Walutowe transakcje marginesow

FXについていろいろ書いていこうと思います。

近頃では、システムトレードで外国為替証拠金取引を行う

2017年07月01日 | 日記
近頃では、システムトレードで外国為替証拠金取引を行う人が無視できない数になっているようです。


FX投資においては、買った外貨が急に大幅に下落すると平常心でいることができなくなり上手く損切りを行えないことがあります。


少しでも少ない損失で済ませたいとの気持ちが損切りするタイミングを逃させてしまうのです。


どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、FX業者をどこにするか選択次第で異なった金額となります。


最低保証金の具体的な例では100円という所や5万円だったりもします。


もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますし10000通貨になっているところもありますが、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶとリスクを小さくできるかもしれません。


ひとつの方法として、FX投資の手法の中にはサヤ取りという方法があるのをご存知でしょうか?サヤ取りはというと、相関性のある二つの通貨を観察し、そのペアの値幅が開いた機会を伺って、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利益を得るという仕組みです。


投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、要領を呑み込むまではどちらにしても利益は見込めないかもしれません。


とにもかくにも、システムとオーダーの出し方を頭に入れておきましょう。


FX投資を始める場合に覚えておくことがFXチャートを理解することです。


FXチャートの役割は、為替相場の動きをグラフとして書き表したものです。


数値のみの画面では理解し難いですが、グラフ化していくことで理解しやすくなります。


FXチャートを上手く使わないと利益を追求することが難しいので、きちんと見方を覚えておいてください。


FX投資などで負けが続き始めると、そんなマイナスをちょっとでも取り返すためによりいっそう資金を減らしてしまう方も多くおられるものです。


そうなれば、大きな損失になる可能性があるので、FX口座に必要以上の資金を入れておかないように注意しましょう。


これは、口座に預金のお金も入れてしまうと、まだ余裕があるなと感じてしまって使い込んでしまう確率があるからです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FXを始めたばかりの人は知識... | トップ | 金額にして20万円、一年間の... »

あわせて読む