Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットと

2016年10月19日 | 日記
FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。


決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、それが許容されている基準を超えてしまうと、有無を言わさずに強制的に決済されてしまうというFX会社で取引をを行う上での重要なルールです。


そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。


この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。


FX投資のやりかたのひとつとして「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。


サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利益を得るという考え方です。


サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領を呑み込むまではどちらにしても儲けを期待するのは難しいと思われます。


まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたをインプットしましょう。


どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、FX業者をどこにするか選択次第で異なった金額となります。


必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし中には、5万円、10万円という所もあるのです。


それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあれば10000通貨になっているところもありますが、FX投資を始めたばかりという人は1000通貨単位の取引から始めるとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。


FXの口座を開設する場合に、手数料は必要となるのでしょうか?結論からいうと払う必要はありません。


基本的にFX口座を開設する場合に全然お金はかからないので、手軽に申し込みができます。


さらに、口座の維持費も基本的にいりません。


口座の開設や維持などに費用が発生しないこともあり、いくつかのFX業者を同時に利用する人が多いのでしょう。


流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたらそれは課税対象となりますから、税金の払いもれには細心の注意を払っておきましょう。


大きな金額をFX運用で手に入れたのにそれを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務調査が入ってしまい追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。


金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。


それ以上の利益を出した場合には、間違いなく確定申告をしておかなければなりません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX投資を始めてみたい場合、... | トップ | FX投資をスマホやタブレット... »

あわせて読む