もういちど、がんばるために

自死遺族です。
いつか乗り越えて
もう一度心から笑えるように
もう一度幸せになれるように

地獄には落ちない

2017-02-24 | ぱふぱふ日記
私は当時、心優しいクリスチャンの方から
「あなたの夫は神の意志に背いて自らを殺したのだからそれは重罪で、
地獄におちるのではないですか」と言われたことがありました。

生きづらさを感じながら頑張っていた、
最期まで何かしらの悲しみをひとり抱えていた、
これ以上迷惑をかけられないなどと考えて自分を断罪してしまった、
そんな人達が地獄におちるようじゃ……そもそも神様がいないよ、と思います。
罪があるというなら、
無神経に故人を傷つけた人たちの罪と
助けきれなかった私達の罪と
逝ってしまった彼らの罪、
そして故人をろくに知りもしない癖に安易な事を抜かす(口悪いな(笑))人の罪は大差なくて
彼らが地獄におちるなら、全員死んだら地獄しかないってことだと思います。

心優しく常識的な人にも思い込みからの偏見があって、
そういう人のする軽蔑や非難やお説教は
時に、非常識で分かりやすいバカな人よりもずっとタチが悪いです。
でも、逝った人に罪はありません。
間違った行動だけれど、そこに吸い込まれた故人は不運だっただけです。
努力不足でもないし
自業自得でもないし
意気地なしでも卑怯者でもありません。
それは、愛してきた遺族にはきちんと分かる事、それで十分だと思います。

そして、遺族はそういう偏見にいちいち心を傷つけられることなく、
相手にしない強さを身につけて、いい意味での鈍感さを身につけて、
同じようなことは沢山あるけれど、そのたびに落ち込んだり生きる気力をそがれたりしないよう
強くなっていくのがいいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花かご会のお礼 | トップ | 積み重なる苦難の前で »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地獄の苦しみのよう (たかりん)
2017-02-24 22:35:37
ついこの間 ジャンヌダルクのように頑張る!なんて言ったのに、ひとつずつ乗り越えようとする度に怖さと苦しさが積み重なって 今日は地獄かと思うほど苦しく 力が入らず 精神が崩壊しそうでした。夕方にパフパフさんの新しいお話を見つけて ホッとして少し落着きました。波が有るのだといい聞かせて、パフパフさんの言葉のように強さと鈍感さを身につけて強くなりたい。明日はきっと今日より 楽にこえられますように…。グットタイミングで助けて下さって ありがとうございます。
Unknown (たかりん)
2017-02-27 10:43:41
娘と前に進もうとしている矢先、老親の健康問題が出てきました。いつかは向き合わないといけない事 どうしてこのタイミングで…。こっちの道を選べば 親を見捨てる事になる。
天国に行ったあなた、助けてよ。
きっとみんな もっと大変なことを抱えて 頑張ってるんですよね。
早く時が過ぎて 夫のいる天国に近いところまでいきたいな
たかりんさんへ (ぱふぱふ)
2017-02-27 11:17:12
絶対無理なところに、それでも重なって来るあれこれ……
そもそも自死遺族という立場が絶対無理なものなので、大きな波が来るときに余力がなさ過ぎて途方に暮れますね。
精一杯やっても、絶対こなしたいと思う分の10分の1も出来ないということがよくあって、私はそういう時は、その自分を受け入れることが一番大事だと思います。
精一杯やっている、出来る限り全ての力を尽くしている、それでも全然うまくいかない、その状況でも生き続けている自分を「偉い、本当に偉い」と心でほめ続けていました。
「もっと」大変なんて、自死遺族の大変さは既にメーターが振りきれているから、あるかどうかも分からないけれど、くじけないように、くじけないようにもがいて、歯を食いしばっている仲間は本当に沢山います。
張りつめているたかりんさんが、少しでもホッと息抜きできる時間が持てるよう願っています。

Unknown (たかりん)
2017-02-27 14:07:50
パフパフさん 愚痴ばかりの私にお返事下さってすみません。本当にありがとうございます。私、精一杯頑張っているだろうかと思いました。起きてくる困難に頭を抱えて考えこんでばかりで気力が削がれて身動き取れなくなってる。
自分を誉められる位、こんなに頑張ってるよと、言える位、立ち向かって這いつくばって頑張ってみないと …それからですね。ありがとうございます。とにかく 出来る事から頑張って行動してみます。
たかりんさんへ (ぱふぱふ)
2017-02-27 14:57:33
たかりんさん、たかりんさんがしていることが足らないのではありません。
あまりにも気が重くて身動き出来ない、そんな状況を生きている自分を褒めるんです。どう動いたって無理だ、こんなの乗り越えられっこない、と砕けた心が叫ぶのを、頭で否定して、心が再生するまでは頭で導くんです。
感情は重傷すぎて崩壊しているような状態なので、気分とか、気持ちとか、希望とか、なんとなく湧き起こるものに支えられる部分がゼロどころかマイナスですよね。だから起き上がるのも出来ないし、目の前にある簡単な作業さえも無理な気がしてしまう。
日々朝がくればなんとなく明るい気持ちで、すがすがしく深呼吸して起き上がれたのは、人生に平和や幸せや希望があると信じていて、あれこれあっても互いに愛し合う日々が続くと信じていたからで、現在朝も気が重く悲しく辛いのは、そのどれも感じられなくなっているからだと思います。
人ひとり亡くなったのだから、生活にのしかかる影響も甚大ではありますが、悲しみや苦悩がなく、他人事として仕事としての処理なら割とどうにかなります。本当は誰かがそばにいて、全てを代わってやってくれるといいのだけれど、それも望めないから、心の動きを封印して、ただ頭で動いて自分を助けるのが良いと思います。
私はそうして日々たんたんと片付けていくようにしました。一番苦しかった時、お皿洗いに動いてくれた手、料理に動いてくれた手、頭に命令されて動いただけですが、その自分の手が生活を軌道に乗せて自分を助けたと感じています。
たかりんさんが頑張り足らないのではなく、本当にどうしようもない、手も足も出ない状況におかれても生きている事をまず褒めて褒めてほしいです。そしてそんな苦しみに耐えている自分を救うために、頭で体を動かして、感情はついてこられないけれど、頭で判断する「すべきこと」「した方が良いこと」をするようにしたら良いと思います。

愚痴をこぼしながらでも、毎日泣きながらでも、とにかく生き続けて歩んでいけば、必ずもう一度明るい道に出ます。心から応援しています。
Unknown (たかりん)
2017-02-27 16:32:02
本当に 朝目覚めた時から空しくて、カーテンを開けても 顔を洗っても トイレに行っても ずっと夫が離れないし、過酷な運命を越えられるかと いちいち不安と悲しさが覆い被さって 来て毎日辛いです。でも パフパフさんがこんなに丁寧にお返事を下さって 一人じゃない嬉しさと何とかなるのかもと 少し楽になった気がします。ありがとうございます。
何ひとつまともに出来そうに無いけれど、こんな過酷な運命を生きてるだけでも
偉いと誉めていいんですね。そして心の動きを封印して、いちいち感情をのせないで、仕事としてたんたんと片付けていくこと。感情に振り回されっぱなしなので、これを心がけてひとつひとつ、やってみたいとおもいます。どうか乗り越えられますように…良い方向に進めますように。パフパフさん、本当にありがとうございます。

コメントを投稿

ぱふぱふ日記」カテゴリの最新記事