バンビの花道

いばらの道が少しずつ花道に。避けられない英語学。頭・体・心を鍛えアメリカで図太く生きていこ!

[近隣トラブル] アパート住まい

2017-02-08 13:15:52 | 生活
※今日はアパート騒音問題です。かなり長文です。そのようなことには縁がないという方はどうぞスルーされてくださいね。


どこの国にも住宅の騒音問題はつきものなのでしょうかね~ 


バンビ家は2F建てアパートの2Fの部屋を借りているのですが
1Fの女性住民が壁or天井を叩いて“うるさい
と物凄い音で威嚇してくるのです。

彼らがここに引越してきてよく夫婦喧嘩の声が聞こえており“またやってんな~”というような状況が続いておりました。
ま、それはどこの家庭にでもつきものでしょうから(かなり激しいやりとりが繰り広げられていましたが)
特に管理人さんにクレームを言うことまではしませんでした。
が、そんなある日。
我が家の扉をドンドン叩かれ、恐怖心いっぱいで扉を開けると警察官が2人。
英語でベラベラ何かを説明し、部屋の中に土足で入ってきてチェックしはじめたではありませんか!
(英語はわかりませんでしたがかなり緊迫している空気であることはバンビもわかったので“くつは脱いでくださいね~”とは言えませんでしたよ)
すぐに管理室に夫から確認の電話をしてもらったところ
駐車場で男性から暴力をふるわれている女性を目撃した人がいて、その暴力をふるっていた男性が
バンビ家の住む棟の建物に入っていったという通報を受け、その男がどこかの部屋に侵入していないか警察が確認していたとのこと。
その男女というのが我が家の1Fに住んでいる住民さんなのでした。。。


だたバンビ思うところありまして。。。
共同スーペースのランドリー室でこのご主人としばしば顔を合わせることもありましたが
挨拶もきちんとして下さり、よほどのことがない限り理由なく暴力をふるうような人には思えませんでした。
一方奥さんの方は、よく玄関先で子供連れてたばこふかしてました。ブスーッと常に機嫌悪そうで挨拶すらしない人でしたので
日頃の夫婦喧嘩は奥さんが原因なんだろうなぁ~なんて思ってましたけどね。。

ここまでは1Fの住民がどのような方なのかご紹介。


現在は下の階に奥さんが残っている状況でして。。(以前のご主人とはたぶん離婚)
今年に入ってずーっと家にいるんですよねぇ~。仕事までクビなのかな?



最近は日中に普通の生活を送っていれば出てくる掃除機音や入浴音までにも
バンバン
するようになってきました。



“きっと荒れてるんだよ、うまくいかないことがあって”
気の毒に思い、私達のできることはやりましょう!と



防音マットを購入し、せっせと敷き詰めましたよ。



このときは夫が出張中でしたのでバンビがやるしかない!



完成!!


これである程度遮ることが出来るね 


と思った矢先、
愛犬達が少し遊んでいただけで


“ばーーーーーーーーーーーーーん!!”


と音のプレゼントが贈られてきたので
ここでバンビの中でなにかが

“ブチッ”  

と切れました。


出張先の夫に電話して状況を説明し管理室に連絡。
夫もとうぜん、状況は把握していたので話は早い。

昨年、夜中頻繁にブザー音を鳴らされる被害が続いていたので
これもおそらく彼女達だと思われる。

このことを管理室の責任者と以前話していたのでこことも話が早い。

ただ、相手がどのような逆恨みをしてくるかもわからないということもあり
慎重に対応を見極めたが良いため、責任者の方にまずはアドバイスをもらおうとしたところ
“直接、私から話すことがいちばん良い方法です”
という回答だったとのこと。

この責任者の方はいつも親身になって下さり、私達にとっても心強い存在なのです。
今日知ることになったのですが
バンビ家の斜め前のお部屋に責任者の娘さんが住まわれているらしく、よくこの建物には出入りされているとのことでした。

我が家がどのような生活を送っているのかもご存知でしょう。
ほそぼそーと暮らしていることを。

このアパートに決めたのは犬を飼っても良い物件であったことがいちばんの理由です。
そのような物件であることをわかっていながら
防音マット上で少し遊んでいただけで威嚇してくるのはちょっと・・・
1Fの子供が走る音や深夜に声や音が聞こえてくることだってあるわけでお互いさまの部分があるのではないでしょうか。

責任者の方もすべて我々の訴えを受け入れてくれたようです。
“犬を飼っても良い物件あるため音が迷惑に思うのであれば退去してもらうほかないような話を促してみます”とまでおっしゃって下さったようです。
そもそもこの物件を選ぶべきではないと同意見のようでした。

双方に言い分があると思いますので
とりあえず今回の件は責任者の方から1F住民の方にお話をしてもらい相手の言い分があるのであれば再度連絡をもらうということになりました。


似たようなトラブルに遭遇する可能性がある方は(まさに今、そのようなことでお悩みの方)
絶対に直接ではなく、管理会社(もしくは大家さん)を通すことをおすすめします。

対処方法を誤ると二次被害に発展する可能性もあるので
ある程度、トラブル対応に経験のある方にアドバイスをいただくことをお勧めします。
(昨日、夫が相談ベースで管理室にこのようなトラブルに見舞われていることを伝えたところ、受付のお兄さんから“では下の階の住民に手紙で通達しましょうか?”と言われ、いや、そういうことではなくて  状態になり、翌日責任者の方がいるときに再度連絡すると伝えたようです)
このような事務的なやり取りはどなたにもできますが
簡単にはことが進まないようなお相手であったりすると責任者の方が良いアドバイスを下さることもあります。


日本でもこのようなトラブルを抱えると大変ですが
異国だと尚更、難しいものです。

ただでさえ、海外生活は大変なことが多いので精神的負担をこれ以上増やしたくはありませんよね。

微力ではありますがもしこの情報がどなたかの参考になれば幸いです 


追伸:日本人は我慢するタイプの方が多いように思いますが、思った以上に力になってくれる方も多いですよ。声をあげること、これ大事です 


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自宅でできるカゼ退治 | トップ | [Winter boots] Khombu »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事