Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FXの口座を開設して損するようなことは無いといえ

2017年06月20日 | 日記
FXの口座を開設して損するようなことは無いといえるのでしょうか?口座を開設しても初期費用がかかる訳ではありませんし、口座維持にお金はかからないので損はないと思います。


ですから、FXに関心がある人は取引云々はひとまずおいて、口座開設だけしてみるのも悪くないかと思います。


FX投資でマイナスが続くと、その負けを取り返すためによりいっそう資金を減らしてしまう方も多く見受けられるものです。


そうなれば、大きな損失になる可能性があるので、FX口座には、余計な資金を入れないように気をつけましょう。


これは必要以上のお金を口座に入れておくと、まだまだ余裕はあるなと考えて使い込んでしまう確率があるからです。


FX投資に取り掛かる前に、所有する通貨数を設定しておくというのも大事です。


所有通貨量を前もって設定しておき、もっと上のポジションは所持することのないようにして下さい。


このようにしておくことで、勝った場合でも利益は減少しますが、損もしづらくなります。


FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。


投資を少しでも知ればわかりますが、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。


損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかはFX投資で失敗しないように続けていく心積もりがあるのなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。


受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、作ったそれはとても大切な命綱ですから厳守するよう徹底しましょう。


FXで成果を得るためには、暴落するかもというリスクをしっかりと考えのうちに入れておくことが重要です。


暴落はありえないような状況でも、大事を取ってそのリスクを想定においたトレードをしてください。


FXにおいては必ず損をしないということはないので、万が一のことも想定するようにします。


たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わりリスクも小さくなります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX投資をすることで得た利... | トップ | 現在は、システムトレードで... »

あわせて読む