ネットワーク文明

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分を発見した

2017-02-24 10:26:24 | 日記
ある日、わたしは、先の見えない真っ暗なトンネルにいる自分を発見した。
この、ぐうたらな自分、そして、
自分の身の回りのことをまったくしない(服を脱いだら脱ぎっぱなし、子育ても、当然しない。でも、稼ぎ専門)夫、
こんな家庭に閉じこもるために、自分は、これまで一生懸命やってきたのだろうかと、思った。

評価されない仕事を黙々とやり続けることに耐えられなくなった。
絶えられなくなっても、絶えなければならない立場の人もいるんだし、人のことは、とやかく言えないが、
少なくとも、人は人であって、自分は自分、で、耐えられなくなった。
そして、自分流の自己改革、魂の解放を行った。

その対策のひとつとして、
実際、外に出て働いてみると、自分はどれだけのものか、どれだけ稼げるのか、どんなに小さい存在か、
家庭という城砦がなければ、小さな小さな低い低いレベルの人間だということが、いともすんなり、わかった。
家庭があるからこそ、逃げ場に出来る。
逃げ場がない(家庭がない人、外での仕事がない人、一方だけの人)は、深刻だ。
(でも、背負うものが少ない分、責任や義務も少ない)

それ以来、わたしだけに関して言えば、「家事は、仕事よりカンタン」と思うようになった。
決して家事を極めた人間の発言ではない。
不毛かもしれないことを歯を食いしばって、長年、耐え忍んで継続した人間の、汗と涙の結晶の言葉ではない。
家事から落ちこぼれ、仕事からも落ちこぼれ、脱落した、どっちつかずの、口先人間の言う戯言だ。

いつも両足でしっかり立っているようだが、実は、中間バランス。
可動式。
力をかける重心を微妙に調節する。
前のめり、後ろのめり、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
都合が悪くなると、のらりくらり、ふらりふらふら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無難な色を選ぶ | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。