ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

「誰そ彼時」を観劇

2016年10月13日 23時11分46秒 | Weblog
涙、涙、笑い、涙で通した。

武田氏の実話から構成された作品だという。

自分の親と被るエピソードがあって、涙が止まらない。
今、自分の過去を書く作業をしているので、それを自分の作品にすることの背中を押されているようだ。

自分のこれを書かないと、次の人生に進めないような覚悟をもって、取り組みたいなあと力が入る。
1週間毎日書くことをしたら、疲れた。
1週間書くのを休んで、今日また書き始めた。
書くと楽しい。
だが、疲労をもった状態で書きつづると、もっと疲れてくる。
くたくたになって、夜ブログを書いて、朝起きると、疲れが取れていない状態で、1日をスタートして、どんどん悪循環になって、眠る。

自分が欲するがまま、眠ってきた。

そして、今日また書き進める。
久しぶりだから、面白おかしく書くことができた。
この調子で進めたい。

無理しないで、亀の歩みでも、書き進めるのを楽しんで行こう。

すべてに感謝。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠くてたまらん日が続く | トップ | 整体師の杞憂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。