Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FX投資でマイナスが続くと、そ

2017年05月15日 | 日記
FX投資でマイナスが続くと、そのマイナスを取り戻すために余計お金を使ってしまう人も多く見受けられるものです。


そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座に必要以上の資金を入金しないようにしましょう。


これは、口座に預金のお金も入れてしまうと、まだ余裕があるなと感じてしまってつぎ込む可能性もあるからなのです。


FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。


たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。


その強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので不足分の証拠金を追加で入金すると不本意な強制ロスカットを回避することもできます。


そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。


FXの投資を開始する前に、所有通貨の数を決めておくというのも肝要です。


所有通貨量を前もって設定しておき、さらに上のポジションは所持しないようにしてください。


こんなふうにしておくことで、勝ったとしても利益は減りますが、損失も減少します。


FX投資で出した利益には税金が生じるのでしょうか?FX投資で発生した利益は税制上、「雑所得」と呼ばれます。


一年間の雑所得の合計が20万円以下だと、税金は発生しません。


しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告が必要です。


税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、ご注意ください。


口座を新規で持つだけならFXの知識が無くてもできます。


申し込み画面の指示文の通り操作すればいいだけなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。


しかし、簡単にできる分高いリスクを伴います。


どういった人でもFX口座を開設できてしまうので、全然知識の無いまま取引を始めてしまう人もいます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FXの口座を最初に開く場合、 | トップ | FXの口座を初めて開く場合、... »

あわせて読む