ありがとうのブログ

毎日、家族や仕事関係の人たちとのふれあいで感謝していることをつづります。

愛についての学び

2017年03月06日 14時01分20秒 | Weblog
☆☆☆☆☆
『愛』とは
☆☆☆☆☆
愛は、人間と人間を結びつける原理であり、人間とすべてを結び付ける力。
愛は、人間関係の力。
自己実現の力である意志を達成するには、人間関係を抜きには考えられない。
意志を達成するには、愛の力が必要。

恋は、自然発生的なものであり、情緒的なもの。
恋愛と言って愛と恋は、同じ次元で考えられてきたが、愛と恋は次元が違うもの。
愛は、問題解決能力として、理性能力に匹敵する能力。
愛は、能力である。だから愛の実力を伸ばす努力をしなければいけない。
愛は、人間が努力して作っていく文化。

愛とは、相手の短所を許し補い、長所と関わる力。
愛とは、感じるもの。
愛とは、信じること。
愛するとは、許すこと。
愛とは、肯定すること。理屈を超えた肯定の心
愛とは、認めること。
愛とは、努力して作るもの。
愛とは、待つこと。
愛とは、相手の成長を願う心情。
愛とは、理屈を超える力。
愛とは、考え方の違う人と共に生きる力。
愛とは、他者中心的な心の働き、思いやり。
愛とは、理性を使った努力。
愛とは「どうしたらいいのだろう?」と悩む心、考える心。
相手のために努力できるということは、「愛」が あるということ。
人間を愛するというのは、不完全な存在を愛するということ。
自分と同じ考え方の人しか愛せないのは、にせものの愛、自分しか愛せない愛である。
愛とは、命を生む能力、育む能力、満たす能力。
愛するとは、相手から学ぶこと。
愛とは、今一番人類に必要とされている能力。
結婚は恋のおわりで、愛の始まり。
恋は自然、愛は芸術

求める愛から、与える愛へと成長する。
与える愛は、相手からの見返りを求めないという最高の愛の形となる。
人間は愛するもののために生きる。
男性は、父性を極めて万物の父となり、女性は母性を極めて万物の母となる。
父性愛と母性愛、これが愛の究極の姿。
古来より「愛」は、文学の中でしか語られてこなかった。愛は、学問の対象とされてこなかった。
愛を能力として捉え、実力として成長させることがこれからの時代の課題。
「原理原則集1」より
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人を愛するということは、不完全な存在を愛すること。愛するとは、相手から学ぶこと。結婚は恋の終わりで愛の始まり。恋は自然、愛は芸術。人間は愛するもののために生きる。愛とは、相手の成長を願う心情。
自分も不完全、だれもが不完全。不完全同士がお互いをサポートし合って一緒に生きるのがいいなあって思う。子は自分の鏡だと思うから、苦しくなる。相手の成長を願ってやまない。すべては良いほうに向かっていると信じる。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友人に今後の挑戦を伝える | トップ | 柳原白蓮を語る番組を観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。