Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りとい

2017年02月09日 | 日記
FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。


サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、一方を売って一方を買うことで利益を得るという考え方です。


スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、馴染むまではどちらの手法もなかなか利益はでないと思われます。


何はともあれ、システムと注文の方法をインプットしましょう。


株式投資など他の投資でも同じことですがFX投資では、大変重要になってくるのが損切りという手法です。


投資を少しでも知ればわかりますが、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。


損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。


被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、絶対にそれを特例を作らず絶対に守るようにします。


口座を開くだけならFXの知識が無くてもできます。


申し込み画面に書いてある通りに操作するという簡単なことなので、パソコン初心者や投資初心者でもできます。


しかし、手軽さ故に危険も伴います。


誰でもFX口座を開けてしまうので、全然予備知識を持たないで取引を始めてしまう人もいます。


FXを始めたばかりの人は知識も経験もないので、取引で損することが多いです。


FXを始めたばかりの人が損失を出さないためには、損切りのタイミングを決めておくのが大切です。


また、1回の取引だけに注目せず全体で損益を決めるようにしましょう。


9度の取引で勝っても1度の大きな損失でマイナスになる可能性もあります。


他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。


それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに取引が活発になり相場が動きやすいとされています。


相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きく変動することがあり、これは要注意です。


ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか調べておくと良いですね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX投資をすることで得た利... | トップ | 近年では、システムトレードに »

日記」カテゴリの最新記事