lie to me 3

映画(海外メイン)・洋楽(HR/HM)など日々徒然のハマっているものごとの覚え書き

ジェイソン・ボーン@新宿TOHO 10/08/16

2016-10-17 10:43:02 | 映画・ドラマ
書くの忘れてたーボーンごめん。公式コチラ。



まあ、なんというか普通のアクション映画だった。
別に悪くはなかったが、、最初のニッキーが出てるシーンは締まってたなあ。
暴動と絡めた追いかけっこもスピード感があってカッコよかったし。

個人的にはどうしてもアリシア・ヴィキャンデルが、(というか彼女の役どころが)気に入らん。
CIAがものすごーーーく安っぽくなってるんですけど、最近のCIAはこれくらいなの?
まるでトム・クルーズのIMFくらい人手が無いみたいに見えるけど、大丈夫?
あんな嬢ちゃん一人でそこそこの影響力があるってどうなのよ。
さらに、あの嬢ちゃんがなんでボーンに肩入れするのかちーともわかんなかったわ。

ヴァンサン・カッセルはカッコよかった、、、もう50歳くらいなのに、ずいぶん絞ってきたわね。
返事をする時の「了解」っていうのが「copy that」って言ってて、むやみにカッコよかったわ。
(これは他の映画でも言っていたので、向こうでは普通なのね。どうもcopy =紙焼きのほうの印象が強くて…って紙焼きも今ドキはわかんないか!)
ヴァンサン・カッセルねー、「ドーベルマン」の昔からカッコよくて好きで好きで…「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセンとのツーショはマジ夢のようでしたね。。
最近ではマカヴォイとの「トランス」も良かった。
ちょこちょこ悪役だけど出てくるようになって嬉しいなあ。

ボーンは、まあ相変わらずのボーンでしたね。
さすがにちょっと老けたけど…まあ、火星にも出張してたんだから仕方ないか。

グリーングラスの手ぶれカメラは、ワタシはそんなに気になりませんでした。
やっぱり脚本がなーーーーーーー。
そんでもまあ、レガシーよりはマシなのかな。
どっちも逃げるばっかだったけど、まあ追っ手がカッコよかったからなあボーンのほうがさあ。。


原 題 Jason Bourne
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配 給 東宝東和
上映時間 123分

字 幕 戸田奈津子(最初に出てきた!びっくり)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DOKKEN@Zepp Divercity東京... | トップ | スマホデビュー 10/19/16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む