Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

もしも年間20万円以上の利益

2017年07月15日 | 日記
もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を忘れないようにしましょう。


実際に確定申告を行うにあたって、FX運用を行う上で必要な諸々の必要経費分はもちろん得られた利益の分から差し引いて計算します。


仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、確定申告はしておきましょう。


申告しておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。


FXの口座開設に、何か不利になる点はないのでしょうか?口座を開設したところで開設費がかかるわけではありませんし、維持費の心配も不要なのでデメリットは無いとい言っていいでしょう。


ですから、FXに関心がある人は取引を始めるかどうかは置いておいて、口座だけ設けてみるのも悪くないかもしれません。


FX投資で手にした利益には税金を納める必要があるのでしょうか?FX投資によって生じた利益は税制上、「雑所得」に分類されます。


一年間の雑所得の合計が20万円を割っていれば、税金を納める必要はありません。


けれど、雑所得の合計が20万円をオーバーする場合には、確定申告をしなくてはなりません。


税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、ご留意ください。


さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。


たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。


そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発せられて教えてくれるので口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。


注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者ごとに違うので留意してください。


FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。


それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりによく相場が動いて取引しやすくなります。


それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きな動きを見せることがありますので、気を付けておかなければなりません。


重要な経済指標の発表日は押さえておきましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国為替証拠金取引の投資を... | トップ | FXで成果を得るためには、... »

あわせて読む