衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

スノウ再血液検査結果

2017-02-12 02:14:11 | 

先日の検診で肝臓の数値が高かったために再検査となったスノウ。

血液検査だけであれば食後8時間で受けられますが、検査結果によってはエコーの可能性という前回担当獣医の話を聞いていたため、朝食抜きで受診。

 

空腹と診察時の緊張でナーバスとなったスノウ

 

飢餓状態で保護されたスノウにとって、空腹という状況に陥ることは未だに不安を増長させるのか、いつもと異なり、診察時はかなり神経質な表情に変化していきました。

そのため、もしもの場合に備えて持参したマズルガードを診療途中から装着。

これを使うときはたいてい、装着してからトリーツを与えるためか、今のところはおとなしく付けさせてくれています。

 

ところで今回の血液検査結果ですが、前回よりもALT(GTP)の値が高くなってしまっていました。

 

前回244、今回361、正常値は102まで

 

しかしそれでもこの値は、食事や投薬、その他によってしばしば出る範疇でもあるのだそう。

現在、吐気等の身体的な異変や、ALPやその他の数値には異常ないことから、投薬やサプリで正常値に戻るか観察して良い段階なのだそう。

また、現段階でエコーを撮ったところで何かの診断がすぐに出るわけではなく、ストレスを感じて診察を受けているスノウに、これ以上無理強いして押さえつけてまでエコーを行うこともなく、今後の経過観察で数値が上昇し続けるようなら迷わずに撮りましょうというお話でした。

ちなみに、この数値が600以上あれば、何かの診断材料の一つとして躊躇ないエコーは有効なのだそう。

 

スノウはしばらくの間、投薬とサプリを服用、定期的に通院して数値が改善されるかを診て頂くことになりました。

 

前回診て頂いた獣医さんはまだとても若く、血液検査で改善見られなければエコーの可能性という基本通りの説明を下さったのだと理解しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低気温記録を更新!? | トップ | 初めてのたたら浜園地 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボリ母)
2017-02-12 08:21:38
スウちゃん、数値が上がってしまったのはちょっと心配ですね。でも、急いでどうこうということもなさそうなので何よりでした。若い獣医先生は教科書通りのことを言いますもんね。

スウちゃん、立ったままのエコーも苦手かしら?
ボリリンのとき、病院を変えたらエコーが立ったまま撮れてとってもラクチンでした。押さえて寝かせる必要がなくって。

これから数値が落ち着いていくと良いですね。
今のところは数値の変化観察程度 (BJAmom)
2017-02-12 12:24:48
ボリ母様
前回の獣医さんは基本的な説明だったのでしょうね。こちらも気が動転してすぐにもエコーという気持ちになってしまいました。
立ったまま受けられるタイプのスキャナーがあるのですね。それは便利。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。