Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FX口座を作るのは容易ですが、トレードで儲かるかどう

2016年11月12日 | 日記
FX口座を作るのは容易ですが、トレードで儲かるかどうかは別の事案になるので前もって予習しておいた方が良いです。


さらに、FX会社によって多少口座の開設に際しての条件内容が異なります。


その条件に合わなければ口座を開設することは不可能なので気をつけるようにしてください。


ひとつの方法として、FX投資の手法の中には有名な手法としてサヤ取りという方法があります。


サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、割高な方を売却し、割安な方を購入して利益を得るという考え方です。


スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、慣れるまではどちらの方法も利益を得るのは困難といえると思います。


まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたをインプットしましょう。


数十社ほどもあるFX業者のその大方はデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、必ず一度は試用してみるべきです。


デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても懐は痛みませんし、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。


深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使ってFX取引をスタートさせるのは、特に慣れていない人には大変危ないですから、手順ややり方にある程度慣れるまでバーチャルの取引をデモトレードで繰り返すのがおすすめです。


システムトレードを利用してFXをする場合には、事前に許すことのできる損失額の上限と投資する金額を決めておくことが、ポイントです。


システムトレードのツールには、起動しておくだけで自動的に売買してくれる商品もあるのでそのような道具を使えば、取引のための時間を短縮できますし精神的な緊張を和らげることができるかもしれません。


さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。


決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、それが許容されている基準を超えてしまうと、自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。


その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、口座に入金し、証拠金を追加することで業者による強制ロスカットを回避することができます。


そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FXの口座を初めて開く場合、... | トップ | 口座を作るだけならFXの知識... »

日記」カテゴリの最新記事