もういちど、がんばるために

自死遺族です。
いつか乗り越えて
もう一度心から笑えるように
もう一度幸せになれるように

自分の道を歩む

2017-04-21 | ぱふぱふ日記
今日は、大好きな料理研究家さんの出版記念セミナーに行ってきました。
この方のレシピブログがあまりにも可愛くて綺麗だったから、私は再びお菓子作りやお料理を楽しめるようになりました。
自分の提供していた食事の栄養の偏りが、亡夫の病気を悪化させたのではないかという罪悪感で台所に立つのが怖くて、勉強して食育指導士資格などとってみたものの、長年なかなか立ち直れなかった部分を、彼女のレシピが励ましてくれました。
綺麗、可愛いに惹かれて見入って、そのうち作りたくなって、子どもたちが喜んでくれると楽しくなり、簡単だから負担にならず続けるうちに、ママ友達からお料理好きだと思われるようになり、野球グラウンドにデザートを持って行ったりして人に食べさせることも怖がらず出来るようになりました。

今日は、初めて見る生の彼女に心がいっぱい過ぎて、口を開くと即号泣しそうで(笑)ご挨拶さえまともに出来ず…
でもそんな自分も許してあげようと思う幸福感でした(*^^*)


私は今日、端っこの方の席でお話を聞いただけだけど、それでもこんなにパワーを貰えて、ひとつ解ったことがあります。

彼の死後、その死が何かの形で活かされなければ、私のその後の人生はあってはならない気がしていました。
でもそれは違うんだなぁって事です。
自分が自分の道を一生懸命生きることだけで、ちゃんと周囲を励ませるし、元気づけられるから、何も遺族であることを自分の鎖にしなくてもきっと大丈夫なんだろうなって思います。


実はお料理研究家の先生も一年前、弟さんを亡くされて、わたし達と同じ遺族です。それでも先生はお仕事のスピードを緩めず、毎日ほんわか温かな言葉を添えてレシピを届け続けてくれました。
私達には直接見えないけれど
それこそ血のにじむような頑張りや沢山の涙が、遠くの弱者や傷ついた者までもを癒すのだと思います。

アーユルヴェーダでは、食事内容の質を、素材の新鮮味や農薬使用などだけではなく、収穫されるときの空気や環境、作る人の人格や気持ちまでが良くあるべきだといいます。
その意味でも彼女のレシピは最高なんだと思います。


佳いものに触れて、私も迷っていたことが少しずつ晴れてきた気がします。
自分の道を転びながらも「好き」だとちゃんと感じながら、ちゃんと楽しみながら、バカでドジで頼りない自分のこともそのままに許して歩こうと思います。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑顔をとりもどす日 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む