Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

システムトレードによってFXを

2017年04月19日 | 日記
システムトレードによってFXをする時には、事前に許容できる負けの限度と投資に使用する金額を決めておく必要があります。


自動売買取引のためのツールの中には、起動しておくだけで自動的に取引してくれる商品もあるのでそういう道具を使えば、投資に必要な時間を短縮できますし精神的な負担を減らせるかもしれません。


多くの手法が存在するFX投資ですが有名な手法としてサヤ取りという方法があります。


サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、片方を売却し、片方を購入することで利益を得るという考え方です。


スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、要領を呑み込むまではどちらにしても儲けを出すのは難しいかもしれません。


何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をインプットしましょう。


FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、口座開設をどの業者で行うのかをしっかりと比較検討してください。


口座を作るのは思っているほど手間のかかるものではありませんが、数多く口座開設すると口座の運営に必要以上に心を砕くことになります。


最初の口座開設でキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。


もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を忘れないようにしましょう。


実際に確定申告を行うにあたって、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得た利益分から引いておけます。


またもし、利益をそれ程得ることがなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。


そうすると、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。


さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。


たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、決められていたレベルに達すると、自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。


そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、それを知らせるマージンコールが発生するので不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。


この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者ごとに違うので留意してください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国為替証拠金取引に資産を... | トップ | システムトレードでFXに投資... »

あわせて読む