遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは
語り部は いにしえを語り継ぎ いまを読み解き あしたを予言する。騙りかも!?内容はご自身の手で検証してください。

 



 

秘密保護法施行以来 骨のある 読み応えのあるブログがつぎつぎと筆を折ったり 有料メルマガになったのはこの国にとって残念なことである。カレードスコープ然り ヤスの備忘録然り 略奪者のロジック然り ....

有料メルマガにするのは身を守るスベでもあるのでしょうが 万人に開かれていないという時点でひとつの終わりのように思えます。そのなかで ヤスの備忘録は マネーボイスでたまたま読むことができます。(カレードスコープは最近見ません)

ヤスの備忘録に マルウェア スタックスネットの記事が いまさらに ありました。

http://www.mag2.com/p/money/34902

ジム・ストーンは、福島第1原発の放射能漏れ事故の原因は、実は必ずしも津波ではなく、「スタックスネット」の感染であると証言したのだ。福島第1原発の「スタックスネット」は、USBメモリーを介して感染したという。

筆者がジム・ストーンのこの証言を初めて知ったとき、細かな点で矛盾する内容が多く、にわかには信じられないと思った。311が海底の断層に6個の核爆弾を埋め込み、これを同時に爆破させて引き起こした人工地震であるとする点も、証拠がほとんどなく信憑性は乏しいのではないかと感じた。

しかしいま、日本の民間のインフラにマルウェアが仕掛けられ、それが「スタックスネット」である可能性が高いとするスノーデンとストーン監督の証言を見ると、人工地震はいざ知らず、少なくとも福島第1原発の放射能漏れ事故に関しては「スタックスネット」による感染が原因であった可能性を考慮してもよいのではないだろうか?

311の9カ月前に2号機の電源が喪失し、熱暴走のため水位が2メートルも下がった事故が発生していたことを考えると、この信憑性は高まるはずだ。

以上

なんとも 歯にモノのはさまった書き方ですが このスタックスネットをつくったのは イスラエルです。3.11後も やらかしています。

ジム・ストーンの遺言

⇒ こちら

ところで わたしは ヤスこと高島康司さんの有料勉強会に数年前 うかがいました。内容に記憶がないのは 3.11 放射能の影響でしょう。

放射能と脳障害 ⇒ こちら

危機感の大きな減退。 時刻感覚の減退。 食欲の増大。 ステップワイズな複雑な思考の回避。 味覚の変化。 感情の鈍化。 開放感(遊び)への欲求の増加。 転びやすい。 計画性の減少。 複雑な文の回避。 単純ミスの増加。 短期記憶力の減退。 長期記憶の取り出しの失敗。 甘えと自己主張の増加。 他人の感覚への共感の減退状況把握の鈍化。 滑舌がわるくなる。

あぁ そうか それで テロ等準備罪にもさしたる反対もないわけだ。よかったね 安倍さん .... 甘えと自己主張の増加 これは安倍さまとあきえさまのことね。

脳だけではありません。先日行った呼吸器科 4/28まで予約満杯でした。

放射能と呼吸器障害 ⇒ こちら

放射能と心臓 血管 ⇒ こちら

循環器科もいっぱいだった。突然死 多いですね。夫もあやういところで二度手術しました。

3.11のとき 予言されたこと 交通事故の増加 心臓病の増加 糖尿病の増加 ... すべて現実となりました。

これから はっきりしていくであろうことは 子どもたちの学力低下 注意力散漫 人口のおびただしい減少です。単なる少子化ではないのです。

ヤスの備忘録の惹句は... 歴史と予言のあいだ ...ですが

一昨日 わたしは 古書店で 心霊の世界に覚醒して(直接 啓示を受けるためのシャーマンの方法) という本を買い求め その訳者が高島康司さんでした。

訳はあまり平明..ではない というか 読みやすくない。けれども 魅力的な本です。

わたしの目が釘付けになったのは....

「シャーマンには七つの役割があります。儀式を行うこと アーティスト 語り部 ヒーラー 戦士 リーダー そして知識を受け継ぐ役割です。」

それだけではないですね。 シャーマンとはなにかとつながれる者のことです。 自ら覚醒者であるとともに 覚醒させるもの.... ひとびとに真実をつたえる者 ....善きシャーマンは利他のため 愛のためにそれをおこなうのです。

ちかごろ テレビで 長塚という演出家さんと彫刻家 また 高橋一生という役者さんも同じようなことを言っていました。

つながったときのこと.... いい役者 俳優もある意味 シャーマンなんですよ。

わたしは 日日の語りの会を 実は儀式としてしていたことに気づいてちょっと驚きました。まず 祈りがある。 蝋燭を灯す 酒 水 塩を供える .... 最後に感謝 すべてに。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 海の王子と眞... 不正選挙を追... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。