遊月(ゆづき)の日々これ修行なり~

★遊月みおのスピリチュアルな日々から学んだあれこれ

【パワースポットニッポン(VOICE出版社)北海道担当】

エネルギークリーニング★ドラゴンパワー

2017-02-09 08:43:32 | お知らせ
みなさまおはようございます(*^_^*)

エネルギークリーニング★ドラゴンパワーと命名して、始めたいと思います。

従来のエネクリ(エネルギークリーニング)とは、

チャクラの状態(オーラ)をリーディングし、
弱っているところ、汚れているところを見つけて
それぞれをクリーニングして、整えること。

なぜ汚れたのか、バランスが崩れているのはなぜなのかを探りつつ、
ネガテイブなものを綺麗にして、
すっきりしたところに、
光を注ぎ込んで元気になってもらう。
というものです。

最初に軽くお話しした後に一度スカイプを切ってクリーニングします。
そのあと、リーディングして受け取ったメッセージを、スカイプまたは電話などで1時間ほどセッションしてお伝えするというものでした。


新しいエネルギークリーニング★ドラゴンパワーでは、従来の手法を行い、光を注いだあと、
宇宙と地球の中心のエネルギー交換の象徴である、
ドラゴンパワー(龍の力)を、その方自身の意識で肉体に通してもらいます。

最初のお話の時に手法をお伝えしますので、
わたしがクリーニングをしている間から、
エネルギーを受け取るための作法をしてもらい、
ドラゴンパワーを受け取ってもらうのです(*^_^*)
わたしはそれをサポートさせてもらいます。

これをすることで、今までのやり方よりずっと宇宙に繋がりやすくなり、
かつ
大地との結びつきも、強化され、よりグランディングした生き方へと変化していけるパワフルなセッションです。

わたし自身がこの半年、毎朝してその変化を実感しています。

イメージは、クンダリーニから通すためのチャンネルを開き、ドラゴンパワーを受け取れるようになるということ。

それらのセッションを、
2時間で、13,000円でさせていただきます。

本当は20,000円で、とメッセージ降りているのですが、
夏至までは、モニター価格ということでこの金額でいたします(*^_^*)

イメージとしては、
アバンダンティアアチューメントみたいですね。


実際にアバンダンティアのように、ご自分に対してパワーを通すだけじゃなく、他の方にも通すことを教える手法をお伝えします。
こちらは、
エネルギーリーダーコースです。

ちなみにリーダーコースを受けなくても、通常のセッションを受けて貰えば、ドラゴンパワーを通す通路が出来るので、自分自身へのパワーチャージはいつでも出来るようになっています。

リーダーコースの詳細は、
まずはわたしが通常のセッションをします。
そのあとリーディングと通路を開くことをサポートする方法をお伝えする講義があり、
実際にこのクリーニングとパワーを通す作業をわたしにやってもらいます。

こちらは、
ご自分へのセッションとわたしへのセッション、講座込みで、
時間は3時間
金額は22,000円です。


こちらの金額は40,000円にするようメッセージがおりてきたのですが、
セッションと同じく夏至までモニター価格として、この金額でさせてもらいます。

こちらを受けた後、
ある一定の人数のモニターさんに実際に施術したあと、
セラピスト講座(アースエンジェルスクールセラピスト基礎コースより、3時間20,000円)を受けてもらうことで、
エネルギークリーニング★ドラゴンパワーを、お仕事にすることができます。

セラピスト講座を受けてもらう理由は、
エネルギーを扱うことにはどうしても危険が伴うので、
人のためというより、
ご自身を守るためのメソッドを中心にお伝えします。

セラピストになる方は人のために動くことは得意でも、自分を守ることをおろそかにする方が多いですからね(*^_^*)

興味ある方は、メアド知っている方はメールで、知らない方は、このブログのコメント欄にご自分の、メアドを添えて書き込んでください。

コメント欄は基本的に公開されませんので。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイト開設20周年に突入 | トップ | 222のアトランティスエネルギー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。