つながる整体しんくろやブログ☆お手を拝借

無限にふりそそぐ宇宙からの愛=エネルギーを受け取って活かしてこその人生☆

岩殿山(山梨県大月市)

2017年05月18日 | パワスポ
「山に行きたい」
と思っていたら、友人から山へのお誘いが来ました。

岩殿山は、中央高速道路で八王子から長野方向に走っていると、
大月のあたりで右手に見える、岩が反り立った山です。

高尾からボックスシートの普通電車で大月で下車。
岩殿山登山口までは駅から15分ぐらいです。
幸い、曇っていて空気がひんやりしていたので、
山歩きにはちょうど良い。



岩殿山城の入り口。
こういう大きな岩肌が、この山だけでなく、周囲の山肌にも露出しています。



友人と、お互いの仕事の話をしながら歩く。
クサリ場を何気に歩き始めたら、
めちゃめちゃ怖い! 
これはもしも落ちたら、止まれない、
私の目には90℃の直角に見える斜面。

広い場所に着いてから、慌てて長袖を着る。

その先の上りでは、
リュックの脇ポケットにペットボトルを入れていた人が
相次いでペットボトルを落下させ、
前に居た一団のリーダーが、
「持ち物はしっかりリュックにしまって」と説明。



登るのは楽しい♪

クサリ場、上がりきったところ。



その先に、「稚児落とし」という、怖い名前の大岩へ。



「稚児落とし」の上から。





友人と前半は話しまくったけど、
後半は静かに風を感じて、葉っぱの音を聞いて、
緑を浴びる優しい時間。



鳥の声。



山を下ると、川が流れていた。清流。
川沿いに、大月駅へ戻る道。
すごくゆっくり歩いて、お昼ごはんものんびり食べて、5時間くらいの行程でした。





大月駅では、500mlの缶チューハイを買って、
ボタンを押してドアを開閉する電車に乗る。
大月発なので座席はガラガラで、いい気分で話しまくっていると
途中の駅で高校生が大勢乗ってきて、
酔っぱらっているのが恥ずかしいな、とほんの少しだけ思いつつ
座席を譲って、立ち飲み。

あーー山っていいな。


岩殿山(634m)
修験の場だった時代もあったそうです。
不動明王が祀られています。
中央本線大月駅から徒歩15分くらい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありのままの自分を生きる

2017年05月15日 | 世界が平和になるために
この土日に、池袋(正確には、東武東上線大山駅そば)で、
「重度訪問介護研修」を受けてきました。

この研修を受けると、重度の障がいがある方の家事援助ができるようになります。
いろいろな場所で開催していますが、
ここで受講できたのは、たまたまではなく、私にとっては必然でした。

いくつかの講義の講師をしてくださった、
会場である「特定非営利活動法人レイ」の理事長の原田華代さん。
自身が、脳性まひによる全身性の障がいを持っていて、
話が聞きとりにくいので、介助者が華代さんの言葉を復唱してくれます。

この法人が、
障がい者のためのヘルパーを自ら育てる、という考えに基づいていて
申し込みのメールへの返信も、角南さんという男性の重度の障がいを持っている方が
対応してくれていた、ということを、研修の当日知ったのでした。

他の職員が講義をしている間、となりに角南さんがいてくれたり
当事者のニーズに応える支援を、当事者の声や経験を集めてつくっていこうという姿勢、
現実的な研修内容に、とても満たされました。

私は言葉で説明されても、あまり頭に入らないのです。
しかし、ここでは、当事者を交えて、さらには当事者自らが講義をしてくれるので
イメージしやすい。

研修初日は雨だったので、雨具を装着しての車椅子の移動、
電車とバス、買い物、食事、入浴。
女性の受講者は華代さんと、
男性の受講者は角南さんと。

講義の中での華代さんとヘルパーのやりとりも印象深く、
ここではその話は内容にそぐわないとか、
お互いの信頼関係に基づきいかに伝えるかを真剣に考えているのが伝わってくる。


初日の研修が終わり、大山駅そばの宿でゴロゴロしながら
華代さんのことをネットで調べたら、本を出していることがわかり
2日目の研修の時に買って、休憩時間と帰りの電車の中と寝る前と、
おもしろくて読み続けました。

華代さんが、独り暮らし、結婚、出産、事業の立ち上げなどをされてきていて
自分の考えをとてもわかりやすく伝えることができることや
エネルギッシュですっきりとしたあり方が本当にすばらしく魅力的で、
どんな生き方をされてきたのか、純粋に興味を持ちました。

自分を裸にして、まるごと自分を見せて、理解してもらう。
そのことばそのままの生き方をしている華代さんと、ヘルパーのまはらさんのことばの中に
自分で今まで体験して消化しきれなかったことへの答えが含まれていたりもして
あーーーここで受講して良かったな、
華代さんに会えて良かったな、
自分の今までの経験も無駄ではなかったんだな。

そう思えました。


障がいはひとりひとり違って、
その人を支えることや、関わること、
その人をとりまく家族や、実現したい想い。
そういったことに、どう向き合っていくか。

いくつかのことが、自分の中でクリアになった、
充実の2日間と、忘れられない出会いでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多摩御陵(東京都八王子市)

2017年05月08日 | パワスポ


今日は「氣の教室」に来てくれた友人と
教室ののちに、多摩御陵へ。
氣が良いと聞いたので行ってみたい、という友人たちをご案内しました。

私はエネルギーが高い場所に行くと、高い山に登った時のように、
耳が詰まったような、圧迫感を感じます。
ここでも、そうでした。



大正天皇と皇后、昭和天皇と皇后のお墓を回ったあと、
気持ちよく茂る木々の間の道を歩いていたら
胸が痛くなり・・・

少し前に体験した胸の痛みを思い出し、
その出来事は、過去のことになったのだということを
改めて思いました。



氣が良い場所であるとはよく聞きますが
御陵で癒されるとは思っていませんでした。

夜、寝る前と、朝、家族を送り出した後に
涙で浄化しました。
ありがとうございました。

住所:東京都八王子市長房町 武蔵陵墓地
参拝時間:9時~16時(参入は15時30分まで)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の中にあることをことばにする

2017年04月26日 | 世界が平和になるために
昨日は、昼間は氣のエネルギーとリーディングをいっしょに学ぶ人たちと、
夕方からは、コミュニティーについて実践しながら学ぶ先輩と
いっしょにご飯を食べながら話をしました。

私の場合、節目には、
今まで起こったことが何だったのか、深く話し合えたり
自分のやってきたことを人に話して自分を客観的に見たり
それまでの自分自身を総括するような時間が訪れます。

うまくいったことも、うまくいかなかったことも、
自分の学びとして、糧として落とし込むために
一旦、整理できるのはありがたいことです。

昼間話したのは私を含め6人。
複数で話ができると、さまざまな見方、感じ方を知ることができて
同じものでも多面的に捉えられるのでとてもいい。

話し方、その人のこれまでの経験、考え方など背景を感じながら
聞いたり、話したり。
その場での心の変化だけでなく、
家に帰ってから腑に落ちたり。それをまたシェア。



話を回数重ねるうちに、遠慮していた人も
自分の想いをことばにできるようになったりもするし、

ことばにならない想いを持っている人も
ことばにできるまで待てばいいし
SNSなど他の場所で気持ちを書いて表現する人もいる。
直接でも間接でも、出せることは良いことだと思う。
思っていても、言えない、行動できない、
そうして膠着状態でいることが
問題を大きくしていく気がする。


夕方お会いしたのは、
三重県鈴鹿市のアズワン・ネットワークというコミュニティーで
みんなの団らんや食事や、宿泊の場を提供しているきみちゃん。

今年70歳というきみちゃんと、コミュニティーや
コミュニケーションの話をした。

アズワンで驚くのは、
シニアと言われる年代の方々の、頭と心のやわらかさ。
コミュニティーについても、とても豊富な経験と
それを伝えることばを持っている。

きみちゃんも例にもれず、
若者の語り合う場、シニアの語り合う場、
ミーティングの場などを提供しながらその輪に加わり
誰もが自分らしく幸せに暮らすにはどうしたらいいのかを
真剣に考えていることが、
きみちゃんの話から伝わってくる。

きみちゃんは言う。
すぐに伝わらなくても、相手の心の中に、
ちょっとずつ変化が起きてくる。

きっとそうだと思う。だから、伝えることが大事だって
何度も思う。



きみちゃんが持ってきてくれた本。
アズワン鈴鹿の、「おふくろさん弁当」という、
とてもおもしろい経営をしているお店の話。
ワクワクします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氣の教室 5月の予定

2017年04月23日 | 整体のこと
「氣の教室」5月の予定です。
「氣の教室」は、
自分が持つエネルギーの向上をめざすとともに、
日々のできごとや内面の気づきや変化を話しあうことで
お互いに高め合い、気づきを促していく場です。

【日時】
2017年5月8日(月)10:30-11:30
5月11日(木)16:00-17:00
5月25日(木)16:00-17:00

【「氣の教室」とは?】
宇宙からいつも無限に注がれているエネルギーを体に取り込み、
エネルギーを上げることで浄化していきます。
宇宙からのエネルギーは無限で、誰でもエネルギーを取り込むことができます。
エネルギーの取り込み方をやりながら習得していただければ、
ご自身で、自宅や落ち着いた好きな場所で行うことができます。

私は整体の施術に、この「氣を通す」ということと、
その人その人それぞれに必要なエネルギーラインをつなげたり
不要なエネルギーを取り去ったり、
音(声)でのエネルギー調整を行ったりしています。

「氣を取り込む」ことがわかるようになったら、
家族やこどもやペットなどに氣を送ることもお伝えします。

【場所】
八王子市打越町の自宅にて。お申込みいただいた方にお知らせします。
最寄り駅は京王線北野駅または横浜線片倉駅、
両駅から徒歩15分。車で送迎可能です、ご相談ください。

【参加費】
2000円

【定員】
各回4名

【申し込み】
bali_sun_flower@yahoo.co.jp
までメールください。

お申込みを、お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度の日曜日は府中へ。イベント『今、魂の話をしよう』~未来に向かう私達がするべきこと~のごあんない

2017年04月10日 | 未来
昨年に引き続き、今年も開催します。
「今、魂の話をしよう」
~未来に向かう私達がするべきこと~

「胎内記憶」の研究者・池川明先生と、
「筆談の詩人」神原康弥が対談します。
ゲストには映画「かみさまとのやくそく」の
荻久保則男監督をお迎えします。
※上映はございません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、注目を集めている、『筆談の詩人 神原康弥』

神原康弥は重度身体障がい者であり、身体は健常者のように動くことができず、音声言語を使って話すことはできません。

脳が健常者のような発達過程を辿っていないため、潜在意識が優位にあり、私たちが感じること以上のものを感じることができると言えるのかと思います。
魂、人の心の奥底にある思い、課題、生死観、生き方、エネルギー、宇宙 etc. それらのメッセージを指談でお母様が皆様にお伝えしていきます。



彼の核心をついた、そして私たちが真に豊かに生きるために大切なメッセージが、出逢った人を感動させ、ついた垢のようなものを削ぎ落とし、衝撃を与えています。

昨年開いた「今、魂の話をしよう」は、満席になり、席をご用意できずお断りをしたほどの反響がありました。

今年は、500名に大幅増席。
第二弾は、見えないけれど、私たちが生きる上で、未来を創造していく上で、大切な根幹の”魂”について、よりフォーカスしてお伝えしていきます!

また、相模原の施設で起きた悲しい事件。実は彼もこちらと縁があり、思いが強くありました。事件から少し時間がたった今、やっと心が落ち着いてきたそうです。
「障がい者の隠された能力や神秘性」や「私たちがわかり合うために必 要なこと」をしっかりと伝えていきたいと望んでいます。

障がい者、健常者と私たちは分けて考える傾向がありますが、健常者でも、国の違い、年代、立場、性格、好きなこと、一人ひとりがそれぞれユニークな存在であるように、そこには個性の違いがあるだけです。

このことを理解すると、私たち一人ひとりが自分自信や周りの人の価値を認め、好きになり、豊かに暮らしていけるのではないでしょうか?物質に溢れ、「もっともっと」「利益」を追求する現代。本当に幸せに生きる生き方を見つけることができるお話を是非、生で感じてみてください!

【日時】2017年4月16日(日)11:00~14:45
【会場】ルミエール府中 コンベンションホール飛鳥



【定員】500名
【チケット】
大人 前売り4500円 当日5500円
小中学生・障がい者・付き添い 2500円
未就学児 無料
【お申し込み】
こくちーず http://kokucheese.com/event/index/441710/
FAX 042-346-9685
(氏名、メールアドレス、電話番号、チケットの種類と枚数をお知らせください)

※当イベントは参加者多数により、事務手続き簡素化のために参加費の事前振り込みをお願いしています。入力されましてから7日以内に以下の振込先に参加費および懇親会費の振り込みをお願いいたします。

【振込先】多摩信用金庫 小平支店(普)3590376 チームKOU カンバラヒデコ

【スケジュール】
11:00 開会のごあいさつ
11:15 スペシャルミニ講演
はじめに~神原康弥から(20分)
映画「かみさまとのやくそく」の荻久保則男監督(30分)
お楽しみゲスト(10分)
12:15 休憩(30分)
12:45 マリンバ演奏
13:20 池川明先生×神原康弥対談
14:05 質疑応答
14:40 閉会のごあいさつ

15:00~16:30 懇親会(同会場にて。参加費1500円、先着60名)
世界的に活躍するライヤー奏者、池末みゆき先生の演奏があります。

【お問い合わせ】
090-2148-2673 チームKOU 渡邉
chiimukou@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「氣の教室」やります

2017年03月28日 | 整体のこと
2017年4月から、「氣の教室」をやります。

【「氣の教室」とは?】
宇宙からいつも無限に注がれているエネルギーを体に取り込み、
エネルギーを上げることで浄化していきます。
宇宙からのエネルギーは無限で、誰でもエネルギーを取り込むことができます。
エネルギーの取り込み方をやりながら習得していただければ、
ご自身で、自宅や落ち着いた好きな場所で行うことができます。

私は整体の施術に、この「氣を通す」ということと、
その人その人それぞれに必要なエネルギーラインをつなげたり
不要なエネルギーを取り去ったり、
音(声)でのエネルギー調整を行ったりしています。

「氣を取り込む」ことがわかるようになったら、
家族やこどもやペットなどに氣を送ることもお伝えします。

【日時】
2017年4月13日(木)16:00-17:00
2017年4月27日(木)16:00-17:00

【場所】
八王子市の自宅にて。お申込みいただいた方にお知らせします。

【参加費】
2000円

【定員】
各回4名

【申し込み】
bali_sun_flower@yahoo.co.jp
までメールください。

お申込みを、お待ちしております♡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体&バーバ

2017年03月21日 | 整体のこと
今日の整体のお客さまは、最後にお子さんが寝てしまい、
うちでお預かりして、2時間後に待ち合わせの喫茶店へ
お子さんをお連れしました。

もちろん、誰でも預かれるわけではありませんが
何度か会っていて、私の顔を覚えていて慣れているお子さんなら
ちょっと散歩とか、遊ぶとか、いたしますのでご相談ください。
自然の中で遊ぶことも大好きですし、
頭の中に聞こえてくる歌を小さな子どもに歌って聞かせると、
じーーーっと私の顔を見て、しっかり聞いてくれて、
赤ちゃんがとてもおしゃべりになったりします。

子育て中、ずーーーっと子どもとベッタリいっしょって、しんどいですよね。
私も、たまには子どもから開放されたい!と思ったことが何度もありました。
今ではうちの子どもたちも大きくなってしまい、
赤ちゃんに離乳食を食べさせたりすることがうれしかったりします♡

条件にもよりますが、基本的に、バーバは無料です☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体~営業案内

2017年02月13日 | 整体のこと
つながる整体しんくろや
営業のごあんない

整体 施術の流れ

1、整体
いわゆる普通の整体で体を楽にしていきます。リラックスして、この後のエネルギーの通りを良くするためです。
2、光エネルギー 
宇宙から無限に降りそそぐエネルギーを注入し、エネルギーを高めていきます。エネルギーが高まると、気づきや浄化が起きやすくなります。
3、エネルギーエッセンス
主にチャクラを通して、宇宙のエネルギーとつないで通りを良くします。不要になったエネルギーの除去。声や歌による調整。オーラの調整。

約60分 5000円
(地域通貨てんぐに参加している方は、10%までてんぐでの支払いが可能です。)

整体だけ、光エネルギーだけ、エネルギーエッセンスだけならば3500円
※現在お試しで施術中ですが、通りが悪く結局時間も気力も体力も使うため、できればトータルな整体~光エネルギー~エネルギーエッセンスの流れで施術を受けることをおすすめします。

予約方法
電話 090-6167-1489 石川ゆかり
メール bali_sun_flower◯yahoo.co.jp
(◯を@マークに替えてください)
までご連絡ください。自宅住所をお知らせ、または希望の住所にお伺いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江の島でオイルブレンド&護摩焚き!

2017年02月03日 | パワスポ


江の島で護摩焚きに参加して参りました。
護摩焚きを知っている人に言わせると、江の島大師の護摩焚きはかなりな修行系なのだそうです。
facebookにゆるく投稿したのですが、その後得た情報と、その後の好転反応を含めた変化などから、
ちゃんと書いとこ!と、思った次第です。

神社にお参りする前に、その日のひとつのテーマであるロールオン作りをやりました。
ロールオンってどんなのかというと、
ボトルに天然石(水晶、ローズクオーツなど)がいくつか入っている、基本のオイルに、
自分で入れたい石を足して、そこにさらに、自分で「これだ!」と感じたオイルを入れていって、
今必要なサポートを得られるオイルを調合していく作業。
で、そのボトルの口が、コロコロ塗れるようにボールがついてて、それでロールオン、なんですね。
(天然な上に、こういったワークショップとかにあまり参加したことがないため、表現がわかりにくいかもしれません・・)

石を選んだり、オイルをブレンドしていくときに、「テーマを明確に」と講師からお話があったので、
私のオイルは「目的達成」。4月に行うイベントを成功に導くために。
もう1本は姪っ子に。エネルギーアップ(特に女子力)と、トラウマの解消。
というテーマで作成しました。

講師は北島ちさよさん。30年アロマをやっている超ベテランで、話がめちゃめちゃおもしろい。
その気さくな雰囲気。最初に彼女が、
「医療でアロマを使っても、根本的には治せなかった。魂の部分にアプローチできなければ変えられない。
だから今は独立して細々とアロマを教えている。」
という主旨のことを話してくれて、すぐにこの人が大好きになりました。
それから、ちさよさんにアロマを学んだそうたさん。この企画の中心になっている方と、
それからあかねさん。おびただしい数のオイルを持参されて、本当に本当にオイルが好きな方。
みなさん、適度に教えてくださって、必要以上には言わないでくださって、私は自分の感覚に集中できました。

私が選んだ石はラピスラズリ。オイルは、ミルラ。
他に、イシスという名のブレンドオイル(ローズゼラニウム、サイプレス、ブラックスプルース、
マリーゴールド、ゴールデンロッド、ローズ、ジャスミン)を入れました。「潜在意識に光を当てる」という作用があるようです。

ちさよさんが、フランキンセンスを足してくれて、水晶と音叉で波動を上げ、そのあとオーリングで
私にとってこのオイルが有効であることを体感させてくれて、完成。



このオイルが、とても良いのです。ジャキーーーンと、骨が入る、筋が1本通る感覚があります。
モードを「仕事」にガシッとはめてくれます。自信が無い部分も、「与えられた使命」って方向付けを明確にしてくれるので、
意図が明確になり集中できます。

ちなみに姪っ子のほうも、どうもいい感じのようで、彼女もとても気に入っています。

ランチ後、いよいよ江の島神社へ。

この日はとても風が強く、江の島が「本気じゃないなら来るな~」と言ってるみたいw
かなりな修行系だなと思いつつ、横風にあおられながら橋を渡りました。

ここで強烈にエネルギーを感じたのは江の島弁財天。中でも、妙音弁財天さんは、
なんと全裸に琵琶を持っているのです。海の神、水の神、とパンフレットにありますが、
女性を表現するものとして、これ以上のエネルギーは今まで感じたことがありません。
子宮にダイレクトに来る強力なエネルギーに圧倒されました。
本当にありきたりですが、子宮が冷えている方とか、エネルギーが湧いてこなくていっつも寒いし無気力ー
って思う方は、一度行かれてみては、と思います。
ジュディ=オングの「魅せられて」という曲の ♪女は海~♪というフレーズを思い出してしまいます。
鎌倉時代中期に作られた像。めちゃくちゃおきれいです。

奥に進み、江の島大師へ。いよいよ本題の、護摩焚きです。
護摩焚きに参加される方がすでにお堂の中に大勢座っていらっしゃいます。
私も祈願のための木片を1本買って、そこに「お願いすること・氏名・年齢」を記入し、お堂に入りました。

時間になると、マントラを唱えた黄色い袈裟を着た方々が入ってきました。
池口恵観先生という方が、ハードな修行をされた高名なお坊さんだそうで、
恵観先生の元に、真剣に護摩焚きをされる方が集まるようです。



マントラと、太鼓の音と、それから室内で燃える薪(?)と、火にくべられていく願いを込めた大量の木片。
時間が経つにつれてお堂の中は煙と灰で真っ白で、煙が大好きな私もびっくり。
ちょっとの煙も耐えられない人もいますから、浄化が必要な人の中にはこの煙の中に最後までいられない人もいるでしょう。

恵観さんの手元の木片がすべて火にくべられると、次に堂内の参加者が自分で火に木片を入れて行きます。
また、途中で修行僧の方たちが堂内に散らばり、参加している人の背中をマントラを唱えながら祓っていきます。
全体的に、すごく激しい勢いのあるもので、本当に圧倒されます。
恵観さんが途中で印を組んでいるのも大注目。手元が見える位置に移動して観察。

長い護摩焚きが終わると、この日は1月27日で新年だったので豆まきも行われ、
恵観さんをはじめ修行僧のみなさんが、豆、落花生、もち、うまい棒、麦チョコなどをバンバンまいて、
とっても明るくておもしろかったです。

となりに座っていた方が護摩焚きの途中で泣いていて、その素直さに癒されました。
浄化はいいものです。
などと人ごとのように思っていたら、翌々日にお腹が痛くなり、軽く吐き気もして、一日、
腸のお掃除となりました。私も、あのケムケムの恩恵にあずかることができました。

江の島弁財天の海のエネルギーと、江の島大師の強烈な護摩焚き。
すっかり江の島ファンになりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加