光と闇

2016-10-17 22:39:25 | androp


4th album 「blue」

聴けば聴くほどはまる。


先行で出てた「Sunny day」のmusic video見たときは、

けっこうモヤっとしたんだけど、

album全曲聴いてみると、心の奥底にまでズシーンと来るものがあります。



今まで出した楽曲とは明らかに色が違うよね。

今まではキラキラした膜におおわれて、そっと寄り添ってくれてたのに、

その膜を破って、生きてる感情むき出しのまま襲いかかってきた、って感じ。


あんなに強い負の感情を経験したことがあるんだろうか?




自主レーベルになって初めてのalbum。

レーベルを立ち上げたからこそ伝えることが可能になったのか、

レーベルを立ち上げてでも伝えたかったのか、と、いろいろ考えてしまう。



昨夕、入院中の父親の様子を見てきた帰り、

日も暮れて暗くなった中、「blue」を聴きながら運転中の6曲目「Lost」、

泣けて泣けてしょうがなかった。

父親の具合が良くないせいもあってか、あの曲に慰められてる気持ちになった。



andropがいてくれてよかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振り返っても奴はいない | トップ | ツアー終了ですね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。