ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

弦楽のためのアダージョ を聴く

2017年06月18日 19時50分21秒 | Weblog
父が黙って仕事をしてきた姿を思い出しながら、感謝の感慨をいだく。

後年の老いた姿もいいが、若い頃、一生懸命に仕事に取り組んできた姿がいつも思い出される。
母もよく仕事をして、懇意にしている親戚と会えば、コロコロと笑い、その明るい母を父は愛した。

母はよくしゃべり笑う人、それを見ながら父も黙って笑っていた。
大喧嘩もして、老いてアルツハイマー症で同居できなくなった母を思いながら、別居を8年した後、最後半年同じグループホームで暮らした。

去年の2月に母をガンで他界、6月15日夜に父は老衰で母の元へ旅立った。

孫がこの春に大学入学、娘の私もそれにほっとしたのを見届けて、もう自分の役目は終わったと思ったのだろう。

そういう思いやりのある人だった。

この父と明るい母の元ですくすくと好きなように育った自分は、なんと幸せな人生を歩んでいるのだろう。

ずっと感謝している。
天国で楽しく過ごしてください。
すべてに感謝。
『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子と再会 | トップ | 父も母もいなくなった境地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。