My sweet heart ~ほっこり和む大好きなもの~

キレイなセレブママを目指す私の愛する「ひとものこと」。楽しい事好きなものを沢山集めます☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祝、入園決定☆

2006年08月24日 | Weblog

何だかんだと愚痴ったりしてましたが、九月から新しい幼稚園に通うことが決まりました

新しいとこは、通勤途中に少し遠回りして通るあたり。

カトリック系の落ち着いた園で、園長は男性(次は絶対そうと決めてた)で、系列の私立の中高で教鞭をとっていたとか。
今日の面接ではこちらの事情も全て話し、以前のとこを辞めざる得なかった理由も簡単に話した。
その上で、全て理解して受け入れます、と言ってくれた。
涙が出そうになった。
主任の先生も三歳児担任の先生、事務の方々も、非常に温かく迎えてくださって、帰り際には全員でなっちに手を振って声をかけてくれた。

以前のピリピリした緊張感漂う園とは正反対の雰囲気。
思い起こせば第一印象からして全然違う。説明会見学会で、あちらは笑ってる先生っていなかったしなぁ。。。
5年間一緒に通おうと共に誓ったるみちゃんには悪いけど、私は新しいとこで幸せになりますっ

ということで、励ましてくれた友達の皆さんご心配お掛けしました。
今度は失敗しないと信じて頑張ります

コメント (16)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

幼馴染み

2006年08月22日 | Weblog

実家でとっている読売新聞を見ていると・・・あ、Y子ちゃん
O温泉の某旅館の若女将として頑張っている幼馴染みの二つ年上の友達を発見
ふむふむ、温泉組合でISO取得のために委員会を設立して委員長!?
すごい、さすがY子ちゃん

彼女が地元のベンチャー企業で働いてた頃にはよく遊んでもらった。
思えば、夫との出会いとなったのは彼女がきっかけの一つやった。
もう5年近く会ってないけど、記事によるととても元気そう。
美人で頭がきれて達筆で、着物を着こなしたら女から見てもよろめくぐらい素敵
完璧な女性とも言えるぐらい私の永遠の憧れ。

久しぶりにY子ちゃんの顔見に行こうかなぁ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

海は広いな大きいな♪

2006年08月21日 | Weblog

毎日暑いですね。
プレスクールの中は、夏バテ防止の為28℃設定。
すごく暑くはないけど涼しくもない・・・っていう中で子ども達と一緒に頑張ってます。

お盆休みは12,13,14日、一日あけて16日。
しっかり子ども孝行しましたよ、勤労ママは

初日の12日は、前夜が延期になった花火大会を観覧していたのでそのままプレのお布団でお泊りし、朝から北山のサンマルクでブレックファースト。
その足で光悦寺までお墓参りしに行き、岡崎の国際交流会館に英語講師の募集状況を確認して、一旦帰宅。
お昼からは滋賀の軽井沢、信楽のタラオccの温泉で生き返り、遅めのリッチなランチ。
images

13日は皆で家の大掃除
ほとんど家に居らず、最低限の水周り掃除しかしてなかったのでそれはそれは・・・
家中オソロシイ状態になっていたので、一日頑張るとスッキリ快適になりました
その後は西友でお買い物。
水着、浮き輪、シート・・・。なぜって?それは・・・

14日は早朝出発して、目指せ日本海
生まれてはじめての大海に、なっちもすーちゃんも大興奮。
私も嬉しハズカシ10数年ぶりの水着姿
このふた月ほどで少し肉が落ちたことと授乳中故プチ巨乳
証拠写真を一枚だけ残しておきました
その後は夫の実家近くの温泉でほっこりし、墓参りをして日帰りで帰宅。


毎日変わり映えのない日々だっただけに、三日間充実した休暇だった。
家にいた時は一日が長くて茶碗洗いばっかりしてた気がするけど、仕事を始めると生活に変化があり家にいる時間が大切に感じる。
ママ友と喋ったりランチしたりお茶したりの専業主婦も気楽で楽しかったけど、やっぱり私は背筋伸ばして仕事するのが好き。
やりがいのある仕事をさせてくれる両親と家族に感謝


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

びわ湖花火大会

2006年08月12日 | Weblog
両親が西大津に移り住んで、早や三回目の夏を迎えた。
駅前のマンション建設ラッシュの中、うちのビルからは競艇場が間に入るので上手い具合に観覧可能。いつまで特等席かな~と気になりつつ、今年は延期で予備日11日に、父の幼馴染みのお友達と、叔父叔母なっちすーちゃんと共に屋上からの賑やかな花火大会となった。

images  images  images

本当は、8日に京都のプレスクールの子ども達がお泊り保育&花火見物に来る予定やったのだが、台風の予報により急遽中止。
結果的には雨一滴降らない涼しい夜だったので残念極まりないが、それは仕方がない話。来年にはうちのプレの子達で実行できたらいいのにな、と思っている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園のこと、失敗版

2006年08月09日 | Weblog

一年前の秋のこと。
三歳になったばかりのなっちを、春からどこの幼稚園に入れるか悩みに悩んであちこち説明会や見学会に参加していた。

散々考えて考えて決めた幼稚園。
それまで通っていた保育園と同じ宗派の仏教園で、教育理念に共感し、通園方法が「徒歩あるいは自転車等」とのがネックではあったものの、駐車場を探して毎日苦労しつつ通っていた。6月の半ばまでは。

プレスクールを始めることで登降園時間が前後する可能性があるので、担任の先生に軽く聞いてみた。すると、仕事内容を聞かれ、嘘をつく必要も無かろうと簡単に答えた。
その二週間後。
バタバタしていて大切な提出物をうっかり忘れてしまった。
それまでは模範的な母親?だったので、大目に見てもらえるかと明日でもよいかと担任に聞くと、あっさりNO。

大きなお金に関ることだったので、うっかりしていたのは認めた上で、申し訳ないが明日まで待って頂きたいと園長に頭を下げて何度も頼んだが、全く取り合わず。
更に私がだらしないと言われ、カチンときた。
非を認めて詫びている人間に対して、許さないだけならまだしも、人間性を否定するのは仏教園として如何なものかと反論した。
すると、その園長は汚い言葉で私を罵った。正門の前で、送迎の母親が大勢いる前で、私の腕をつかみ、なっちの目の前で大声で私がどんなに至らない母親か、子どもは親の鏡で、親そのものであるから、なごみが我儘で、扱いづらいのはあなた自身が映し出されているのだろうとまで言われた。

そこまで言われて、辞めさせて頂きますとしか言いようがなかった。
一晩泣いて泣いて、でもなっちの為には謝るしかないかと思っていると電話がかかってきた。
「なっちの荷物いつ取りに来ますか?今月分の給食費1500円必ずお支払い下さい」とのこと。絶句。
話し合いの余地はないのかと聞いても、「やめると言ったのはそちらでは?」と冷たく返答。

あまりのことに冷静になれず、後日夫に話し合いに行ってもらうと、手のひらを返したような反応だったという。思いやりに溢れたような言葉を並べられ、夫も「二重人格ちゃうん?」と呆れている。そして、どうやら私の仕事内容に批判的でありるのが、今回の根底にあるらしいとのこと。

園側の言ってることはもっともなことばかり。
古風すぎる傾向はあるが、基本的にはまぁ納得できる。
・子どもは小学校までは母親が手元で育てるべき。
・母親が幼稚園で頑張っている姿を見れば、子どもも母を認めて自分も頑張ろうと思う。
・母親を教育することで、子どもを教育するのがうちのやり方
・親が楽をすれば後からツケがまわってくる(←・・・)
・政府の子育て支援なんていうのは、母親の我儘を助長させるだけのもの。(←これは言いすぎ?)

私がやろうとしているプレスクールは、確かに親は楽かもしれない。朝預けて夕方迎えに来れば、お稽古事に連れて行く必要もなく、下の子の子育てなどにも専念できるし、親自身の時間を有効に使いながら、子どもにも色々な経験をさせることも出来る。
でも、金銭的な負担は幼稚園の比ではないし、外部講師を招いて受けさせる教育内容や、基本的生活習慣の確立など、家庭とは違った環境で家庭で出来ないことを多く身につけさせる場だと自負している。
洋服でも食べ物でも、出す金額に見合ったものを手に入れられるのだから、子どもの保育園だけが違う金額にもかかわらず一律同じ内容、と言うのもどうかと思う。

でも幼稚園とは違う土俵でやっているので、比べる必要はないと思っている。
だから、我が子を幼稚園に通わせることをやめる気も無かったし、集団の単位と目的が違うのだから、私はなっちを幼稚園に通わせたかった。

何度も足を運んで話を聞いて、考えて考えて、結果こんな園に行き、辞めてしまうことになった。経済的精神的な負担も大きかったけど、何より一方的に切り捨てたなっちのことはどう思ってはるのやろうと、二ヶ月経った今でも聞きたい。
悩んでいた期間、私の精神状態が悪くなり、なっちも不安定になりぜんそくが出て、その後一番弱いすーちゃんが肺炎で入院することになった。
全てを園のせいにするつもりは無いが、痛い失敗をしたと思う。
なっちには申し訳なくてしょうがない。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

プレスクール、開園しました!

2006年08月05日 | Weblog
オープンから早や10日余り・・・
ようやく気分的余裕が出てきたのでご報告させてもらいます

梅雨の終わり際の7月25日(先勝)、当日はまずまずの天気。
マンションのお友達7名も駆けつけ参加してくれたので、とても賑やかな初日でありました。
images    images   images   images
出来上がりすぎた人の採用をしなかったので、私のスタッフは皆フレッシュな先生達。私自身は出来るだけ保育に携わらず、実務は先生達に任せる方向で行こうと思うので、感性が近そうで人柄の良さそうな人を採った。
開園に際しお世話になったエンゼルネットとは、考え方は近いとはいえ別オーナーの違う園。長く研修に行ってもらったM先生には、これから私たち流にアレンジするための声掛けをしていかねばならない。真面目で理解力のある人だから、きっと私とも上手くやってくれるはず。


当日まずは子どもを動かしながら、京都のエンゼルネットの先生とM先生で保育士の動きの確認。
練習台になってくれたお友達に感謝!


後日、京都の子どもたちがデモ授業をに来てくれた。
見学者の方たちの反応もいい感じ。
でも、皆さん入園は9月から
今月中は台所事情ちょっと大変そう・・・


例えるならばジャスコのお惣菜でなく、伊勢丹や高島屋のデリを売りたい。
私が実際に売れるのは保育士の先生達の保育内容。
長く一緒に質の高い保育を提供してくれる保育士に育てていきたい。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ラブ&ベリー

2006年08月03日 | Weblog

毎日私の仕事に付き合い、一日プレスクールで過ごすなっち。
彼女なりに楽しんでいるものの、たまには休日を・・・と週末向かった先は滋賀のパラダイス「南郷水産センター」

私が最後に来たのは幼稚園の遠足。
30年の時を経て、変わらぬ姿で出迎えてくれた。
そう、釣堀のおじさんも切符切りのおばちゃんも(汗)

なっちが何を思ったか、「お魚の公園行きたい!」と言ったので足を運んだが、どうしてなかなか。風情?のある公営施設でありました。
「水のキレイなプール」やらザリガニ釣りやらある中で、彼女が選んだのは「金魚の手づかみ」コーナー@500円也。

逃げ惑い、泳ぎ疲れてフラフラの金魚を追い掛け回して捕まえる、それは過酷な遊び・・・と胸を痛めているのは界隈で私だけだったようで、楽しげな親子連れでエリアは賑わっていました。

なっちは着替えを持たずに行ったものの、全身ずぶぬれで約一時間川の中で金魚たちと戯れて。

隣のBBQコーナーからは、横のフナの手づかみコーナーで捕まえた獲物を焼いて食べている姿も。
images
何やかんやで、お土産に別容器から出された金魚2匹をお土産に岐路につきました。
貰ったものは仕方がない。
帰りにディオワールドで水槽とポンプのセット@1980円(安っ)を購入し、なっちに命名された二匹が我が家の一員となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世間はせまいな~

2006年07月15日 | Weblog

プレスクールをやるにあたり、四月完成マンションのテナントを工事してもらってるのやけど、スケルトン物件の工事を見るのは初めてでした。
って言ってもそんなもん見る機会のあるある人の方が少ないんやろうけど、これが面白い。

まず、コンクリの壁に板を貼り付け、窓の周りに枠をして、棚やら仕切りやらを先に取り付ける。(今はここまで出来てる)
その後、クロスやフロアを貼り付けて、電気工事や水周りをするらしい。
完全分業制で、その道のプロが進行状況によって入ってきはるということ。
業界の人にとっては当たり前なんやろうけど、全くの素人から見れば大工さんや職人さんがタイミング見計らってせっせと作業してるのに興味深々で、なっちじゃないけど横でしゃがんで覗き込みたいぐらい!

ここで父のやったことを一つ。
通常は、このような各職人さんの調整は工務店がやるのだと。
しかし彼は、恐らく掟破り?のバラ発注をしちゃったわけです。
大工仕事は幼馴染の友達に。電気は昔からの付き合いの電気屋さん。クロスと床は、マンション建てた時の業者で、入居者の入れ替わりがあるときに頼んでるクロス屋さん。水周りも同じく。。。

当然図面なんて書く人居てないわけで、何が出来るのか誰にも分からず。
ホンマにちゃんと出来んのかとかなりアヤシイ状態です。
入院中、不在にした間にマジ~ってことになった部分もあり、ここ数日現場近くに張り付いている。でも今日は昼から行った為、父にやられてしまった。。。
昨日綿密に計算して、大工さんに収納の大きさを頼んだにもかかわらず、「押入れ大きいしたったぞ。あんな狭いのあっけ!」と父に言われ愕然
もう直せへんし

でも、いい。
沢山子どもが集まれば、収納なんて、くつ箱なんて、入り口なんて、あるだけで十分です。。。

あ、表題の件ですが、父の幼馴染の大工さん。
聞いてみると、こないだまで私の友人yachiちゃん&華ちゃんのの実家を作ってはったとのこと。
同じ高島から来てはるんでそんなこともあるのだろうが、何か偶然で嬉しくなりました

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ行きたいなぁ

2006年07月14日 | Weblog

毎日蒸し暑くて嫌になるなぁ、と思いつつ、近頃またムクムクとゴルフ行きたい病が発症中・・・。
(半年周期と思われる)

知ってか知らずか信楽ccからはハガキにFAX、度々お誘いのご連絡。
先日は、「30代ゴルファー応援キャンペーン」と称し、
「27hole完全制覇プラン」セルフ・昼食付き10000円也なるものが。。。

気持ちだけはまだまだ現役!なので、夫に誘いをかけてみたが、
「体力無いでしょう?」と、あっさり却下。
毎日ベビーカーと三輪車両手に押して公園までお散歩して、
三輪車を左手にするあたり私ってイケてる?と
汗流し頑張ってるし、1.5ラウンドぐらい出来そうなものだが、
ビギナーの夫に流されたのも何だか悔しい。

そういえば、一昨日母が緑水亭のコンペで
聖子ちゃんの元夫と同じ組にしてもらって、
毎ホールボール拭いてくれはってん、と嬉しそうに話してた。
一回一緒にまわってみたいな~

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

似たもの父娘・・・

2006年07月13日 | Weblog

実家のマンションの1Fで保育園の仕事しようと思って早や四ヶ月。
ようやく今月の25日に プレスクール・Honeybees 開園出来そうな段取りです。
でも、やりたいこととやれること、またやらねばならぬこと、出資者父との意見の相違など、現在進行形で産みの苦しみの続く日々です。

昨日一昨日はNTTの電話設置日と折込チラシ日の兼ね合いで、あちこち電話してどうにか折り合いがついた。
今日は内装の工事で収納庫を作って欲しい私と、何も聞かずにさっさと友達の大工さんに頼んで明日で作業終了、という状況になってしまったことに一悶着
屋上公園の危険箇所の作業をしてくれたことに私が不十分だといって二悶着

作りたいモノに対するイメージが違うのだから仕方ないのだけど、私にやらせるのならある程度は聞いて欲しい。全く貸す耳ないし・・・
いつまでも健康で自分が頑張れる訳ではないし、そろそろ子どもを信用してくれたら?
今教えることを全て教えて裏方に回ってくれなかったら、本当に必要な時に私たちが困ることになるって解ってくれてるかなぁ。そんなこと考えたこともないんやろなぁ。
頑固な性格似てるのは確か。
謝り下手なのも然り。
でも、そんな親だから私も教師になりたいと思ったのやろう。
人生無駄なことなんでなにもないんだ、と自分に言い聞かせつつ、明日も頑張りマス

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加