LED照明

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LED照明の発光原理

2016-11-22 11:26:23 | LED照明
LED照明によって白い光を出す方法は、大きく3種類に分かれています。大きく「光の三原色を混光する方法」「近紫外LEDでRGB蛍光体を光らせる方法」「青色LEDで黄色蛍光に光らせる方法」があります。最近では「クルムス蛍光体」と呼ばれる新技術が開発されつつあります。
 一、光の三原色を混光する方法
 赤?緑?青の3種類のLEDを点灯し、光の三原色を組み合わせることによって白色を表現する方法です。照射対象物の見え方が不自然になることがあるため、照射用ではなく、光を直接見る用途として使用することが多い方法です。
 二、近紫外LEDでRGB蛍光体を光らせる方法
 青色よりも波長が短い、近紫外LEDによって赤?緑?青の3種類のLEDを照射する方法です。綺麗な白色光を得ることが出来ます。
 三、青色LEDで黄色蛍光体を光らせる方法
 青色LEDの光を黄色の蛍光体に照射することで、白色の光を作り出す方法です。発光効率が高いのが特徴ですが、白色に発光するLEDの色温度は、ランプによってばらつくことがあります。青色発光波長のばらつきと、黄色蛍光体の量のばらつきにより、色温度が一定になりにくいのが原因です。
『家電』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年上半期、照明器具販売... | トップ | LED照明と蛍光灯の比較 »

コメントを投稿

LED照明」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。