スケートよた日記

やたぴいです。
趣味のスケート、アイスとインライン
そして私立女子校娘の生活日記です

障がい者の防災セミナー

2016年10月15日 | 市民講座
先週末はイベント続きで大忙し。いまさらだけどそのとき聴講した「障がい者の防災セミナー」について忘備録。リオパラリンピック銀メダリスト鹿沼由利江さんのサプライズ登場あり。

・聴講のきっかけは、①地域の自主防災隊メンバーだから、②近所には独居高齢が多いから、③無料、④会場がお気に入りの和光大ポプリホール。
・演者は、①警察官(機動隊員として東日本派遣経験)、②映画、③岩手の知的障害施設長

・東日本大震災では、障がい者の死亡率が健常の2倍以上だった。それは自力で逃げられなったから。津波警報が聞こえなかったから。逃げ道が見えなかったから。切ない話だ。
・近年は自助7割、共助2割、公助1割という考え。
・日ごろから独居老人は自分の存在を近所にアピールするのが大事。行事への参加は是非!
 最強の防災策は、人と人とのつながり強化。
・避難所。みんなイライラ。精神障害や発達障害は落ち着かない行動ゆえ「出ていけ」。福島からの避難者には「放射能あびてるから入るな」。
・障がい者手帳保持者リストを公表したら、自宅で弱っていた障がい者救出につながる事例もある。

・東北岩手では、障がい者施設は人里(=沿岸)離れた高台だったのが幸いして、演者の施設の津波被害は少なかった。
・地震後、ガソリン不足は深刻だった。スーパーはあっという間に品不足。
・バーベキューやる人はサバイブ力高い。BBQは災害時の有効テクになるし、炭の備蓄もする。
・ライフラインの復旧順序は、電気→水道→ガスの順。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校の同期会 | トップ | うれしい誕生日! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。