つながる整体しんくろやブログ☆お手を拝借

無限にふりそそぐ宇宙からの愛=エネルギーを受け取って活かしてこその人生☆

岩殿山(山梨県大月市)

2017年05月18日 | パワスポ
「山に行きたい」
と思っていたら、友人から山へのお誘いが来ました。

岩殿山は、中央高速道路で八王子から長野方向に走っていると、
大月のあたりで右手に見える、岩が反り立った山です。

高尾からボックスシートの普通電車で大月で下車。
岩殿山登山口までは駅から15分ぐらいです。
幸い、曇っていて空気がひんやりしていたので、
山歩きにはちょうど良い。



岩殿山城の入り口。
こういう大きな岩肌が、この山だけでなく、周囲の山肌にも露出しています。



友人と、お互いの仕事の話をしながら歩く。
クサリ場を何気に歩き始めたら、
めちゃめちゃ怖い! 
これはもしも落ちたら、止まれない、
私の目には90℃の直角に見える斜面。

広い場所に着いてから、慌てて長袖を着る。

その先の上りでは、
リュックの脇ポケットにペットボトルを入れていた人が
相次いでペットボトルを落下させ、
前に居た一団のリーダーが、
「持ち物はしっかりリュックにしまって」と説明。



登るのは楽しい♪

クサリ場、上がりきったところ。



その先に、「稚児落とし」という、怖い名前の大岩へ。



「稚児落とし」の上から。





友人と前半は話しまくったけど、
後半は静かに風を感じて、葉っぱの音を聞いて、
緑を浴びる優しい時間。



鳥の声。



山を下ると、川が流れていた。清流。
川沿いに、大月駅へ戻る道。
すごくゆっくり歩いて、お昼ごはんものんびり食べて、5時間くらいの行程でした。





大月駅では、500mlの缶チューハイを買って、
ボタンを押してドアを開閉する電車に乗る。
大月発なので座席はガラガラで、いい気分で話しまくっていると
途中の駅で高校生が大勢乗ってきて、
酔っぱらっているのが恥ずかしいな、とほんの少しだけ思いつつ
座席を譲って、立ち飲み。

あーー山っていいな。


岩殿山(634m)
修験の場だった時代もあったそうです。
不動明王が祀られています。
中央本線大月駅から徒歩15分くらい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありのままの自分を生きる | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL