キミの笑顔が見たいから

ジャニーズファンの日記です。

んだ、んだ

2008-08-07 23:17:26 | ジャニ
色々ありまして、今日は「こんなんやってみました。」に行ってきました。

小さな劇場でしかも結構前で見たので双眼鏡なしでシゲの表情をしっかり見られました。
顔がちっちゃーい!

結局、どんな内容だったかというと上手く表す言葉がない。
一人芝居から落語からショートフィルムから朗読、カーテンコールで「歌とダンスはしない。それならライブに来いって話で、じゃあ何をするかということで声を使ったものをしよう」と話していたとおり、派手な演出ではなく声で表情を付けて7つの作品を表現してました。

ものすごく面白かった、ものすごくかっこよかった、と書けたらいいんだけど"ものすごく”はつかないかな。
ごめんね、変に頑固者で。やっぱりまだまだゆるいところもあって、これから色んなステージを重ねていって成長していくんだろうなと思ったの。
でも席が端だったこともあり気楽に見ていたんだけど、思ったのはシゲって男らしいなって。まだその男っぽさが出し切れてないけど、芯の強さとかそういう面ですごく男気を感じた。きっとタイトルにした「シゲ語」のせいもあるんだろうね。「~なんだ」って断定系で文章を書く、それがすごく分かりやすく伝わってくるし、だから見てみたいなって興味を持ったんだろうしね。

落とし物、少し古畑さんを思い出す仕草・口調があったね。でも受け売りでもいい話だなって思った。
定休日、優しさって考えて行動するんじゃなくて勝手に心が動くんだよね。シゲがすごく好青年に見えた。いや、きっと好青年(笑)
愚問、落語というのはやはりお江戸が設定なんでしょうか?色々疑問はあるけどそれはシゲの落語の腕前のような気がしてきたから書くのはやめる。KY=こんなんやってみました。うまい!
ショートフィルム、ワイルドシゲかっこよかった。バラとバイクもいいんじゃないの!?こんなんやってみたかったんです。のオチも好き。
鬱憤トイレ、文句なく面白かったのはこれだろうな。職務質問もシゲママもやるね(^^)続きが見たいかも(笑)
絆、これが両親とのエピソードなんだとシゲの言葉をじっくり聞きました。親ってすごいね。
オレンジの花、繰り返される「ひら、ひらり」という言葉。その時々で違っていて国語の本読みを思い出したんだけど、強弱・アクセントでこんなにも心の残り方が違うんだなってしみじみ感じました。

カーテンコールではエッセイを10編書いてくるように宿題が出た頃の苦しみとか東京と大阪の反応の違いとか、こんなにじっくりシゲを見たのは初めてだからよく分からないけど素のままで語ってくれました。真面目でまっすぐな感じ。
意外とこの挨拶が長くて8編って数えてもいいんじゃないかってぐらいでした。

そして拍手を続けていると下手側から出てきてくれて一言挨拶しただけで上手側にはけちゃったんだけど、そのはけ際にシャツを脱いでタンクトップだけになったの。もちろん「きゃー」って歓声がわいてました。


本日の18時頃にWEB拍手を頂きまして、ありがとうございました。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加