよ。これはどういうこと???)

そして 残るのは イラン だけですね。) ロスチャイルドが勝利するのかな.....

ちなみにアメリカと日本はどうかと言うと、アメリカはダレがFRBを支配しているかと言うことになります。

ロスチャイルドとロックフェラーの共同管理になっています。

日本もアメリカに似ていますが、共同ではなく別々に管理されています。

ロスチャイルド管理と天皇管理です。(日本銀行は私企業です。株を持っているのはダレ?)

世界の冨や中央銀行は、たった3人によって全て握られています。

ロスチャイルド家とロックフェラー家ともうひとつ。 ホントウなの???





天皇家の紋章                          ロックフェラー家の紋章


その上で、今後私たちが注目していかなければならないのは3点

①BRICS各国が通貨発行権を取り戻すか?
②開発途上国への融資は無利子か?
③融資先の国への内政干渉はしないか?

ブリックスはあらたな覇権の帝王か それとも解放者か


①BRICS各国が通貨発行権を取り戻すか?

BRICS各国が通貨発行権を取り戻さないようなら現在、繰り広げられてるユダヤ金融資本との対立はすべて、演出である

「エアー反ユダヤ」結局、ロスチャイルドの支配が続く BRICS開発"ロスチャイルド"銀行創設

--------------------

②開発途上国への融資は無利子か?

ロスチャイルドの支配下において、無利子の融資はあり得ません

BRICS各国が通貨発行権を取り戻した場合、無利子の融資の可能性が出てきます

しかし、通貨発行権を取り戻したにもかかわらず、利子つきの借金を途上国に負わせるようなら、ユダヤ金融資本による支配からBRICSによる世界支配に代わるだけです

BRICS新"奴隷"開発銀行創設

---------------------

③融資先の国への内政干渉はしないか?

「富める者は貧しき者を治め、 借りる者は貸す人の奴隷となる」

これまで、苦汁を飲まされてきたBRICS彼らはIMFとは違うと信じたいが・・・


世界から飢餓と戦争をなくす方法は2つ


①世界各国が通貨発行権を取り戻すこと
②利子を付けた通貨=負債の流通をやめること

わたしたちひとりひとりにはなにができますか?

①できるだけ 自分でつくる

②お金はつかわない 少なくとも巨大資本のものは買わない

③健康を保つ クスリはできるだけ身体にいれない

④お金は借りない カードは使わない 

⑤早寝早起き 小食 不食

それではおやすみなさい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アディダスは... 次の記事へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。