love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

年をとると・・・(苦笑)

2009-02-28 | インポート
新しい年を迎えて・・あっという間に一月が終二月も終わり・・・本当に「月日の経つのは早い!」

昔~~~「年をとると時間の流れを早く感じる・・・」と、たくさんのお年寄りの方たちから聞きましたが・・・私も最近そう感じます(笑)。
年をとった・・・ってこと?

さっき、主人が「確かにあれはここに置いといたと思ったけど・・」と一生懸命に探しものをしていました(笑)。

「あれ、どこに置いたかなぁ・・・」
「確かこんなのがあったはずなのに・・・」
「え~~っと・・・」
って言いながら、よく何かを探し回っている最近の主人(笑)・・・これも、年をとったということですよね。

私は、まだ「置いたものを忘れる」ってことはほとんどないのですが
「人の名前」が、思い出せないことがあります(笑)。
TVを見て「この俳優さんの名前は~~、え~~っと~~」

そして、とんでもない時に「あっ、○○さん~」と思い出したりして・・・(笑)。
自分で苦笑いしています~~。

お友達とそんな話をすると、皆さん「あるある~~そうそう」と口をそろえて言います(笑)。
それを聞くと、ちょっと安心したりもしてます(笑)。

「大切なお金をつぼに入れて縁の下に隠している・・・なんてことないわよね?」と、主人と冗談を言って笑っているこの頃ですが・・・

年をとると、いろいろありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでもお腹は空く・・・(笑)

2009-02-27 | インポート
朝から冷たい雨が降り続いた一日です。
2月も終ろうとするのに「この冬一番の寒さ」とかで、何もする気なし~~(苦笑)。

(そういえば・・・今週に入ってから一度も太陽の顔を見ていません=涙)

朝食を済ませて、お洗濯だけはしましたが、予定もないので「こたつ」にもぐりこんだら・・・いつの間にかウトウト・・・(笑)
目が覚めたら10時。

ネットで遊びながらショッピング~~♪
その後見落としていた映画を「WOWOW」で鑑賞。
途中「お腹が空いたなぁ・・・」と思っていたら、タイミングよく、主人が「はい、お昼ごはん。寒いから煮込みうどんにしたよ」と温かい愛情いっぱいのうどんを持って来てくれました~~♪

感謝していただいて~~映画が終ったらまたまたお昼寝(笑)。
実は・・・、
夜中に「絶対観たい映画」が二本あるので、そのために昼間に睡眠をとっておいたのです!(爆笑)

で・・・、夕方、主人が入れてくれたコーヒーを頂きながら「おやつ」~~♪
一日中、何もしないでいるのに・・・やっぱり「お腹は空くんですねぇ~~」・・・トホホ

夕飯の支度だけは「私がします!」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役所って・・・・、

2009-02-26 | インポート
確定申告の受付が始まって10日・・・そろそろ行かなければと思って用紙に記入し添付書類もそろえてあるのですが・・・
20年度だけでなく、19年度、18年度の修正申告もあるので時間がかかりそう・・・役所は空いてきたかしら?

ついでに「役所の税務課」に苦言を呈してきます(笑)。

2月の中頃に、突然、役所の「国民健康保険」の係りの方が訪ねて見えました。
「実は・・・・、確定申告の修正をしましたか? 税務課の方から書類が回ってきたんですが・・・」
そして、
「19年度の収入額の増額修正により、20年度の国民健康保険の額が変更になりました。今月、来月と、銀行口座からの引き落とし額が増えることを説明に来ました」
と言われました。

「何ですか?」と一瞬????

でも、思い出しました!

我が家は、三年前に主人がリタイアして「年金」を頂くようになったのですが・・・サラリーマンには「妻の加給年金」がつくケースがある・・・ということを失念していて、気がついたのが昨年だったのです(苦笑)。
「わ~~っ~大変!」とあわてて手続きをして「支給」を受けたのですが、18年、19年、20年分と、遡っての支給でした。

「ボーナスだぁ~~♪」と喜んでいたんですが・・・、

先日、「年金額が増額」になったことを、支給先の機関から役所の方に連絡があったとかで、こちらが「修正申告」をする前に「18年度、19年度の市町民税が増額になりましたので、2月2日に引き落とします」という「手紙」が税務課から来ました!

役所は取り立てるときは早い!(苦笑)

普通は、こちらが「修正申告」をしてから「計算のしなおし」をして連絡がある・・・と思いますよね?!

で、「国民健康保険料」も増額になった・・・ということだそうです。
国保の係りの方は「手紙だけ送っても失礼だと思い、こうして説明に上がらせて頂きました」と訪ねて来てくださったんです。
対面での説明を受ければ「わざわざすみません」とお礼を言い、気持ちよく支払いができますが・・・、

税務課のように「一方的」ともいえる通告だとちょっと怒りたくなりますよね(苦笑)。

支払わなければならないものは払います!
でも住民感情を無視しないで!(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退職の日・・・

2009-02-25 | インポート
妹の家には「ムー」という名の「猫ちゃん」がいます。

この「ムー君」は、ちょっと過保護に育てられているせいか、しょっちゅう「入院」をしています(苦笑)。

やれ「お腹を壊した」、外へ遊びに行って「ケンカで負けてケガをした」、「熱がある」・・・(笑)。
今も、ひどい吹き出物とかで「入院中」です。

「あまり可愛がりすぎるからひ弱な子になってしまうのよ。もっと逞しく育てなければ駄目よ、人間の育児といっしょなんだから~~」と言う私に、妹はこう言いました。

「私が長年会社勤めをして、退職をした日に、玄関で迎えてくれたのはムーだけなの・・・。粗末にはできないわ」・・・ですって!

妹が退職した日は、平日。
義弟も甥も姪も仕事で家にはいなかったとか・・・仕方ありませんよね・・・でも、妹にしたらちょっと寂しかったんでしょうね(苦笑)。

よくTVドラマとかで、一家の大黒柱のお父さんの退職の日に「花束を持って家族一同」で出迎えるシーンがありますよね。
妹は、そんな光景を期待したんでしょうか~~(笑)。

そういえば~~、
我が家のその日は・・・、
「ただいま~~」と帰ってきた主人を玄関で出迎えた私。
「三つ指」をついて「お帰りなさい。長い間ご苦労様でした。」と迎えました~~♪
あれから、もうすぐ三年・・・早いものです。

退職の日・・・皆さんはどんな風に迎えて欲しいんでしょうか?
あるいは、どんな風に迎える予定なんでしょうか?
こうしました~~ってお話聞きたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェンジリング(CHANGELING)

2009-02-25 | インポート
クリント・イーストウッド監督とアンジェリーナ・ジョリーが、心に残る感動を与えてくれた映画が「チェンジリング」です~~!

1928年、ロスで起こった「本当の話」の映画化ですが、次々と表面化する様々な事柄に、二時間半という時間が長く感じられないストーリー・・・!
まさに「真実に勝るものはない!」の言葉どおりです。

息子を思う「母の愛情」が、人々の心を動かし、行動させ、体制までも変える。・・・「母は強し」を実感!

以下ネタバレ~~、

ある日、仕事から帰ったクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子がいなくなったことを知り、行方不明だと警察に捜査を依頼するが、24時間を過ぎないと捜査は開始されないと知らされる。

それから数ヵ月後、イリノイ州で「発見された」と、警察が連れてきた息子は「別人」だった。

母であるからこそ分かる「息子との違い」を訴えるクリスティンの言葉に耳もかさず「息子である」と言い張る警察。

息子を自分の手で抱きしめるまでは絶対にあきらめないと訴え続ける母を、「精神異常」として病院へ強制入院までさせる警察・・・それは、汚職、賄賂、怠惰・・・乱れ狂っている警察当局の内情を隠すための」ものでもあったのです。

大きな圧力と戦う母の愛の強さに、やがて人々の心は感動し、言葉に出し、行動を始めます。

が・・・数年後、その母に「一番恐れていた情報」・・・それは「20人もの子どもを誘拐し殺した」という人物の逮捕です。

その中の一人が、息子「ウォルター」である確率は高いのですが・・・母は「息子は絶対にどこかで生きている」と固く信じ、一生探し続けるのです。


「母の愛」と「真実の物語」であることが、観る人に「深い感動」を与えてくれる映画でした~~!

それと~~、
1930年代のロスの風景、車も街並みもファッションも、とってもステキでした~~♪

(チェンジリング(CHANGELING)には「取りかえられた子ども」の意味があるそうです。 「妖精がさらった子どもの代わりに置いていく醜い子ども」の伝説からみたいです)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェンジリング(CHANGELING)

2009-02-24 | 映画

クリント・イーストウッド監督とアンジェリーナ・ジョリーが感動を与えてくれた映画が「チェンジリング」です~~!

2009_02240005 1928年、ロスで起こった「本当の話」の映画化ですが、次々と表面化する様々な事柄に、二時間半という時間が長く感じられないストーリー・・・まさに「真実に勝るものはない!」の言葉どおりです。

息子を思う「母の愛情」が、人々の心を動かし、行動させ、体制までも変える。・・まさに「母は強し」です。

ある日、仕事から帰ったクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子がいなくなってしまったことで警察に捜査を依頼するが、24時間を過ぎないと捜査は開始されないと知らされる。

それから数ヵ月後、イリノイ州で「発見された」と、警察が連れてきた息子は「別人」だっ2009_02240007た。

母であるからこそ分かる「息子との違い」を訴えるクリスティンの言葉に耳もかさず「息子である」と言い張る警察。

息子を自分の手で抱きしめるまでは絶対にあきらめないと訴え続ける母を、「精神異常」として病院へ強制入院までさせる警察・・・それは、汚職、賄賂、怠惰・・・乱れ狂っている警察当局の内情をあばかれないためでもあったのです。

やがて、大きな圧力と戦う母の愛の強さに、人々の心は感動し、言葉に出し、行動を始めます。2009_02240008_2

が・・・その母に「一番恐れていた情報」・・・それは「20人もの子どもを誘拐し殺した」という人物の逮捕です。

その中の一人が、息子「ウォルター」である確率は高いのですが・・・母は「息子は絶対にどこかで生きている」と信じ、一生探し続けるのです。

「母の愛」と「真実の物語」であることが、観る人に、「深い感動」を与えてくれる映画でした~~!

それと~~、

1930年代のロスの風景、車も街並みもファッションも、とってもステキでした~~♪

(チェンジリングには「取りかえられた子ども」の意味があるそうです。 「妖精がさらった子どもの代わりに置いていく醜い子ども」の伝説からみたいです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七つの贈り物・・・・

2009-02-24 | 映画

いつもコミカルで明るい役柄が多く、「普段はとんでもないロマンチスト」だと本人が言ってい2009_02240003 る「ウィル・スミス」が、ダークでヘビーなストリーの主役を演じている映画です。

「自分を捨てた究極の愛の行動。この映画を作っている間中、死について毎日考え、つらかった・・・」とも言うウィル・スミス。

この映画は、絶対に「ネタバレ」をしてはならないと思いますので・・・感想を書くのがむずかしいのですが・・・(苦笑)。

ウィル・スミス演じる「ベン・トーマス」は、あることをきっかけに、人生の暗い部分で生きてゆきます。
そして、何の関わりもない「ある資格を持った七人」に、彼らの人生を永遠に変える「贈り物」を渡そうとしているのです。2009_02240001

すごいエンディングは、世界中の人々に「物議」をかもすだろう・・・と、監督(カブリエル・ムッチーノ)は覚悟をし、全身全霊を注いだそうです。

映画の最初の部分では、現実と過去、あるいは彼の行動、出場する人物との関係・・・なかなか理解できませんでした。
物語が進むにつれて、彼の涙、苦悩、生き方、計画・・・少しづつ明らかになっていきます。2009_02240002

最後に「空極の贈り物」が分かると観客に衝撃が走ります!
というのがパンフの文ですが・・・私は途中で「こうなるのでは・・・」と予想がついてしまいましたので、「やっぱり・・・」という感じでした(苦笑)

この映画は、「テーマの重さ」「重要性」「意外性」「ウィル・スミスの演技力」なんかを含めると「お進め」の一つです~~。
2009_02240004
私は・・・、
主人公のからの最後の贈り物・・・分かっていたら「受け取れない」と思います。

あなたは、愛する人のために「命」を投げ出すことができますか・・・?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛する人のために「命」を投げ出すことができますか?

2009-02-24 | インポート
「七つの贈り物」・・・・
観てきました。

いつもコミカルで明るい役柄が多く、「普段はとんでもないロマンチスト」だと本人が言っている「ウィル・スミス」が、ダークでヘビーなストリーの主役を演じている映画です。

「自分を捨てた究極の愛の行動。この映画を作っている間中、死について毎日考え、つらかった・・・」とも言うウィル・スミス。

この映画は、絶対に「ネタバレ」をしてはならないと思いますので・・・感想を書くのがむずかしいのですが・・・(苦笑)。

ウィル・スミス演じる「ベン・トーマス」は、あることをきっかけに、人生の暗い部分で生きてゆきます。
そして、何の関わりもない「ある資格を持った七人」に、彼らの人生を永遠に変える「贈り物」を渡そうとしているのです。

すごいエンディングは、世界中の人々に「物議」をかもすだろう・・・と、監督(カブリエル・ムッチーノ)は覚悟をし、全身全霊を注いだそうです。

映画の最初の部分では、現実と過去、あるいは彼の行動、出場する人物との関係・・・なかなか理解できませんでした。
物語が進むにつれて、彼の涙、苦悩、生き方、計画・・・少しづつ明らかになっていきます。

最後に「空極の贈り物」が分かると観客に衝撃が走ります!
というのがパンフの文ですが・・・私は途中で「こうなるのでは・・・」と予想がついてしまいましたので、「やっぱり・・・」という感じでした(苦笑)

この映画は、「テーマの重さ」「重要性」「意外性」「ウィル・スミスの演技力」なんかを含めると「お進め」の一つです~~。

私は・・・、
主人公のからの最後の贈り物・・・分かっていたら「受け取れない」と思います。

贈り物を受け取った二人の男女が出会いハグをする場面・・・お互いに相手の中に「彼の心」を感じたことでしょう・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分はグランマ~~♪

2009-02-23 | インポート
姪がママになったのは1月中旬~~。
早いもので、もう一ヶ月と一週間が過ぎました。

生まれて直ぐに見たベビー、十日後、三週間後、そして今日・・・会う毎に大きくしっかりしてきて、本当に可愛い~~♪

30数年ぶりの赤ちゃんは、小さくて壊れそうで・・・抱くのも恐かった(笑)。
でも、だんだん昔のことを思い出して気持ちにも余裕が出てきました。

今日会いに行った時は、ちょうどミルクを飲み終わり、お腹がいっぱいになったときでした。
まだ目ははっきりと見えないと思うのですが、私の顔を見て「ニッコリ」~~♪
↑本当です!(笑)。

「きゃぁっ~~~可愛い~~~♪」

しばらくだっこしたり、話しかけたりしていたら、目をパチパチして大きなあくび~~~(笑)
そのうちに眠ってしまいました。

ベビーの寝顔を見ていると心が和みます~~♪
まるで「天使」~~♪

「本当のおばあちゃん」になったような幸せな時間でした~~♪
ありがとう~~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園でランチ~~♪

2009-02-22 | インポート
春の陽射しいっぱいの今日は「公園でランチ」にしましょう~~と、主人と二人で近くの公園まで行きました~~♪

この公園は「しだれ桜」がとってもきれいなんですが・・・まだまだ「冬眠中」~~(笑)。
「ソメイヨシノ」「大島桜」のつぼみも「固い」!
でも「河津桜」がきれいに咲いていました~~♪

小さな池と芝生広場の周辺は「竹林」になっていて、ちょっといい雰囲気の公園なんです。


晴れて気持ちのいい日曜日なのに・・・誰もいない・・・(苦笑)。
主人と私の「二人占め」~~~♪

サンドイッチとおにぎりのランチでしたが、家で食べるより「おいしく」感じるから不思議ですよね~♪

こんな小さな幸せですが、感謝・感謝~~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園でランチ~~♪

2009-02-22 | 日記・エッセイ・コラム

この頃、太陽の光が一段と明るくなってきたような気がしますね~♪

そんな明るさに誘われて、「ランチは公園で食べましょう~~」と、主人と二人で近くの公園へ2009_02220002 2009_02220010 出かけました~~♪

ここは「しだれ桜」がとってもきれいなのですが、まだまだ「固いつぼみ」でした。

三月の下旬から始まる「しだれ桜の宴」の頃を楽しみに待ちます。

公園にある数少ない「河津桜」は満開~~♪

日曜日なのに、公園には誰もいませんでした! 私と主人で「二人占め」~~(笑)2009_02220014

と思ったら・・・「一羽のカモ」が・・・?

と思ったら・・・「置物」でした~~きゃははは

2009_02220004 この公園は「竹林」もきれいなんですよ~~♪ ピンクの桜と緑の竹~~~爽やかな風景でした~~♪

2009_02220008

2009_02220009 「大島さくら」の古木です。

毎年、きれいなお花をたくさんつけて楽しませてくれます。

主人が一番好きな桜の木です。

よく見ると・・・枝の分かれ目に「みかんの木」が!

宿り木です・・・木のためにはよくないんだそうですが・・・このままにしておくのでしょうか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の宴~~♪

2009-02-21 | インポート
神奈川県・湯河原町にある「梅林」は、今日「満開」になりました~~♪

そして「夜のライトアップ」も始まりました~~♪

夜は「駐車場」も「入園料」も無料になるので、寒いのをガマンして行ってきました(笑)。

この「梅林」は、遠く伊豆半島や相模湾を望む小高い山の斜面に4000本の紅白の梅が植えられていて、開園して18年目の年を迎えました。
「ロッククライミング」の練習にも使われている「岩山」を背景に「梅のじゅうたん」が広がる風景は、とってもきれいですよ~~♪

ライトアップされた梅林は、昼とは違った「幻想的」な美しさを見せてくれます。
でも、ライトの数が少ないので、「岩山と梅」という全体の風景はちょっと見難いです・・・。
もう一工夫あるといいのになぁ(苦笑)。

梅の宴の詳細は、こちらでど~ぞ↓。
http://www.yugawara.or.jp/umenoutage.html

(ライトアップされた夜の梅は、Blog=lobeにUPしましたのでご覧下さい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅の宴~~♪

2009-02-21 | まち歩き

Photo

←紅白の梅が作る「じゅうたん」~~♪

神奈川県・湯河原町の「梅林」は、園内が解放されて今年で18年目を迎えました。

2月中旬から3月初めにかけて、山の斜面一面に4000本の梅が咲きほこり、あたり一面「梅の香」に包まれます~~♪2009_02210035

今年は暖かいせいか、今日「満開」になりました~~♪

そして、夜の「ライトアップ」も始まりました。

一昨年から「梅の手入れの費用」にするために「入園料=200円」を払っての「梅見」になりましたが(笑)、夜は駐車場も入園料も「無料」です~~♪

2009_02210020 ちょっと寒いのをガマンすれば・・・ライトアップの「梅見」はお得です(笑)。

ライトアップ初日の今日は、風もなく穏やかでしたので、ちょっと見てきました~~。2009_02210023

ライトの数が少ないので、斜面全体を見ることはできないのが残念!

もう少し工夫がされると、もっと良くなるのでしょうが・・・まぁ、夜は無料ということは・・・昼間がメインということなので仕方がありませんね(苦笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意味が分からないんですが・・・(苦笑)

2009-02-20 | インポート
ショッピングセンターで知人に会いました。
彼女とは数ヶ月ぶりくらい・・・。

遠くから「あら~~っ~~~harusan!
良かった~会いたかったのよ~」とニコニコ笑顔で飛んできました。

そして~~、
「おめでとうございます~~♪」と言うんです!
「何・・・???何のこと?」とビックリしている私に、
「広報紙で見たわよ。人権擁護委員でしょう!」
と大きな声で・・・(苦笑)。

「harusanを、法務大臣に推薦することが議会で承認されました。」と今月号の町の広報紙に載っていたことを言っているのです。

おめでとうと言われることではないと思うけど・・・(笑)
「副町長から声をかけて頂いたので勉強しながら務めさせていただくつもりなので、またいろいろ教えて下さいね」と答えました(笑)。

「harusanみたいな人を何もさせないで放っておくことはおかしいと思っていたのよ!これで良かった~~。
お電話しようかと思ったのよ」
って、一生懸命に話す彼女・・・(苦笑)

ありがたいお言葉なんですが・・・、おめでとうと言われると・・・意味が分かりません(笑)。

彼女は「詩人」なんです。
著書を頂いたことがありますが・・・、
時々、その感覚を「凡人の私には理解できない~~」と思うことがあります(笑)

多分、純粋に「harusan頑張って!」と応援してくれる彼女なりの言葉だろうと思って~~(笑)、
ありがとうございます~~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すでに葉桜~

2009-02-20 | 日記・エッセイ・コラム

葉桜に~ まだまだ「大雪」の予報が出ている地方もあるのに・・・、私の散歩道にある早咲きの「河津桜」は、盛りを過ぎて「葉」が出始めています。
葉桜に~今、きれいなのは「おかめ桜」~~♪

もうすぐ「ソメイヨシノ」も「しだれ桜」も咲き始めるでしょう~~♪

桜って種類が多いので、探すと結構長く楽しめますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加