衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

スノウ、ディズニーシーへ行く

2017-08-11 10:24:10 | 

我家に滞在中のオネエちゃん1号の希望により、子供達と大混雑のディズニーシーへ行ってきました。

 

酷暑に大混雑なこの時期、我家のオトナ達は誰一人として引率の挙手をせず。

しかたなく私がスノウを伴い出かけることに。

首都高湾岸線で事故発生により大渋滞だったもののどうにか昼過ぎに到着。

 

 

天気やさまざまな条件で直前で決定したこの日。曇り空、駐車場も屋内であるため車内が高温になることもなく犬連れにはラッキーでした。

スノウもお出かけでニコニコ。

 

 

マゴズがテーマパークを楽しんでいる間、スノウがお世話になったのはディズニーシーに併設されているペットクラブです。

 

ディズニーシー、ランドそれぞれに

 

開園30分前、閉園30分後まで預かってくれるため、この日は22時半までが預かり可能時間でした。

 

事前の申し込みが必要ですが、空いていれば前日でも予約が可能なのですって。

 

 

ここではシートやお水、フードの提供があります。

飼主がディズニーリゾートで楽しんでいる間のみケージを提供下さり、お世話は飼主が行うというスタイルの為、スタッフさんが直接犬達に触れることはありません。

しかしそれは我家のように他人との接触に気遣う必要のあるスノウを預けるには好都合。

広くて衛生的な室内、食事やペットのお気に入りベッド等の持ち込みも可能なのです。

 

気付いたことといえば、室内には適温で効いているエアコンですが、ケージ底ステンレスが冷たくなるため、敷物持参をお薦めします。

スノウはタオル等を食べてしまうことがあるため、持参ペットシーツのみ敷いてみましたがご覧の通り端でくしゃくしゃ。

 

 

 

閉園までの滞在中、3回ほど私が出入りし、散歩に連れ出したり、食事を与えたり。

私が室外へ出た直後は吠えたものの、出入りした3度共に間もなく寛いで寝ていたとのスタッフさん談。

他の飼主が出入りしても吠えることなく落ち着いていたそうです。

 

散歩へのお迎え時、そぉーっと覗いてみると(笑)

 

<!-- ディズニーシー ペットクラブにて -->

 

ディズニーシーの近くには海沿いに広い草地があり、大型犬の散歩場所にも困ることはありませんでした。

 

 

 

閉園時間までお付き合い

 

スノウを初めてよそに預けるに際し、スノウ自身に嫌な経験とならぬよう調べた結果ですが、こちらに依頼して本当に良かったと感じています。

スノウの表情がとても良く、知らぬ土地での散歩がまたとても楽しそうでした。(笑)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏はかき氷屋さん | トップ | 盛夏の衣笠山にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事