lie to me 3

映画(海外メイン)・洋楽(HR/HM)など日々徒然のハマっているものごとの覚え書き

ARW@渋谷Bunkamuraオーチャードホール 04/19/17

2017-04-20 20:35:46 | 洋楽 HR/HM
ジョン・アンダーソン/トレヴァー・ラビン/リック・ウェイクマン、で「ARW」です。
強風の中、六本木から渋谷東急までタクってみました!キャーバブリー!
いや、乗換云々を考えると絶対お得だったので。人数いたしね。

大昔、名古屋は白鳥センチュリーホールで、8人編成のYesを観て以来ですね。
Yesじゃないけど、まあだいたいそんなもんでしょう。
だって全曲Yesなんだもん。
でもドラムが1セットしかないから昔とは違うわ。

わりと直前にこのコンサートがあることに気づいたので、とれたのは3階席。
でもどセンターだったので、音がとっても良かったです!
さすがオーチャードホールだ〜〜



開演前のセットです。
この後ろの建て込みに、スペクタルな色とわりとシンプルな柄が映し出されるのさ〜
全体にレインボーカラーなカンジで、とっても70年代イメージできれいでした。

とにかく、ジョン・アンダーソンがうまい!!!!!!!
歌も上手いし、声もお歳を聞いて驚愕するくらいなんですが(72歳とか信じられん!)、それに加えてタンバリン他の楽器の使いこなしぷりとリズムの正しさよ!!
ピッチは正確だし、変拍子も当然余裕だし、ぴょんぴょん跳びながらもなんでもできるのね〜、最後まで美声でした。
凄かったわ。
ロンリーハートの最後、ラビンとウェイクマン先生が下に降りて練り歩きをされるんだけど、アンコールのラウンドアウトでジョンも「おれもちょっと降りてみよっかな〜やっぱやーめた」みたいなパフォーマンスをするとか、なんとゆーかお茶目なおっさんでした。
(年齢的にはおじいちゃんかもしれんが、余裕でおっさんにしか見えなかった。めっちゃ若い)

あと、みなさまコーラスが上手で。。
ベースの人、ほとんどすべてでコーラスしてたけどうまいわ〜〜
ラビンとアンダーソンの声も耳馴染みが良いし。

リック・ウェイクマンはもうガウンの人でした。。。
そーいや、そーだった。大昔観た時もすごくビックリしたんだった。何故忘れていたのか。
でもおっさんだし中はわりと普通の服だしで、だんだんリック・フレアーに見えてきて困ってしまいました。
リックもネイチもごめんなさい。。
演奏はそりゃもう。
今回、演奏パフォーマンス等、ステージにはなにひとつ問題なしでした!
さすがベテラン!


問題は…まー強いて言うなら、わたしのお隣のおっさん(おにいちゃん?)が終始ビールやらスミノフアイスやらを飲んでて、最後にはピーナツを頬張り出したことですか。
オーチャードホールは禁酒禁煙やで。(そもそも飲食禁止だったような)
それにしても、ビールとピーナツは匂いがけっこう凄いから、マジ勘弁。。。。。


本日のセトリ。All Yes.

1.Cinema
2.Perpetual Change
3.Hold On
4.I've Seen All Good People
5.Drum Solo
6.Lift Me Up
7.And You and I
8.Rhythm of Love
9.Heart of the Sunrise
10.Changes
11.The Meeting (Anderson Bruford Wakeman Howe cover)
12.Awaken
13.Owner of a Lonely Heart

14.Roundabout
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Alice Cooperラウドパーク来るのね!!!

2017-04-17 14:28:34 | 洋楽 HR/HM
ギャー!!!
うれしいーーーーーーーー!!!
もう、アメリカ行かんと観られんと思ってた。。。

ラウパ公式はこちら!

絶対ラウパ行くので、アリス先生キャンセルしないでね!!
あと、死なないでね!!
ものすごく元気そうだから大丈夫だと思うけど!!

やばい、うれしい、どうしようーー
とりあえず筋トレとかしたほうがいいの?
もう緊張してきた!ありがとうクリエイティブ!

ああっ、単独もできればお願いしたい。。
でも、前回の大阪のスカスカっぷりも記憶に新しいからなあ。。
Zepでどうでしょうか。

でもいいや、とにかく先生をもう一度拝めるならなんでも!!
わーーーーい!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キングコング: 髑髏島の巨神@新宿TOHO 04/05/17

2017-04-12 22:40:14 | 映画・ドラマ
怪獣バンザイ!公式コチラでやんすー



監督ー、どんだけ「地獄の黙示録」が好きなの(笑)
もういっそワルキューレかけちゃえよ!でもパラノイアもじゅうぶん素敵でした♪

さて、「怪獣大戦争映画」だという前評判を聞いていましたので、思ったよりヒューマンドラマ頑張ってたじゃない、と思ったレディースデイの夜。
なんかとってもスッキリした気持ちになる、清々しい映画でしたね!
あーーー楽しかった!!

たとえサミュエル・L・ジャクソンパッカード大佐がおいしすぎる悪役で、若干イラッとしようともね。
ブリー・ラーソンよりトム・ヒドルストンのほうがヒロインぽかったけど、ま、この映画の主眼はヒロインとかあんまり関係ないしね!
それを言ったら、コールたんマジ萌えるし…パッカード大佐なんてクソなのに…でも大佐の生き方に共感してるんだよね、っていうか上官ついていきます、だもんね…。またあの、しっぽでってカンジが悲哀があってよかった…。
えーっと、もうないかな、人類の素晴らしさは。

では、コング。
でかいね!テキトーにでかいね!!
アタマはそんなに良くないのかな?でもチェーンは引きちぎっちゃえばいいからノープロブレム!だね。
つか、ステディいないんじゃ、ただの絶滅種なの?
このあとゴジラとかキングギドラとか素敵システムが待ってるみたいだけど。
まいっか、ゴジラも嫁はおらんしね!

悪役のでかいトカゲ。。。。。。。
なんでメリケンって、こういうビジュアル好きなの??想像力皆無なの?
でかい羊は可愛かったけど、このトカゲはちょっと…絵的に微妙。

ということで、大画面で観てほんっとーーーーーーに良かった!と思える映画でした。
こういうスケールだけの映画は、絶対スクリーンで観ないとね!



原 題 Kong: Skull Island
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配 給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 118分
映倫区分 PG12
上映方式 2D/3D

字 幕 アンゼたかし
(町山がなんか協力してた。ゴジラパート?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーンライト@六本木TOHO 04/01/17

2017-04-04 16:56:01 | 映画・ドラマ
ブルーが美しい。公式コチラ。



さっすがオスカー獲った映画、そして映画の日、そして春休み。
六本木は激混みでございました。
まあ、ドラえもんとsingがすごかったんだけど、ムーンライトもほぼ満席。

さて、こちらですが、美しい映画でした。
主人公のシャロンの少年期/ティーン/大人になってからという半生を、彼の視点で描いた佳作。
育児放棄、いじめ、恋愛などの普遍的なテーマをものすごく美しい映像と音楽で魅せる、美しい映画。
シャロン視点オンリーなのでいろいろ説明もたりないんだけど、その余白がこちらの想像力を刺激するのがまたよいのでは。

まあ、もともとは懐かしの「ブロークバック・マウンテン」(ゲイつながりということで)のような小さめのシアターでやる予定だったんだろうなーとは思うけど。わたしの偏見かもしれんが。
でも、オスカー効果のおかげでこんなに多くの映画館でかかって、好みは分かれるかもしれないけど世の中のいろんなビジュアルがいろんな人に届くのは良いことなのではないかしら。
わたしも黒人主体のものはやっぱりあまり見ないし、外国ものはあまり見ない人ならさらに目にする機会は少ないだろうから。

なんでビジュアル、って書いたかっていうと、この映画の内容は育児放棄、いじめ、恋愛(ゲイだけど、男女でもなかなかこうキレイには描いてもらえんぞ)と世界共通だな〜と思ったので。
だからいったん入り込んだら食いつきやすいのではないかと。
まあ、われわれの日常だと、そんなにすぐクスリやったり少年院いってギャングにならないかなーとも思うが…ならないよね?


あと、3日間で撮影したというナオミ・ハリスの演技の素晴らしさよ。
すごい説得力。
この映画って絵面もキレイなんだけど、中味もいじめられっ子のシャロンを無条件に助けてくれる大人はいるし、いじめられてるけどちゃんと仲良しの友達もいるし(しかも期待の持てる印象で描かれている!)で、まあまあファンタジーだな〜と思うんですよね。
そのちょっと甘っちょろい部分をナオミ・ハリス演じる母親ポーラが、ガツン!と現実を見せてくれる、というカンジで。
シャロンが大人になってから母親に会いにいった時の、ポーラの「自分は良い母親ではなかった、だからあなたはわたしを愛さなくていい、でもわたしはあなたを愛している」という台詞に胸が熱くなったんだけど、それまでのあの演技があったからこそで。
このポーラと友人ケヴィンだけが、3パートに渡って登場するし、どちらも当然だけど重要な役どころなので、彼女の演技の素晴らしさがこの映画を引き締めてくれたのではないでしょうか。
ということで、助演女優賞は当然ですね!と思ったら獲ってなかった!ノミニーだけだった、ガーン。。

ゲイ云々はねえ…あんまりファンタジーだったので、まあ夢があっていいわね、としか。。
このまま初恋が実るといいわねえ。近所のおばちゃんのようなアタクシ。ははは。
しかし「ラ・ラ・ランド」もファンタジー感満載だったのに、ラストはなんつーかそういう意味ではえげつなかったと思うと、これは主役が男か女かで夢と現実が分かれるってコトなのかしら?

ところで、あのフアンのコスプレ時の金歯、あんなふうに装着できるものなのね!知らんかった!
あと、レゲエ野郎(字幕)はファッキンボブマーリーなのねw さすがボブ!


原 題 Moonlight
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配 給 ファントム・フィルム
上映時間 111分
映倫区分 R15+

字幕 稲田 嵯裕里
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WW33、ハーディーボーイズ復活!!!

2017-04-03 18:48:43 | スポーツいろいろ
なのね〜〜〜
やばいやばい、見なきゃ!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三月のライオン@新宿TOHO 03/20/17

2017-03-22 22:37:16 | 映画・ドラマ
闘うDKの映画じゃ!公式コチラ〜



原作大好き、島田かわいいよね〜〜のアタクシの感想☆

役者さんたち素晴らしいね!!!
特に神木くんマジ素晴らしい!だいたい桐山だったわ。すげー。
あと、ぜんっぜん期待してなかった香子ね、有村架純たいへん良かったです!
他もおおよそキャラはばっちりマッチングー!

これは監督他の力量もあったのかな、この零と香子のやり取りは、原作よりも厚み深みがあって、ビジュアルも表現もよくできてて素晴らしかった。
素晴らしかった故に、原作読者としては「ここはそこまで掘り下げなくてもよいのでは…もっと川本姉妹の話を映すべきなのでは…」とやきもきさせられるシーンでもあった。

島田は…えーと、うーんと、ビジュアルは良かった。
ちょっと髪が多かったような気がしないでもないけど、あの後ろから持ってくるカンジはなかなか良いのでは。ははは。
演技はねー、うーんとねー。
気合いが入るところは良いのだが、もちっと優しさを感じるシーンがほしかったなー。
あと、vs桐山ちゃんの時の謎のモノローグはナニアレ?
大変に重要なモノローグなんだけど、ココロのつぶやきが聞こえたのかな?
エスパーちゃんなのかな??
せっかく良いシーンなんだから、ここはちょっとがんばってほしかったなー。

そう、全体に、役者は良かったと思う。
細かいアレはあるけど、全体にひっじょーに良かった!!
監督が、どの層をターゲットにしてるかがわかりにくかったところと、まとめるのに(たぶん)必死だった脚本がなあ。。
まあ、あのながくダラダラ続く話をまとめるのって考えただけでもげんなりするんで、よう頑張った、とは思うんだけどねえ。

ま、あの奇跡のようなビジュアルは後編を見に行く価値があると思います!
いやー、あの神木くんの着ていたダッフルは可愛かった!
神木くんの、首と腕の細さのせいかもしれんが、もーマンガでほんとに桐山だったわ〜。
後編はヒナちゃん活躍するのかなあ。
あのイジメのパートは本当にヒナちゃん素晴らしいので、わたしは楽しみです。


製作年 2017年
製作国 日本
配 給 東宝、アスミック・エース
上映時間 138分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マグニフィセント・セブン@新宿TOHO 03/3/17

2017-03-10 16:48:08 | 映画・ドラマ
週のアタマにだいぶ書いたのに、保存し忘れたらしいっす。。。
バンバンバン!西部と言えばガトリングガン!!な公式はコチラ。



「七人の侍」「荒野の七人」のリメイクですね。
わたしは「七人の侍」は観ていますが(冒頭の河内弁?がちっともわからんアレじゃ)「荒野の七人」は未見なので、そこそこフラットな気持ちで観賞。
いや、楽しい映画でしたよ!
なんというか「こう来たらこう、そう来たらそう返す!」っていうカンジで、盛り上がるところばっかりうまいこと抜粋しつつ、でもちょっと共感したりハラハラしたり、息も着かせませんな!


…いや、正直に書きます、ちょっと寝た。
面白かったんだけど!すっごく素直に勧善懲悪だしどっち向いてもイケメンばっかだししかもイーサン・ホークだし!
でも始まるのが遅かったのよ〜〜21:30くらい(21:10からだがもちろん宣伝予告ばっちりあった)からって、その前に飲食してんじゃん。。。
ということで、村人トレーニングはあんまり観ていませんすみません。
デンゼル・ワシントンの鬼コーチっぷりとか、どうだったのかしら。。
クリプラ演じるファラデーたんの煙草に火をつけてくれた眼帯イメケンは、ワタシがうとうとしてる間にどんな紹介をされたのかしら(されてないらしい。なんだあの思わせぶりなビジュアルは!)
誰がどう見てもバディの域を超えているロビショー&ビリーの萌えるシーンも、きっとちょっと寝てる間に(特にないらしい)。
もちろん起きていた連れに聞いたところ、どうもわたしはそんなに寝ていなかったのね。

とりあえず、デンゼル・ワシントン演ずるサム先生の人集めっぷりは凄かったわ。半ば無理矢理と言っていい。
レッドに至っては何の因果があってこんな野蛮な人達に合流しちゃったのかしら。。まあずいぶんと楽しそうだったからいいけど。
しかしいつの間にあんなに腰が細くなったんだデンゼル。
ちょっと前のオスカーん時はゆるゆるだったのに。。。

さてイーサン・ホークとイ・ビョンホン(グッドナイトとビリー)ですが、この二人がパンフによると同じ歳だっていうんですよ。
は?
ナニ言ッテルノ?
15歳くらい見た目の差があったと思うのだが…わしももう老眼じゃろうか…。
こういう西部モノにしてはちょっとやりすぎなほどベタベタしている二人でしたが、イーサンが素敵なので良いでしょう。
スリーピース万歳。

惜しむらくは、タイトルかなあ。
「○○○の7人」「7人の○○○」的なタイトルに何故出来んかったんや。
「マグニフィセント・セブン」いくら原題でも、一発では絶対覚えられません。。


でもまあ、ちょっと人が死ぬことにさえ目をつぶれば、ダイバーシティこのうえなく(なにしろ西部で黒人が州をまたいだ保安官だ!不勉強なのでよくわからんが、逆に当時はアリだったのか?)下ネタもほとんど出てこない、勧善懲悪ばっち来い!なポップコーン映画でしたよ。
わたしは大好きです。
TVでやったら今度こそ全部観るんだ。


原 題 The Magnificent Seven
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配 給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 133分

字 幕 松浦 美奈


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ラ・ランド@新宿TOHO 02/25/17

2017-02-27 19:24:29 | 映画・ドラマ
エマ・ストーン、オスカーおめでとう!!!
公式はコチラララ♪



最初の高速渋滞シーンは凄かった。
グッと掴まれましたね〜ハリウッドすごいわマジ。
そのイキオイで最後まで見せた感あります。
美しいおとぎ話。
なのでオスカー取れなかったのかな。
まあいらんかもね、そんな賞なんて(とカッコつけて書いてみたけどどうなんだろう…?)
いや、コレ書いてるのがアカデミー賞当日なものですから、ついね。

映画に戻って。
ライアン・ゴズリングのピアノ、良かったです。
だいたい弾いとったわ〜すごいわ。
あと、あのオールデイズなジャズへのヲタクな傾倒っぷりもなかなかウザくて笑った。
どんなジャンルにもいるよねーこーゆう人(笑)
なんかもう、ジョン・レジェンドさんが良い人で良い人で…あのチャラチャラしたライブをもうちょっと見たかったな♪

エマ・ストーンは最初のカフェの人と最後の大女優とで、顔つきや佇まいが全然違ってて、さっすが〜って思っちゃいました。
まあ、最後のほうはいろいろ上手くいっちゃってまあまあ、みたいなトコロもありますが、なんというかやはり女性は現実的、と申しましょうか(笑)
ミアはしょせんグレッグみたいな男がタイプなのよーライアン演じるセブを相手にするほうが気の迷いなのよー、とも思ったりしたけど、どうなのかな〜?

とにかくダンスはよかった、特に群舞!
高速のシーンもだけど、女4人でこっちに歩いてくるシーンが一番好き。
ドレスのパキッとした色分けもいいし、そのドレスが1色なのも潔くていいし、ヤンキー娘らしくホルターネックのドレスばっかなのも素敵でしたね。
パリの叔母さんのハナシはちょっと泣いちゃったな。


原 題 La La Land
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配 給 ギャガ、ポニーキャニオン
上映時間 128分

字 幕 石田 泰子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリス・クーパー先生の元気の良さったら。

2017-02-24 18:45:36 | 洋楽 HR/HM
ダフとかガンズとか見たりしてたら、BARKSとNMEとかのロック系ニュースも見るじゃないですか。

そーいや、ダフちゃんも参加している、アリス先生のハリウッド・ヴァンパイアーズはどーなったかなー、と思ってたら
こちらはマット・ソーラムさんがちゃんと継続して参加されていて、ベースはダフの替わりにSTPのベースのロバートさんが参加してくださっているとか。
…絶対ダフが頼んだな、あそこ仲良いし。
アレだね、自分が休む時には替わりのバイトを見つけてから休むバイトリーダーみたいなやつだね>ダフ氏

まあ、それはさておき、2018年にまたハリウッド・ヴァンパイアーズとのツアーを計画しているらしいですよ先生。
は?今年まだ2017年で始まったばっかですけど。今年は?

えー、今年は、ディープ・パープルさんと夏に北米で”ジョイント・ツアーをされるとのことです。。。

元気いいなあ、おい。
先生こないだ(2/4生誕)お年を重ねたはずだから、えーっと69歳か。
ははは。
まあ、ゴルフのスコアもヒトケタの先生ですから、お身体の調子も良さそうですし、楽勝なのでございましょう。
もともと身体は頑強な方ですし。
なにしろ毎晩ジャックを1瓶お空けになっても、ちょっとアル中になったくらいだし。

ああ、いいなあ。
見に行きたいなあ。
もう来日はないんだろうなあ。。。。。。。。。。


ところで、そんなお元気なアリス先生のバックで、オリアンティさんがギターを弾いとったのか!
2011年か、ワタシが行った来日は2008年だから残念ながらおらんな。
そんなオリアンティさんも、今や&リッチー・サンボラで活動されているのかと思うと、なかなか感慨深いものがあるなあ。

ちなみに2012年のボナルー・フェスティヴァル、大トリがアリス先生だったそうですが、アンコールのアンコールでこんな素晴らしいカバーをされたとか。
オリアンティもゾンビメイクでバリバリ弾きまくってます。
かっこええ。

ALICE COVERS BORN THIS WAY - ALICE COOPER LIVE AT BONNAROO 2012
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだGNR〜これがガンズロスというやつ?つらつら呟き(だいたいダフちょこっとスラッシュ)

2017-02-24 13:22:43 | 洋楽 HR/HM
ここ2週間、インフルと腹痛やってました、、、2月は呪いの月。
まあ、在宅仕事でよかったです。

そんな仕事の合間に、ひたすらつべでGNR見てて、自分がコワイ(笑)
やだ、ワタシさんそんなにガンズ好きだった?
まあひたすらだいたいダフ見てるんですけど、、いやーイケメンだわーうっとりー。
イケメンバンザイ。

しかし、ものすごいたくさんコーラスしてるのねこの人。
今まで見るのはダフがっつりだったけど、耳はやっぱりアクセルちゃんボイスを追いかけてたので、あらためて注意してるとまー凄い歌ってますよ。
とにかく何か他人の(アクセルじゃない)声がするって見ると、ダフがマイクの前にいるもん。
It's so easyとかアンタちょっとうるさいわ!っていうくらい声が大きかった(笑)そうか、アンタの声だったのか、あのちょっとズレてる素敵ボイスは。
あのペタペタした声は、バッキングボーカル向きだったのね。まったくもって今さらだけど。
ダフのいない時のBetterなんて、全部アクセルがやってて忙しそうだったわよ。その頃のベースの人の低音コーラスもカッコよかったけど、あのダフの声がはいると「あーガンズっぽいわー」ってなるのかも。
オリジナルっぽいというかね。

いやいやそう言いつつ、つべだとやっぱアクセルちゃん見ちゃうけど。
92年の東京ドームの時は、ほとんどアクセルしか視界に入んなかったもんな。。
その頃からダフのファンだったけど、3階席からステージ全部が見える席だと、やはりよく動く生き物に視線が集中してしまうものなのよ。
まあ、スクリーンもほとんどアクセルだったしね。あと時々スラッシュ。
おかしいなあ、ドームは今回と同じ『クラシックメンバー3人』だったはずだが(笑)
今回のツアーはダフさんもよくスクリーンにお映りになって、イケメンバンザイ…いや、たくさんコーラスしててよかったねということでありましょうか。
マイクの前にいるとスクリーンに映るからな(笑)
しかしブロンドがふわふわしていて可愛い。

だが、インスタなんかで見ると、そらもう歳相応にシワシワ、痩せてるしね。
ということで、一番良い時期だったであろうベルベッドリボルバーーー、の、youtubeもついでに探索。
あああ、スコットを見るのがちょっとつらいが、、Zeppを思い出す。。拡声器バンザイ。
Wish You Were Hereはスコットがカバーしてたのね。。。

VRを見ると、今度は意外にコーラスしてない。
基本マット担当なのね。歌のうまいドラムだな。
でも要所要所でコーラス決めてます。やっぱこの人の声が後ろに入るとロックっぽいわね。
てゆーかいろいろ見たけど、VRはかなりダフさん積極的に頑張ってたのね、と改めて思うワタシ。
当時もそこそこB!誌とか読んでたけど、久しぶりにVH1のヴォーカル探しとか見るとダフがオーディションテープの入れ替えなんかやっちゃって。そしてスラッシュがふんぞり返ってダメ出しするという(笑)アンタの気に入るボーカリストなんてこの世に一人しかおらんわ(笑)
スコットのVo.加入もダフの嫁つながりだし、ヤク中のスコットをマーシャルアーツの山に修行に行かせてるし、リハビリ施設にお迎えにも行ってるし。
ビデオもGNRよりVRのビデオのほうが重要な役で出てたりもするしね。
(しかし西部劇なShe Builds Quick Machinesのビデオが恥ずかしくて見ていられない…ダフの化粧が濃いし、演技は下手だし(笑)スコットは演技派だわね〜… Fall To Piecesでもダフさんの演技はギリギリだったが、アレはまだマシだったのね。頼むからベースだけ弾いていて!死ぬほどカッコいいから!)

まあ、そんなVRに比べるとGNRでは若干肩の力もヌケて、わりと気楽にプレイしてるように見受けられるわ。
ダフはね。スラッシュさんはまったく逆です。
スラちゃんはVRの頃は、もーひたすらギター弾いてるばっかってカンジ。端っこのほうにいるし。
GNRはやっぱいいのかね〜なんかステージやオーディエンスに向き合ってるカンジがするわ。ノリノリです。
まースラッシュはほんっとーにアクセル至上主義だからな。
無事にガンズに戻れて良かったね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加