my favorite things

絵本の話を中心に、好きなもの、想うことなど。

想い出の「ポニー」

2016-10-20 17:21:25 | 好きなもの・工房から...

毎年の秋のお楽しみ、「工房からの風」。

カテゴリー内に好きなもの・工房からの風 作ろうかなーなどと思っていたら、
2015年、2014年はブログに何も書き残していませんでした。
(軽いショック。)
たぶん、フェイスブックでのやりとりが主になっていたのですね~

でも、気を取り直して、やっぱり作っておくことにしました。
初めて行ったのは何年だったのか、とか、あの時は何を買ったのか、とか
時々思い返してみたくなりますので・笑。


ところで、今年の「工房からの風」。

数年ぶりに、朝いちで、ワークショップに参加するという思ってもみない展開でした。

手縫いでつくるコインケース  先生はOhamaさん。


私は迷った末に、今年の「色」のレモンを選びました。

こんな形に切ってあって、ノリはついているし、目印もあらかじめ
付けてくれてあるので、あとは先生のおっしゃることを真剣に聞いていれば
私でも作れるかなーと。


専用の道具で穴をあけたところです。
木槌で、とんとんとんと3回くらい叩くと、きれいに穴があいていき、
革のやわらかな感じがとても気持ちがよいのです。

好きな糸を選び、いよいよ縫っていくのですが‥革作業は
縦にして縫っていきます、という先生の説明。

そう、ここに写っているこの木製のものが「ポニー」なんです。


こんなふうに「ポニーに挟みます」と言う先生。

ポニーというのが、この道具の名前???と思っていたら、
やっと疑問がとけました。
こんなふうに、動かないように固定させるために
「乗って」使うからなんですねー


お裁縫の時につかう絎台(くけだい)ような形で‥その平になってところを
椅子の上にのせて、その上にまたぐようにして自分が座るのです。
(この写真はワークショップ終了後に、証拠写真として?
座っている自分の足を撮ったところです)

このあとは、糸の両側に針をつけて、左右から交互に縫っていく
革の縫い方を教えていただき、めでたく完成となりました。




やってみたかった革作業ができたことも嬉しかったですが、
それ以上に、なんて言ったらいいのかな。
ワークショップに参加しようと思うことが、いつになく新鮮に思えて、
そういう気持ちの動き方が、「工房からの風」なんだなーって思うのです。

だから、風2016は、「想い出のポニー」、ふふふ、です。






こんな美しいお庭‥とても満ち足りた一日でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« りすでんわ他 | トップ | 振れ幅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む