ネットワーク文明

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

思いに駆られる

2016-09-28 11:48:58 | 日記
どうしようもない、すごい悪い成績だったが、これがまた不思議に、けろっとしていた。
努力していなかったので。
一生懸命、苦手なことに挑戦して力の限りを振り絞っ如何成立公司てやったことが、だめだった場合においてのみ、愕然となる。
努力して報われなかったことを受け入れることを知った。
だめなものは、どうしたってだめ、ってことだ)

精神的に、自己を形成する誇りは、無一文になったということだ。

幸い、一家離散したわけでも、不幸な事柄に見舞われたわけでもないので、
その後も、物質的にも、精神的にも、普通の人生を送っている。

というわけで、子供の頃に、一度、無になっているので、わりと打たれ強い。
自分のことを気づくのが早い年齢だと指摘する人もいる。

勘違いしている人を見ると、みっともなく我がことのAmway傳銷ように恥ずかしい思いに駆られる。
でも、勘違いしないと伸びない。
勘違いする時期は必要であるし、大事だ。
勘違いしたままの人生が、ほんとうのところは、幸せだ。
勘違いが妙に揺らぐと、ややこしい。
うっすら気づいても、気づかないふりをして、一生、突っ走ったほうが、楽だ。
残り時間のほうが短くなっている今の年齢で、自己・大改革を行っても、成し遂げる体力が無い。
だましだまし、ぼちぼち行くのが、よろしいかと。

と、またまた省エネ、サボりのススメとなってしまった。

追憶すると、
わたしの頑張りは、子供時代の後、あと3回あった。20代中半&後半、40代。
あとは、動物園のクマのごとく。
頑張る時には頑張らないと、たんなる、どう魚肝油しようもない人である。

さらに、追加。
兄や姉のように、家庭教師をつけてもらっていたら、ちょっとは違っていたかも知れない。
(アウト!の最期が延びるだけだと推測できるが、いや、ひょっとして・・・? 進路が変わっていたかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことを思い出す

2016-09-23 10:24:31 | 日記
歴代、何人かの、このブログ村でコメントをいただいた方のことを思い出す。
単発の方もおられた。
何度かやり取りのあった方もおられた。
文章の達人もおられた。
アメリカで生活している気譽一鐘錶分を味わせていただだいた方もおられた。
実のお母さんと同居して、苦しんでいた方もおられた。
ブログ記事内で、セッションする新手の楽しみ方も知った。
最近では、お若い方が励ましてくださる。

ブロガーさんの方々の中には、その時その時の自分のブログは、使い捨て、ぽい。
トカゲの尻尾きりのごとく切り捨て、全く違うブログ名になって、また再スタートされていることだろう。
感情を吐き捨てたら、それでお役目ごめん。
気ぐるみを脱ぎ捨てて、新しい自分になり、また、脱ぎ捨てる。
自分を再生させるためのツールとして利用、活用するのは悪くないはず。
所詮、匿名。

新しいブログがどんどん増えている。
ブログ村のランにキングは最近、えらく様変わりしている。
停滞しているよりは、いいんじゃないかと思う。

ちなみに、ブログ村は、書く人たちの同好会なんじゃないかと思っている。
なので、読者といっても、皆さん、書く方が多い永久脫毛優惠のだろうと想像する。
同人誌みたいなものである。

いつまでも、いつまでも、同じ顔、同じ装い、では、進化も変化もなにもない。
老舗や百貨店でも売り場をリニューアルする。
それに比べて、蝶ブログ、
まったくリニューアルもグランドオープンもしないで、かといって、感性を日々、磨き、研いでいるわけでもなし。

「変わらない老舗の安心・信頼の味香港 交通」なんてのならまだしも、
ころころ変わることもある、蝶ごころ。
「変わり映えしない」というのと、「変わらない」とは違う。
「変わらない」と「普遍」とは違う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お茶をいっぱい

2016-09-21 10:55:44 | 日記
大嫌いな梅干おにぎりを苦労して飲み込んで、お口直しに、お茶をいっぱい。
ほっと一息ついて、女の子たちから視線を外す。
教室の中は、3分の1ほど席が埋まっているだけで、ほとんどガラガラ。
私たちお弁当組以外は、購買部でパンを買ったり、食堂樓宇轉按でランチしたりしているみたい。購買組も、いちいち教室にもどってきたりしないで、食堂や中庭のベンチで食べている。

教室の中、グルっと視線をめぐらすと、何人かの男の子は、慌ててそっぽを向く。で、私の視線が通り過ぎた頃、恐る恐る私に視線を戻すんだよねぇ~。
ホント、うっとうしぃ~
そんなに、私のことを見つめても、あなたたちでは、私の恋人役として力不足なのよ。
視線が教室を半周すると、廊下側の席で、中川っていうテニス部の男の子が、私の視線を避けたりせずに、しっかりと受け止める。彫りの深い、男くさい顔立ちの男の子。女装させたら相当な美少女になりそうな、繊細な顔立ちの学君とは、好対照。いかにも、女窩輪投資の子になれた、プレーボーイ的な雰囲気。実際、何人か、彼にぞっこんの女の子がいるし。
中川君、目が合った途端、軽く手を振ってくる。いかにも女の子慣れした仕草。様になっていて、格好イイかも。
それに対して、私の方からは、必殺エンジェルスマイルが炸裂。

勝負はあっけなくついちゃった。
彼、手に持っている箸をポロリと取り落としちゃった・・・・・・
私の圧勝ね。
で、その中川君と一緒に男子同士でむさくるしくお弁当を食べているのが、副学級委員長雋景の佐野君。
でも、なんか感じ悪い!
私が、エンジェルスマイルで中川君のハートをがっちり虜にしたのをみて、薄笑い浮かべてる。顔の表情は緩んではいるけど、目は鋭いまま。冷静に、私たちのことを観察している。なんのつもりなんだろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すごく格好よくなるよ

2016-09-20 10:47:52 | 日記
私の周りにいたカップルたちから、いいな、私たちも、いつかあんな風になれるといいね。なんて、あまいささやきがあっちからも、こっちからも・・・・・・
私も、いつか、旦那さまになる人と、清貴さんと・・・・・・・
「あ~、なに、なに? つかさちゃん、なにMIOGGI 好唔好想像してたの? 真っ赤だよ!」
私の素敵な将来の夢に土足で入り込んできたのは、いつものマイペース娘。
「あぁ! わかった! つかさちゃん、あの先輩みたいに男装したら、すごく格好よくなるよ! 学校中の男子のだれよりも、絶対、絶対カッコいいんだから! みんなキャーキャー言って、ファンクラブがすぐにできちゃうかも。でも、そのときは、私がファンクラブの会員第一号だからね」
とウィンク。
ちょっと私が考えていたこととは違うんだけど・・・・・・
ま、まあ、私が男装したりなんかしたら、すごく様に・・・・・・

って、ならないって、どうせ、男装させるなら、ありさちゃんとか、ありさちゃんとか、ありさちゃんとか・・・・・・・・
背が高くて、ほっそりしてて、それでいて、動きがシャープ。きびきびしてて、格好いいんだもん!
私は、ボーイッシュな感じより、コケティッシュな、小悪魔的日本自駕遊な、魅惑的な、女オンナした感じの方が、はるかに似合うと思うんだけど・・・・・・?
だって、美の女神つかさちゃんだもん!
ともあれ、老夫婦に釣られて、何組かのカップルもあちこちで踊りだした。
そういう状況になると調子に乗っちゃうのよねぇ。マイペース娘って。
「ね? つかさちゃん、私たちも!」
「え、ち、ちょっと、ちょっと!」
「はい、ずんちゃっちゃっ、ずんちゃっちゃっ」

私たちも、老夫婦の見よう見まねで踊りだす。私と熊坂さん(妹)、どちらがリードするわけでもなく、リードされるわけでもなく。ムチャクチャに、そして、クルクルと・・・・・
しまいには、両手をつなぎ、腕を伸ばして、お互いに昇華在線お互いを振り回し、振り回され・・・・・
「きゃははは、目、目がまわっちゃう」
「きゃぁ~ん、ふふふ」
近くの人には、ちょっと迷惑だったかな。でも、すごく楽しい。こんなに思いっきり踊ったのって、体を動かしたの、いつ以来かしら。すごく楽しかった。
けど、子供っぽすぎるのが、すこしだけ残念だけど・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羨ましがる

2016-09-19 11:29:11 | 日記
このごろ、時間を持て余している。
やるべきことは、いっぱいあり、期限も迫っているのだが、
かなしいかな、「やる気」というものが蒸発し香港人生活文化てしまっている。
どこ行った?

「壊れている状態」と、「壊れかけている状態」と、「壊れていない状態」の、ちょうど中間、
行ったり来たりの人物が、
なんと同時に二人もわたしの肩に乗っかっている。
まともに、まじめに、深刻に、真剣に、真摯に相手をしていると、こちらが壊れてしまう。

実母に、義母の壊れている状況を報告すると、大笑い。
まじめな顔で、「こうすればいいのよ」とアドバイスする。
実母も、そうとう、壊れているんだけどね。自分のことは、わからないようだ。
しかも、わたしに古い倫理観を押し付け、いろいろ説教してきて、どっと疲れる。

義母には、実母のことを話題にすると、羨ましがる。
つい先々月までは、実母が義母のことを羨ましがっていた。
どっちもどっち。切迫、僅差。勝負がつかない。

いっそ、すっかり壊れていれば対応もしやすいのだけれど、
中途半端なのが、いちばん困る。

実母は、壊れることに関しては、義母より1年、先輩である。
年齢もちょうど1年先輩。
今は、自分が自立できないことを自認している。
自宅での自立できなくなってきた修羅場を(家族認購證が)乗り越え、老人施設に入所しているので、本人も家族も状況的には落ち着いている。

問題は先々月から壊れかかった、壊れ新人のほうの義母。
今、病院に入院中なのだが、はやく退院したいと言う。
病院も社会的入院は認めてくれないので、もうすぐ退院期限が来る。
病院と義母、両方の思いが一致しているから、それはそれでよいといえばよいのだが。

義母は、人の言うことを聞かない。
前々から「聞こえない」というから、入院したこの機会に、耳鼻咽喉科を受診して、補聴器を作ったのに、
補聴器をつけても、気にいらない話の時は、補聴器のスイッチを入れない。
スイッチを入れても、聞こえない。頭のスイッチを入れない。
一方的に自分の主張だけをする。
こちらの言うことは、まったく如新香港聞く気なし。聞こえない。理解できない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加