キミの笑顔が見たいから

ジャニーズファンの日記です。

踊りたいんだよ

2008-06-01 22:54:34 | ジャニ
「フルハウス」千秋楽見てきました。
5列目以内のむっちゃ前でしかもほぼセンター。近すぎてどうしようと思いつつ、1回きりなのでしっかり見てきました(^^)b

山里離れた山荘で奇妙な共同生活をして、って話なんで細かくかけないけど面白かった。
パナ(アンディ)の実家が梅干し屋さんでその手伝いに同級生の風ポン(せいや)がいて、せいやを連れ戻しに来た弟が翔央(りあむ)。りあむのバイト先・ピザ屋の店長がマチくん(ケムマキ)。
ケムマキがなかなか出てこないから心配したよ(笑)出てきてからは濃かったけどね。

笑いあり、笑いあり、最後にほろっとさせられた感じ。

そしてカーテンコールは風ポン仕切りで「一番しっかりしてる翔央から」で前に出かけたパナが仕方なく引っ込みました(笑)翔央は4人舞台と聞いて驚いたこと、怖い先輩(パナ)がいてどうしようかと思ったこと(風ポンから「ゲームだとタメ口だよな」と。「マリオカートだと米花死ねー、と言われます」とパナ)、多くのスタッフに助けられ、見に来てくれる人がいて出来たことなどを話しました。
そしていつもは多分、一人だけなんだけど「今日は千秋楽なので3人も」と風ポンの振りでパナから挨拶。次に風ポンがしようとしてマチくんが止めに入った、のはおそらくシメになるのがイヤだから(^O^;)そして感無量になって言葉がでてこないこともあったけど「嬉しいんです」とコンパクトにまとめてました。再度同じ出だしから挨拶を始めた風ポン。

一度帰って、また出てきて拍手まみれのまま口々に「ありがとうございました。」と言って帰って行きました。

次に粘ってでてきたのは風ポン、翔央、パナの三人。ここでかすかに笑い。でも負けじとまるで最初のカーテンコールみたいに「3人舞台と聞いて最初は驚きましたが、この3人でやってこれて良かったです」みたいな挨拶を順々にやっちゃいます(笑)
一通り終わった頃に緑のジャージ(ブラジルのユニフォーム?)で登場のマチくん。
「みんな(客席)は立って待ってるのになんでのんびり出てくるんだよ」と怒られたりケンカムードに。でも「3人ってなんだよ、4人だろ。なあ、れおん」と反撃。弟の名前を出されて答えない翔央。もう一度「れーおーん」と言われ「しょうおんだよ!」と反撃。更に「なあ、かざぽん。なあ、よねぽん」と言うマチくん。
一色触発になったところで一番上手側のパナが下手側のマチくんのとこに飛んでいってかばいます。「なんでジャージを着てるかってことだよ。」で考える風ポンと翔央。
「踊りたいんだよ」というパナと頷くマチくん。そこで表情が変わり「それなら、そう言ってくれれば」で「踊っていいのか!」と輝くマチくんと仲間達(笑)
ミュージックスタートということで本編と同じく「フラッシュダンス・What a Feeling」がかかり、踊ります♪本編は教官役のケムマキと生徒役のりあむだけで、やっぱりジャズ系のマチくんはきれいだなあと思っていたけど4人で踊ると4人とも上手よね。パナは当然としてパキパキ踊る風ポンも一生懸命踊る翔央も揃っていてきれい(^^)しかも4人でバク転か!とみせかけただけとか面白く締めてくれましたw
と、思ったら本編同様パナの歌が始まり(パナもマチくんも歌、うまくなったよね。ヒッパレの頃とか知ってるから)、♪ピータン~は誰が歌うかと言ったらやはりこの人次第と言われた今回の舞台だもんね、翔央でした(半分ヤケ?)。そして指パッチンを続けるから「これからいいとこなんだよ」って劇中台詞にあったとおり続きを歌うのかと思ったら「君だけに」の替え歌「ピータンだけに」(爆)もちろん振り付けはそのままだから、手拍子したいし踊りたいしで私の葛藤はかなり続いた(^◇^;)

歌が終わるとさーっとはけちゃって、間髪入れずに場内アナウンスが流れました。それでも負けずに拍手をしていたら出てきてくれて(パナがロンダート・バク宙をしたのはこのときかな?)、帰り際セットのドアを閉めずに待っていたのに翔央は別のとこからはけようとしたのでさみしそうなマチくんでした。

終了後、時計を見たら予定14:50より30分ほど遅かったです。本編のアドリブも長かったけど、わざわざ小芝居をいれて楽しませてくれたのが嬉しかった。東京千秋楽の様子をまったく知らないから余計に久々のサプライズを楽しめました。

ありがとう!
ただでさえ、東京公演から間が空いてプチ再演だの初演だの言っていたのに、更にこんなこともしてくれて♪v(*'-^*)^☆

本編のアドリブも「大阪~?ミナミ?キタ?ヒガシ?あ、ヒガシはない。良かったーヒガシは怖くて」って風ポンの台詞だったかな(笑)でも一応京橋あたりをヒガシって言ったりするんだよ!
とか「六甲おろしと大根おろしはイコール」って阪神ネタをいれたり、ケムシ(けむやましろうの略)の登場が新喜劇の寛平ちゃんだったり(杖を振り回して暴れるアレね)変えてきたんだろうなってのがあった。それにしてもケムシのマチくんはやりたい放題やったなあ。マジで他の3人が逃げながら怯えてたよ(笑)
やたらアンディがりあむに「ひよこのパンツ」って言ってたけど、何でだろ?私はそこで「真夜中のデート」かなんかそんなタイトルの番組でマチくんがイケメン高校生役なのにひよこのパンツ履いてるのをばらされたってドラマを思い出したけど・・・。

そんなわけで勢いで個人の感想。
マチくんは言うことないね。あの煙に巻くがぴたりと当てはまる役をやれるのはあなただけです!「鍋熱い。鍋あつー、ナベアツ?」で「1,2,さーん」とやってしまい、でも「4,5,6」は素通りで翔央がアレって顔しても続けて「7,8,9」
と言い「止めろよー」ってキレたかと思いきや「ごきげんさーん」か何かそんな言葉尻であほをやりまくってた。「みつを」風の詩を読んでみせたり、とにかく忙しかったね。だからといって変に絶叫するだけじゃなくケムマキという役の流れでおかしな人になっていたと思う。
パナは引きこもってるというより楽したいというのが分かりやすかった。そして単純なのもよかった。おかげで大学受験にチャレンジしようという気持ちになったんだもんね。それに友達に分け隔てないんだよね、根っこでは。りあむに自分のごはんをとられそうになって「返せ、3・2・1」って形相は怖かったよ。りあむもあまりの形相にびっくりしつつ笑ってた。というか、ピンクのひらひらエプロンりあむにその要求って(笑)
風ポンは器用と言ってしまっていいのかな。当て書きの台本だからかぶって見えていいんだろうけど、ごく自然にそこにいるの。台詞を言うぞー、リアクションするぞーじゃなくて会話劇のお手本のようなの。それでいてりあむからのパンツ攻撃に驚いて裏声使ったり使い続けて「疲れたから戻そうっと」とかアドリブだと思うんだけど、何気なくアドリブも入れてきてるんだよね。改めて自己紹介欄をみるとマチくんより2つほど下なんだけど先輩に思えるよ(笑)あと声が強いんだね。大きな声を出すと迫力がある。なんだか「Vaction」を見たくなってきた。芝居のアンコールとか(爆)
翔央が頑張ったね。今まで役付きで見てきた2作でも好印象だったけど、生舞台でしっかり出来る子だなあって改めて思った。個性の強いお兄ちゃん達に負けず存在感をだしてたもん。吹っ切れたかのような壊れっぷりもよかったし、後半の二役(?)も声色をよく分かってないからかも知れないけど別人のようで違いがでてた。それでいてカテコで目を潤ませていたかのように見えたのも可愛かった。

そうそう、前列だと風ポンの目も大きくてよく見えたよ(笑)今の髪型がコンパクトでさっぱりしてるし可愛かった♪

1セットで暖炉や井戸や杉の木があったりするのに、さらに映像も使ってました。携帯メールの内容はやっぱり見せなきゃわかりにくいもんね。あとの井戸に落ちたときの救出の仕方とかは普通に笑わせてもらいました。

こういう舞台って見ないと本当に分からへんのよ。だからこれをレポとは言えないし、私しか分からへん書き方をしてるのはよく分かってる。ただ意外と長くなったのは楽しかったから。このメンバーでやれたこともプラスに作用したね。また5年ごとかにその後の4人を描いても面白いかも。結局東大に合格したかどうかは分からへんもんね。


そしてこの公演前にJwebをチェックしました。
やっとすっきりしました。私は軽くファンだったからこそ早くけじめを付けて欲しかった。夢を見せる仕事でしてはいけないことをいっぱいしたから、戻ってきて欲しいなんてこれっぽっちも思いません。
それよりいわゆるデビュー予備軍のジュニアとは違う位置づけのユニットの扱いがやはり難しいなと思います。
これからも連載は続くけど、お仕事としてはどうなっていくんだろうね。


今日の5時頃にWEB拍手を頂きまして、ありがとうございました。
『ジャニーズ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛してます | トップ | 何しゃべってたの? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。