遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 お題「パフェといえば ?」(19件)に参加中!

わたしのパフェの思い出は 高校二年生のときのこと....

知らないお姉さんにキャッチされた。

そのお姉さんは 統一教会の信者さんでした。駅前のフジヤパーラーにつれていかれ マロンパフェをご馳走になりました。当時お小遣いが月1000円くらい。パフェは高価な食べ物でした。まだ こころやさしく 内気だったわたしは マロンパフェをご馳走になった負い目もあって 断りきれず のこのこお姉さんについてゆきました。信じられないことに”教会”は線路の間の島みたいなところにあった....

その 島 にあった一軒家に信者さんがどうやって出入りしていたか記憶がないのですが わすれられないのは みんな ただいま といって教会に入り 行ってきます といって帰っていくのです。出入りしているのは やさしげなさびしげなひとたちでした。悪い思い出はありません。

たったひとりで 先生から 教義の教えを受けました。三日受けると信者になれるとか聴いた記憶がありますが定かではありません。

その教義というのが 麦がどうしたとだけ 覚えているのですが 高校生が聞いても寄せ集めとしか思えなくて (ごめんなさい) わたしは眠くて眠くて 居眠りもしてしまった... 逃げることだけ考えて ...でもお姉さんにわるいから 三日シンボウして それから一度も行かなかった .... 高くついたパフェでした。

それでも その家はみょうに 懐かしく 電車で通るたび どこだっけここだっけ と窓から眺めていました。ほんとうにやさしいひとばかりでした。やさしいひとは 居場所がないんだなと なぜかふと思いました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 果たして ホ... モスル陥落直... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。