ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

斎場で父と泊まる

2017年06月16日 21時43分38秒 | Weblog
息子が大学の授業を全部受けてから、行きたいというので、お通夜の夕方には間に合わない。
翌日の17日17時お通夜、18日9時の告別式となった。

母の葬儀の時のお坊さんが出張で何とか間に合うというので、双方の都合で日程が決まった。

込み合っていて母と同じ葬儀会場はかなわなかったが、父のホームから車で30分くらいの築15年くらいの家族葬向けの小さな斎場だ。

1階は、他のご遺族がお通夜の準備がされている。
2階の部屋に父が安置される。
近くのコンビニで父に供えるお菓子を買う。

終末の日々は、食事も水分も少なかったので、父が好きなお菓子、あんぱん、メロンゼリー、日本酒を供えた。
遺影は友人に昨日頼んでいたものが、夕方までに届く。
データの容量が小さくて拡大して修正で調えてくださった。
ありがとう、清水さん。

もしこの別れの時がなければ、毎年恒例の100kmウォーク大会で歩いていた。
一緒に歩く予定だった学生たちへ、いろいろな確認事項をメッセージで送る。
3回ゴール体験している友人に、学生たちのことをお願いする。学生たちの方が早く歩くが、ゴールまでという体力戦は、経験者の励ましやアドバイスが活きる。

持参した寝袋で、眠る。

すべてに感謝。
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父、逝く | トップ | 息子と再会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。