Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

FX投資による利益は課税の対象ですから確定申告が

2017年07月29日 | 日記
FX投資による利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、年間を通して利益を出せなかったならしなくても問題ありません。


しかし、FX投資を続けようと考えているなら利益が出なかったケースでも確定申告をする方がいいです。


確定申告をすれば、損失の繰越控除が使えますから最長で3年間、損益通算が可能です。


FX初心者は知識も経験も少ないので、勝つことが少ないです。


FXを始めたばかりの人が損失を出さないためには、損切りのポイントを設定するというのが大切です。


また、1回の取引に執着せずトータルで勝ったか負けたかを決定するようにしましょう。


9回の売買で利益が出ても1回大きく損失を出すことで負けることもあります。


FXで利益を得るためには、暴落するかもというリスクをしっかりと念頭に置くことが必要です。


暴落はありえないような状況でも、念の為にそのリスクを考慮したトレードをしてください。


FXに必ずという言葉はないので、もしものことも考えるようにします。


たとえば、ドルの場合はリターンは小さくなりがちですが、その代わりとしてリスクも大きくはなりにくいのです。


投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。


増えすぎた含み損が、前もって定められた水準を超えた場合、FX業者による強制的な決済が行われるのです。


しかし、この強制的な決済、すなわち強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。


この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。


FX投資により大金を手にした主婦もいますが、逆に家庭が崩壊するほどの大損をする、という主婦もいるのです。


特徴的にレバレッジが使えるFX投資では大きな儲けが出る反面、損失も大きなものとなってしまうのです。


夫に言わずに、FX投資をしたり、失っても良いお金だけを使うように用心してください。


低くレバレッジを設定して投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX投資に取り掛かる前に、所... | トップ | 何もわからない五里霧中の状... »

あわせて読む