キミの笑顔が見たいから

ジャニーズファンの日記です。

次へ

2017-05-16 21:49:19 | 関ジュ
さて5/14は文ちゃん、こじゃくん、小島くんの「とれ関」でした。
こじゃが司会。それを確認して「こじゃかー、大丈夫か〜?」と文ちゃん(笑)

こじゃはジャニストのツアーに出てた。
けど、この回は文ちゃんのお仕事の話。

7月の舞台についてはこじゃが話を振ろうとしつつも結局しゃべっちゃう。
「台本はまだですけど、原作があるので話はだいたい入ってる」とのこと。役についてなどは「敢えて、言わんとく。ストーリーも言わんとく」と(笑)

SHOCKについて。
「昔はKinKi Kidsさんのバックにださしてもらったりしたけど、出てるっていうてもちっちゃいジュニアでわらわらしてるだけやから、関わりもなくて、今回個人で入って一緒にお仕事させてもらったというのは僕にとって嬉しいことでしたね」と。
光一くんについては「すごく、信頼してくれてたんか分かんないですけど、本番入ってからも”こうしてみようと思うねんけど”みたいな(言われて)分かりましたーというのはありましたね」と。すごいやーん。さすがやーん!

ただ「これを機に、文一くんがSHOCKに出る回数が増えるかも知れないですね」とこじゃが言った事に対し「いやもう今年で終わり」って言っちゃうのがね、どれぐらい本心なのか・・・?
「だって、初めてSHOCKに出る人で29才って初めてやと思うねん。全然踊ってなくて、体力も落ちてて、、、そんな人が出る舞台じゃない」とか「足なんかパンパンよ。あとちょっと、変なことしたら肉離れおきるんちゃうかって状態でやってたからね、最初の頃は」「でも本番入って慣れて、筋肉もついてきたけどね」でしょー、そうやって続けていかなくちゃ!!
なのに「おれがやってた位置とかはこじゃとか丈とかそこら辺がやればいいのよ。」ってさー「頑張らないとダメですねby古謝」「若い人達から選ばれないと!頑張って、みなさん」文ちゃんなりのエールかな。。。


「もう一つ気になったお便りがあって」と古謝が切り出したのは50Shades!のこと。
古謝の感想は「新たな文一くんが見られたなと。歌がすごく好きで存分に聞けたのが良かったです」でこじけんは「すごかったですよ、あれは。松竹座ではできないじゃないですか。それを堂々とやりきる姿がまずかっこよかった。」って(笑)
文ちゃん自身は「思い切りできたんで。ジャニーズ事務所にいたら制限されることもあるじゃないですか。お許しがでたんで、何に縛られるわけでもなく、ぼくは気持ちよかったです」

リクエスト曲は「Hey!和」なので、どう考えても古謝のリクエスト(笑)「初めてマイクを持って歌わせてもらった曲。大阪城ホールで、一緒のパートを歌ったのが神山くんで、今でも城ホールに立つと思い出します」

甘いお休みのコーナーはくじ引きのあと、なんだか挙動不審の文ちゃん。
「おまえ、はよこっちこいや、ねよーぜ。はよこっちこい、言うてるやん、おやすみ−」としゃくれ声(?)の文ちゃんでした。


改めて聞くと、もやもやは消えたけどリアタイしたときは、そんなにSHOCKにでてくないのかなって悩んでしまいました。
確か大阪でSHOCKのオーデションしたけど、合格したのはジャニフワで大阪にいた松田くんだけだったんだよね。関ジュからどれだけ受けたのか分からへんけど選ばれなかったと言うことを、心配してるんだなって感じることができました。でも、あのハマナカという役は文ちゃんだからこその役であって、他の子じゃまだできないと思ってしまいます。文ちゃんを贔屓してるんじゃなくて、関ジュの実力を考えると、ダンス一つにしても・・・なんだよ。

その辺を今回、龍太はひしひしと感じただろうな。というか殿はそれを感じて、得た物を関ジュに持ち帰れって言うけど龍太的には後輩の面倒をみるどころじゃない気もするんだよね。「歌舞伎」を足がかりに次に繋げたいだろうし。
でも今日の日誌で関西を盛り上げようと意気込みを書いてるし、乞うご期待ですね。

その点なら文ちゃんも一緒で、「頑張って」って言ってたけど文ちゃんだって次が確約されてるわけじゃないんだし、今年のハマナカからやがてライバルのハマナカ、なんならブンイチにもならんとあかんしね
文ちゃんの「ぶんぶんぶん」は何も言いません(笑)



昨日の21時台に2人から、23時頃web拍手をいただきありがとうございました。

web拍手を送る
『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふんだん | トップ | 淡々と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。