FootprintFile

気が向いたら書く

70年代のストラトキャスターふたたび

2017-06-14 18:16:14 | 音楽
先日、アニバーサリーストラトを試奏して以来、70年代のストラトが気になっています。楽器屋に行く機会があると探してしまうのですが、やはりそれなりの店に行かないと置いてないですね。弾数が少ない。


70年代ストラトの使い手と言えば、髪がある頃のこの人、ジ・エッジ(U2)とロウエル・ジョージくらいでしょうか。

ある個人経営の中古楽器店で「最近、70年代のストラトってありますか?」と聞いてみたら、最近は少ないし、あまり扱わないと。コンディションが良いものは少ないため、リペアに時間がかかり過ぎる、その割に売り手は高く売りたがるから仕入れとの折り合いがつきづらいのだとか。その店では一年くらい修理にかかった73年のストラトがあったそうです。70年代前半なら、状態によっては30万円後半の売上が期待できますが、70年代後半になると良くても20万前後でしょうからね。コスパは悪そうです。

確かに、この年代のストラトは改造されたものがほとんどです。特に70年代末期のフェンダーは評判も悪かったし、躊躇なく改造されている印象があります。ナット交換やリフレットは当たり前、ネックのリシェイプやピックアップ交換、ボディのリフィニッシュ、あとは時代的にロックナット&フロイドローズ搭載といったものも見かけます。

ぼくはジャンク好きなんで、改造されてるから嫌だとかは特に無いのですが、トラディショナルなストラトに関しては、その年代の特性を残していて欲しいとは思います。フロイドローズは論外としてw、例えば、70年代のストラトだったら、ピックアップはオリジナルがやっぱりいいし、サドルもプレートだとなんか違うな、とかね。ピックアップがテキスペに交換されたものを試奏したことがありますが、やはり違和感があるんですよね。見た目の問題かも知れませんけど。サドルは完全に見た目の問題ですね笑。

まあ、そうは言ってもポンと買えるわけでもないので、当面はスクワイアのストラトをもう少し弄ってみようかな、とか考えてます笑。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Beck / "Loser" そしてアジカ... | トップ | またまたストラトの試奏 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
70年代ストラト (執事長)
2017-06-14 21:23:39
70年代のストラトの使い手と言えばロビン・トロワーがいますね。

私らの年代だと大学に入ってバイトして買う輸入物はテレキャスターかストラトキャスターでした。

その頃のfenderと言えば今のfenderは良くないとかさんざん言われてました。私の友人がその頃に買ったストラトとテレキャスターを持っていて今では慣れたせいか良い音で鳴らしてます。
Re:70年代ストラト (low)
2017-06-15 08:42:35
ロビン・トロワーですか!未だちゃんと聴いてない人です。
まあ当時のミュージシャンは普通に使ってましたよね。あ、リッチー・ブラックモアもか。

70年代の、フェンダーにしろギブソンにしろ、いま弾いてみると普通にいい楽器だと思うんですけどね。特に日本では良いアンプの普及率が低かった故の低評価もあるんじゃないのかと思います。この年代のストラトの、どうしても芯が残る感じって、やっぱり大口径の真空管アンプ向きな気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。