LED照明

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LED照明と蛍光灯の比較

2016-11-29 16:28:48 | LED照明
LED照明と蛍光灯を比較した場合、発光効率が均衡しているため、イニシャルコストの高さからLEDが劣勢です。LEDは開発が進み、100[lm/W] ~ 110[lm/W] という高効率な器具が販売されるようになっていますが、広く普及しているHf蛍光灯も同様に100[lm/W]程度の効率があるため、イニシャルコストがそのままコスト差になります。消費電力が同じであれば、減価償却という考え方に及ぶことができません。
 寿命はLEDの方が3倍ほど長いため、ランプ交換の手間が省略できるというメリットがあります。しかし、ランプ交換費を1本あたり100円程度で計上していった場合で、7~8年の間に3回程度のランプ交換が発生したとしても、誤差程度の金額にしかなりません。
 LED照明が蛍光灯よりも有利となるのは、トイレ照明が考えられます。トイレはブース毎に照明器具が必要であり、空間の大きさの割に照明台数が多くなってしまう上、点滅頻度が高くなりがちです。人感センサーなどを利用し、人がいない時間帯は照明を自動で消すという省エネ制御が主流ですが、蛍光灯を頻繁に点滅すると、1回の点滅によって寿命が1時間ずつ短くなると言われます。LED照明に交換することで、照明器具の寿命を最大限に期待できます。
 トイレ照明として良く使用されるFHTランプは、効率が60~70[lm/W]と少々低めです。100[lm/W]の高効率なLED照明を採用することで、消費電力を小さく抑えることができますから、減価償却を考慮してもメリットを享受することが可能です。
『家電』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LED照明の発光原理 | トップ | 部屋の広さとLEDの明るさの関係 »

コメントを投稿

LED照明」カテゴリの最新記事