Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FX投資で生まれた利潤には税金を払わなければな

2016年09月15日 | 日記
FX投資で生まれた利潤には税金を払わなければならないのでしょうか?FX投資により取得した利益は税制上、「雑所得」と呼ばれます。


年間の雑所得の合計が20万円より下回っていれば、税金は生じません。


けれど、雑所得の合計が20万円を上回った場合には、確定申告をする義務が発生します。


税金を払わないと税金逃れとして罰せられますので、ご注意ください。


FX投資のやりかたのひとつとしてその中でもサヤ取りという手段があります。


サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、一方を売って一方を買うことで儲けを出すという方法です。


サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領が分からないうちはどちらも儲けを出すのは難しいかもしれません。


手始めに仕組みと注文のしかたを頭に入れておきましょう。


ここ最近よく見られますが、タブレットで隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。


自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れチャートを見てやっと取引スタート、というのよりずっとスピーディで、いつ、どこででもできるというのが大変な利点となっています。


スマホで使えるチャートアプリなどもかなりよいものが出てきていますので、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。


将来はより一層、FX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々はその数を増やしていくのではないでしょうか。


FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、FX業者をどこにするか選択次第で金額は違ってくるわけです。


その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり5万円だったりもします。


そしてまた、取引可能な最小通貨単位も業者で異なり1000通貨で設定のところもあったり大きな額でスタートできる10000通貨の業者もありますが、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとリスクを低めに抑えられるでしょう。


FX投資でマイナスが続くと、その負けを少しでも取り返すために余計お金を使ってしまう人もたくさんいるものです。


そうして、大損失を生む可能性さえあるので、FX口座に必要以上の資金を入金しないよう心がけておきましょう。


それは、口座に余分な預貯金のお金まで入れておくと、まだまだ余裕はあるなと考えてつぎ込む可能性もあるからなのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FXの口座開設に関してデメリ | トップ | 巷で人気のFX投資を自分でも... »

あわせて読む