Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

人気のFX投資を始めようとして、最初に

2017年06月15日 | 日記
人気のFX投資を始めようとして、最初にどれ位の金額がかかるかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、FX業者をどこにするか選択次第で金額は変わってくるのです。


具体的な必要最低証拠金を100円としている所もあったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。


そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり10000通貨になっているところもありますが、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。


FXの口座を開設して損するようなことは考えられるのでしょうか?口座を開設しても費用が掛かるわけではありませんし、維持費の心配も不要なのでデメリットは無いと考えて大丈夫でしょう。


ですから、FXに関心がある人は取引を始めるかどうかは別にして、口座だけ開いてみるのもいいかと思います。


もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、忘れずに確定申告するようにしましょう。


確定申告の時、FX投資に付随する諸々の経費は利益分からはマイナスしておけることになっています。


仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とりあえず確定申告は済ませておくと、翌3年にわたって損失の分を繰り越していける決まりがありますから、この先FXで利益を出していく予定なら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。


FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。


決済せずにどんどん増えていく含み損が前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。


その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、証拠金を追加で入金すれば業者による強制ロスカットを回避することができます。


注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者ごとに違うので留意してください。


簡単にFX口座は開設できますが、トレードで儲かるかどうかは別のことになるので事前に学んでおいた方がいいです。


あわせて、FX会社により少々口座開設についての条件内容が違います。


その条件をクリアできていないと口座を開設することは無理なので気をつけるようにしてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX投資に取り掛かる前に、所... | トップ | FX投資に取り掛かる際に知... »

あわせて読む