衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

とうとう我家近くにまで

2017-05-12 00:09:33 | 

この日もコジュケイや砂浴びする鳩に刺激され、充実したと思われる散歩となりました。

 

 

 

 
コジュケイの気配に夢中なフタリ
 
 
 
 
 
 
ヴァレンシアの視線の先は...
 
 
砂浴び中の鳩
 
 

そして帰宅する直前、我家の数メートル手前で久しぶりに見たのはなんとヒル!

 

以前、桜道でこれと同じヒルがヴァレンシアの身体に付いた事がありました。

今朝もヴァレンシアがミミズと勘違いし、捕えようとした寸前で動きがストップ。首をひねりながらじぃーっと観察していました。

 

沢登りをしなくなってから久しくなりますが、丹沢ではどこの川にもヒルが出没しているという昨今。こんな身近な場所にまで出没するようになってしまったのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アキラメキレナイ | トップ | 葉山木古庭へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このヤマヒルさんは (よっちゃん)
2017-05-12 00:56:40
何故か駅近のアスファルト&コンクリートのうちのアパート敷地内にも出没します(笑)なんでだろ。
シュモクザメ?ハンマーヘッドシャーク?(同じか)みたいな形ですよね。

イギリスのペット事情はほら、飼いたい人は適正審査があって書類や、何度も動物と対面してオッケーが出たら迎えることが出来るってやつだからまず動物の赤ちゃんを見ることがなかなかなくてかなり珍しいことみたいですよ。日本の無駄に増やすブリーダーみたいのもいないし。
ただ厳しすぎて、もうちょっと融通きかせてくれてもいいのになという切ない話もありました。決まりは決まりだから!みたいな。
あと、猫のスコティッシュちゃんは世界的に垂れ耳がかわいいと人気だけれど、本来は病気で耳が垂れたのが始まりだから、本場スコットランドではあの品種は認可されていないとか。
なんか色々話してきました!日本語で(笑)
Unknown (uki)
2017-05-12 18:57:41
これコウガイビルです~。
この子は都会派なのかフツーに住宅地のアスファルトにも出ます。うちの近くも見かけます♪
都内の友人の犬は足に絡めてお持ち帰りしちゃって取るのに気持ち悪くてひと苦労したとか(笑)
コウガイビルって (よっちゃん)
2017-05-13 01:13:23
いうのですね!お勉強になりました。

郊外のビルみたい(笑)

調べたらなんだか縞模様のとかいるんですねー。うへぇ~。
情報頂き有難う! (BJAmom)
2017-05-13 09:29:14
コメント有難うございます。このところは皆さんへのお返事遅くなりお許しを。

よっちゃん様
皆さんがいろいろな情報下さるので私も勉強になります。
イギリス人とこのような話を直接伺えたなんて貴重ですね。
忙しいだろう日々、丁寧に教えて下さり有難う。

uki様
そうなんです。犬のコートに絡みつくとなかなか取れなくて。皆さんにいろいろなことを教えてもらって有り難いです。いわゆる吸血するヤマビルとは異なる種類で、自然界で良い仕事もするヒルなのだそうですね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。