love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

私っておいしいらしい~~~(笑)

2007-07-31 | インポート
「蚊にさされやすい体質ってあるの?」

私は、他の人より「蚊」にさされる度合いが多いみたいです(苦笑)。
主人といっしょにいても、なぜか「私ばかり」さされます!

主人曰く「harusanはおいしそうなんだよ~~」・・・コラッ~!!(笑)。

刺されると痒くて、つい掻いてしまいます。そうすると、赤く腫れるんです!
ひどいときは「熱」をもつくらい・・トホホ

蚊取り線香、電気蚊取り器、殺虫剤、虫除けスプレー・・・市販されているものは、すべて使っています(苦笑)。

先日、「蚊にさされやすい人はどんな人?」という記事を見ました。
ネットでも調べました。

が・・・私にはまったく「当てはまりません!」

↓蚊に刺されやすい人は~~、

血液型がO型の人。
未成年、10代、20代の順にさされやすくなる(60歳以上の人はあまりさされないのだそうです)。
男性が女性より刺され易い。
メラニン色素の多い人(色の黒い人ほどさされやすい)。
体温の高い人。
汗をかきやすい人。

こんな結果が出ているようなんですが・・・

↓私は~~、
血液型はB型です。
年齢は60歳を越えてます。
女性です(笑)。
色の白いのだけが取り得です(笑)。
体温は低い方です。
汗をかくのも普通くらい。

まったく反対の私が、「なぜ刺されてばかりいるの?」
やっぱり主人の言うように「おいしそう~~」だからなんでしょうかねぇ~~(爆笑)。

結局、蚊は「二酸化炭素の排出量の多い」人に寄ってくるらしいのですが・・・。
そうなると・・・私って「地球温暖化」の原因にもなっているの?~~(汗)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何でも見てやろう~~

2007-07-30 | インポート
「ベ平連」と「何でも見てやろう」・・・この言葉で代表される「大田 実」さんが亡くなられました。

彼の著「何でも見てやろう」が出版されたのは、もう30年以上も前。
この本の題名が「好奇心旺盛」の私の心にピタッと来たんです(笑)。

夢中で、一気に読みました~~。
彼の目線で見た世界中の国々、人々・・・「世界中には、こんなに楽しくて不思議で魅力のある国がたくさんあるんだ!」
「絶対にそんな国を旅したい!」と「大きな夢」を持ったのもこの時でした。

その後の彼の活動=反戦・反核などの国際的な市民運動の様子を新聞やTVニュースで見聞きしながら、「彼が貧しい世界中の人々と直接に触れ合って感じたこと」・・・つまり「何でも見てやろう」の内容が「原点」になっているのだと思いました。

そして、私の「夢の原点」でもある本。

はちきれそうな好奇心を持って行く「外国」~~、
「観光」という目的だけではなく、その国でホームステイし日常の生活を体験したり、ボランティアをしたり、学校を訪問したり・・・いろいろな形で訪れている国々・・・
現地の人たちに「そんな体験まで?」とあきれられることもある、まさに「何でも見てやろう」精神で楽しんでいます(笑)。

これからも、旅だけではなく、日常生活でも「良き好奇心」を忘れずに日々を送って行きたいと思っています。

大田 実氏のご冥福を心よりお祈りいたします。合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴船まつり~~♪

2007-07-30 | 日記・エッセイ・コラム

毎年7月27日・28日の両日に行われる「貴船祭り」。

宮城県・塩竈神社、広島県・厳島神社と並ぶ日本三大船祭りの一つである「貴船祭り」。

国指定重要無形民族文化財である「貴船祭り」。

神奈川県の西部にある「小さな町の祭り」です~~。

神輿が神社から「海を渡って」村里にお出ましになる「船祭り」であることから、「船」の競演が見ものです~~♪

2007_0727matsuri0104

←「小早船」

東西に華を競う祭りの主役の船です。満艦飾の舳先には「裃」を着けた「舳乗り」が微動だもせずに座っています。大変な役割です!

船体を左右に大きく揺さぶりながら向きを変えるときは、観客はハラハラ・・・

この小早船の「水浮け」(進水)や、組み立てた屋形の安全性、操船には熟練した技術が必要とされます。漁業と石材運搬業が主産業であった町ならではでしょう。

→「回伝馬」

神輿の海上渡御の際に、「神輿船」「小早船2隻」「囃子船2隻」を曳航する大型の伝馬船で、こちらも2隻あります。2007_0727matsuri0030

曳航の途中からは「競漕」も行われ、私が子どもの頃には「町が東西」に分かれての応援で、漕ぎ手に多大な期待がかけられたものです。

ちなみに・・・私の父は、この回伝馬の「リーダー」でした。舳先に立ち、大声で「応援歌」を歌い、漕ぎ手を叱咤激励していた姿・・・祭りの度に思い出し、涙が出そうになります。

2007_0727matsuri0099 ←「囃子船」

二日間、海で陸で「祭りを盛り上げる」のが、「囃子連」が乗る船です。

こちらも東西2隻があります。海上渡御の際はこの囃子船で、お神輿が町中を練り歩く時は「屋台車」で、打ちならします。

町内の子ども達は、小学校に入学すると、各地区の「子ども会」で、「太鼓」の練習を行い、「子ども神輿」や「小ども囃子」で、祭りに華を添えてくれます。

2007_0727matsuri0124 そして、大人になって町を離れていても、「この祭り」のために、何を置いても休暇をとり帰って来て「囃子連」の一人として祭りを楽しむ・・・そ2007_0727matsuri0025んな人が多い町です。

→囃子船の一番右で「笛」を吹いているのが、息子同然の「甥」です~(笑 彼も「お祭りっ子」の一人です(笑)。

いでたちはこれ~~~→

2007_0728matsuri0060 ←「鹿島おどり」

この踊りは「相模湾沿岸」から小田原西部、伊豆北川までの「石材産出」にかかわった地域の22社で行われる神事です。

悪疫退散、大漁、海上安全を祈願して踊ったと言われています。

他の市町村は、「白装束」「烏帽子」というスタイルで踊るのだそうですが、私の町は「浴衣」に「三色の帯」「そろいの手甲」「無帽」です。

これは、昔から「小江戸」と呼ばれていたほどの華やかさを誇っていた地域性を反映したものと言われています。

貴船祭りは「鹿島踊りに始まり、鹿島踊りに終る」というほど、重要なみどころの一つで す。

26日の夜「村里」の神社で「祭りの準備も滞りなく終わりました。無事に二日間の祭りが終了しますように」と願って踊りを奉納することから始って、27日に神社での「発輿式」での奉納、村里の「神輿のお假殿」安置時から、28日の神輿の町中の巡回についていき、要所要所で踊ります。

この「踊り」を高い場所から見ることや、隊列を組んで歩くメンバーの前を横切ったりすることは、絶対に「禁止」です!

2階から見ている人は「降りろ~~」と怒鳴れます(苦笑)。

この「鹿島踊り連」は、↓花山車に先行し、歩いて、歩いて~~~ですから、一番2007_0727matsuri0073疲れる役どころでしょうか?

今は、「保存会」に入って踊っているのは「小学生」も多いんです!→

本当にお疲れ様~~。

2007_0727matsuri0132 ←「花山車」

重さが90kgにもなるという「花山車」は、かつては「石材関係者」が担当していました。日頃の仕事を通じて培った腕力を「祭りで披露する」、一種の力比べでした。

海上で「回伝馬」を漕ぎ、陸で「花山車」を持つ・・・男ならではの分野です!

このように「貴船まつり」は、当初、職業によって「役割分担」が決められていたのです。

鹿島踊りは「漁業関係者」。 囃子は「商人」。 回伝馬と花山車は「石材関係者」。

神輿は「厄年の男」。 小早船の舳乗りは「世襲制」。

町中の人たちが「祭り」を楽しめるようになっているのに・・・「女・子ども」は関係ない「祭り」なんです(笑)。見るだけ!

近年、若い女性も担げるように「付け神輿」がいくつか出るようになりました。

子ども達も各町内で、小さな山車や神輿を作って、いっしょに楽しむようになりましたが・・・。

「貴船まつり」には、古くからの「仕来り」が多くあり、今もそれを守ってきていましたが、「伝統の大切さ」と、「住民の楽しみ」との間で、少しづつ変化があるのも事実です。

2007_0728matsuri0021 神輿の「みそぎ」~~♪

港の東西の海に入ります! この場面を見たくて大勢の見物客が、港を埋め尽くします!

2007_0727matsuri0107

←「神輿の海上渡御」

神社の本殿から、100段の階段を一気に駆け下りてきた「神輿」と、神主さま、鹿島踊り連な乗った「神輿船」を中心に、「小早船」「囃子船」を「回伝馬」が曳航する風景は、とてもきれいで「古式にのっとった祭り」の良さを感じるものです。2007_0727matsuri0155

28日の夜、「神輿が神社」にお帰りになる際は、これらの船の「ちょうちん」に火が入り、「幻想的」な光景となります~~♪

この夜も海岸は人々で埋め尽くされます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なつかしい・・・・?(苦笑)

2007-07-29 | インポート
義弟が入院している「眼科クリニック」へお見舞いに行ってきました。

昨年、左目の眼底出血があり、通院・治療をしていたのですが「どうも視力が落ちているようだ」ということから、年齢的にも「白内障の手術をしましょう」とベッドの空くのを待つ状態でいたのですが・・・

突然に「大きな病気」で、他の病院に入院・治療していたため、眼科の方は延び延びになっていました。

今年の4月、病気の方も落ち着いているので「目の手術もOKですよ」と主治医から許可が出たとかで、改めて眼科に「入院の希望」を出していたのです。
が・・・「かなり評判になっている眼科」ですので、待ちの期間の長いこと!(苦笑)。

ようやく先週「どうぞ~~」と連絡があって入院した義弟です。
月曜日に「白内障」の手術を受けたんですが、視力があまり回復しなかったとかで、その後27日(金)に「硝子体のにごり」を取る手術を受けました。

「明るさは」以前よりかなり強く感じるようですが「視力」としてはほとんどUPしていないようです。
でも「右目」の視力がいいので、TVや本や新聞もOKですし、日常生活に困ることはないようです。

心配なのは「視力の回復しない」のは「視神経」が「何か」で圧迫されているのではないか・・・ということです。
昨年の病気が原因になっている可能性も?
まぁ、素人が考えても仕方がないので、経過を見守ってくださる主治医や眼科医の指示に従うのみなのですがが・・・。

実は、私も、この病院に10年前に42日間入院していました。
当初、他の病院に通院していたのですが、急激な症状の変化で「この治療はあそこしかできない」と、「紹介状」を頂いて受診したのですが。。。
「即・入院」の宣告を受けた私・・・
突然襲われた「闇」に、精神のバランスもくずしてしまった日々でした。
考えると「心身ともに、よくぞ今の状態に戻った」と思っています。

もちろん「日本で五本の指に入る」と言われている先生の腕のおかげなのですが(苦笑)、主人や息子達の献身的な看護と、兄弟姉妹・甥・姪たちの励まし、友人・知人からの温かい言葉、本当に「たくさんの方たちの力」で、今日があることを、いつも感謝しています。

今日、義弟を見舞って10年ぶりに入った病院・・・建物は多少古くはなっていますが、相変わらず病院内はデラックス~~(笑)。
「ホテルのフロントの雰囲気を」と設計したとかで、受付なんかまったく病院を感じさせません(笑)。

病室もすごいんですよ~~。
義弟は4人部屋でしたが、そこにも「応接セット」が置かれています!
そうそう、食事は毎回「レストラン」で頂きます~~。
入院の人たちだけでなく、通院の方、お見舞いの方、皆さんが利用できるレストランで、湘南の某ホテルのレストランが入っています(笑)。

私が入院していたのは「個室」でした。
食事代込みで「一泊25000円ちょっと」で、小さなキッチンと冷蔵庫、洗面所、トイレ、シャワー、応接セット、TV、電話つき~~~ホテル並のお部屋でした(笑)。
ここに40日以上いたんですから・・・手術費・治療費も含めたら、我が家にとっては「すごい金額!」
「harusanが病気になると、お金がかかるから、気をつけて~」と、今でも主人に言われています(苦笑)。

でも「一泊十万円」の特別室もあるんですよ!
芸能人とか、政治家、実業家、作家・・・かなり有名な人たちが入院され、利用されたようです!
私も一回だけ入ってみました~~(笑)。
一ヶ月以上も入院していると、かなりの古顔になり、看護士さんが「今空いているので、お部屋だけ見せてあげます」って、入れて下さったんです。
「すごい! 贅沢!」の一言です(笑)。

そんなわけで、義弟から「お義姉さんは、こっちの特別室でしたよね?」なんて言われて笑ってきましたが、ちょっと「なつかしい?」気持になった私です(苦笑)。

とにかく、義弟が明るくて、元気で、よかった~~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひっそり見てます(笑)~~

2007-07-27 | インポート
わが町の誇る「国指定重要無形民族文化財」の「貴船まつり」が始りました~~♪

町中が「祭り一色」になり、町外へ嫁いだ人たち、仕事や勉強で町外に出ている人たち・・・すべての人が「貴船まつり」には戻って来る・・・と言われるほど、地域に密着した祭りです。
一週間くらい前から、通りや家のまえに飾られた「ちょうちん」、「祭囃子」の練習の音・・・当日を待つ間中ウキウキした気分になります。

が・・・この一年間に「不幸」のあった家は「おまつりができません!」
神社の鳥居をくぐることも、祭りに参加することも、お手伝いもできないのです(泣)。
今年の我が家がそうです。

ひっそりと「見ているだけ」です(苦笑)。

「貴船まつり」についての詳細は、↓の町ホームページで見てくださいね(笑)。
http://www.town-manazuru.jp/data/kankou/k-mat.htm

午前中、暑い中を、この祭りの「花形」の一つ「小早船」の「水浮」を見に行きました。(いわるゆ進水式です)。
屈強の若者が船底に肩を入れて、揺すりながら押し出す様子は「迫力」があります。
一気に水に浮いた時は「大きな拍手」があがるのですが、今日は「おもしろくない~~」という声が、当事者からあがったくらい「ガタガタ」でした(苦笑)。

この船は2艘あります。
二番目の「水浮」は、超かっこよかった~~♪
一気に「す~~っ」と水に入り「拍手!拍手!」

天候に恵まれたこともあってか、「カメラ」を構えた人たちの多いこと!
「祭りの写真コンテスト」もあるので、各地から「写真クラブ」「写真サークル」の人たちが見えていたようです。

「満艦飾の小早船」2艘と「囃子船」2艘、お神輿が乗った船を曳航する2艘の「回伝馬」が連なって、「神社」から「里」へお出ましになる風景は本当に見事です!

お神輿は、神社の100段の階段を下りてくるんですが・・・その勇壮な姿を、私は遠くからそ~っと見てました(苦笑)。

今日27日は「宵宮」~~♪
夜は、タイ人の友人とそのお子様を「夜店」にご案内し楽しんで頂きました~~♪

明日は、まつり本番~~♪
夜「お神輿が神社にお帰りになる」とき、花火も上がりますので、またまた、遠くからそ~~っと見ます(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご馳走様~~♪

2007-07-26 | 日記・エッセイ・コラム

本日の頂き物~~(笑)

オバケきゅうり」

2007_0726itadakimono0003一番下のきゅうりの大きさは、まあまあ「普通」に見ることがありますが~~~、

上から二番目のきゅうりは、なんと「39㎝」もありました! 

すご~~~~~い~~!!!

でも、以外に中の種が少なくて、」ちょっと甘味があっておいしかったです~~♪

こんな重いキュウリがぶら下がって成るんでしょうか? つるが切れて落ちないの?

それとも、地面を這うきゅうり?

作ったお友達に聞いてみます~~(笑)

2007_0726itadakimono0006 →「さざえ」です~~~♪

親戚のお爺ちゃんに頂きました。

磯の香りがいっぱいで、最高!

2007_0726itadakimono0007

←「カラフル大根」~~♪

間引きをしたものです。色がとってもきれいだし、もったいないので薄くスライスして「サラダの色彩り」に使いました(笑)。

この「大根」が、赤や紫、白・ピンクと様々な色の丸い可愛い大根なんです~~♪

大好き~~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご馳走様~~♪

2007-07-26 | インポート
まだ「梅雨明け」宣言がないこちら・・・
でも昨日、一昨日に続いて今日も雨なし~~。

この「雨なし日」を有効に使わねばと、今日は、一部「畑」を作っている空き地の「草むしり」をしました。
「草刈機」でしたいんですが「成り物の木」や「お花」もあるし、昔庭を作ったときに入れた「庭石」やらもあって「平ではない」ので難しいんです。
いつも、「手作業」で雑草を刈っています(苦笑)。
100坪ほどの土地ですが、結構大変!

蒸し暑い中、2時間ほど作業をして「そろそろお茶にしましょう」と言ったとき「携帯電話」が鳴りました。
親戚のおじいちゃんからでした。

「お~~い、今どこだ?」
「畑で草むしりしてるの」
「何時ごろ終る? さざえを届けるよ~~」
「わ~~っ、嬉しい~~。草むしりは終わりにして、すぐに行きます~~♪」

と、即「草むしり中止」にした私たち夫婦です(爆笑)。
おじいちゃんの家に寄って「たくさんのさざえ」を頂いて「ニコニコ笑顔」で車を走らせていたら~~、

途中にある友人の野菜の「無人販売所」に、「お友達」がいました(笑)。
「もう家に帰る?」って聞かれたので「はい~~」って、答えました。
そしたら「オバケきゅうりだけど持って行って~~」と、渡されたのは~~、

な・なんと~~~「本当にオバケきゅうり!」
こんなの見たことない!(笑)。
家で計ったら「一番長いのは39cm」ありました~~!!!

「食べられる?」と心配になりましたが・・・以外に中の種は少なく、甘味のあるきゅうりでした~~♪
4本もあります・・・毎日きゅうりのお料理でもしないと・・・(苦笑)。

さざえもたくさんありましたので、半分は「焼きました」
残りは「茹で上げて」中味を取り出し「甘辛味の汁につけて」食べました~~。
磯の香りがして、とってもおいしかったです~~♪

ご馳走様~~~♪

(Blog=loveでオバケきゅうりUPしました)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の古木が・・・(涙)

2007-07-25 | インポート
我が家の周辺は、今「建築ブーム」です。
マンションから一戸建てまで数件の工事が行われています。
家の前の道路も「大型の生コン車」や「トラック」がひっきりなしに通りますし、トントン、ガ~~ッという工具の音も響いて賑やか~~(苦笑)。

今朝、ボランティアに出かけるときは「まったく変わらない風景」だったんですが・・・、
帰り道に見たら「我が家の斜め前の桜の古木」が無くなっていました!
「わ~~~っ、切られたんだ!」
数日前に「地鎮祭」をしていましたので、ちょっと気にはなっていたんでが・・・、
敷地には余裕がありそうなので大丈夫と思っていたのです。
でも「毛虫もつくし、古いから折れたりしたら困るので・・・」ということのようでした。

この「桜の木」・・・毎年、つぼみが大きくふくらんで、開き始めようとする頃、そ~っと一枝を頂いてきて「一輪挿し」にさしテーブルに置いて楽しませていただきました。
「満開の美しい姿」「ハラハラと風に散る花ビラ」「やさしい若葉」「枯葉色の木」・・・窓から見る桜で、季節の移る様子を感じてもいました。
もうそんなこともできなくなりました(涙)。
残念ですが・・・「時代の流れ」なんでしょうね。

今まで本当にありがとう~~。

それにしても、どんどん木が切られ緑がなくなりつつあることが気になっています・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐かったです・・・(泣)

2007-07-24 | インポート
久し振りに「太陽」が顔を出してくれました~~♪
「晴れ」という日は2週間以上ぶり~~。「この時」とばかり家中の窓を開けて、押入れも開けて、空気の入換えをしました~~。
「フトン」を干したり、シーツを洗ったり、お風呂場の大掃除までしてしまいました~~。

その途中、午前11時40分頃「ガクッ」と突き上げられるような感じがしました!
その後「ガタガタ」という音とともに横揺れ・・・・。
2階にいた私は「きゃあぁっ~~~地震!」と、あわてて下りて行きましたが、幸い何事もありませんでした。(ホッ~)

玄関に飾ってあるいくつかの「フォトスタンド」の一つが倒れていましたが、壊れていなかったので良かった~~。
私のお気に入りの「愚息②の写真」ですので「助かった!」(笑)。

でも恐い~~!
あわててTVのスイッチを入れて「震源地はどこ?」とニュース速報を見たら「近く」でした!
「震度3」らしい・・・。
今日の揺れの感じ方から想像すると、先日の「新潟中越沖地震」の震度6の揺れって、多分すごかったんでしょうね!
どんなに恐かったことでしょう!
時間が経過しても、この恐さを忘れられずに「心の病」になってしまう方もいらっしゃるとのこと・・・分かるような気がします。

改めて「地震」の恐怖を思った今日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無駄遣い?・・いえいえ~~

2007-07-23 | インポート
今週ゴルフの予定を入れている主人が「ティーを買いたい」というので、車でショッピングモールまでお付き合いしました。

途中の「川」で釣り人発見!
↓それを見た主人と私の会話です(笑)

「ちょっと散歩がてら釣りを見よう~~」
「無理よ~~。ヒールの高いミュールを履いてきてしまったから・・」
「先に買い物をするから、そこでかかとの低い靴を買ったら」
「そうねぇ~~そうしましょう~~」

というわけで「ヒールの低い靴」を買って、車の中で履き替えて「散歩」に行った私と主人です(笑)。
家に帰れば、スニーカーでもウォーキングシューズでも、何足かあるのに・・・
これって「無駄遣いですよねぇ・・・」

おまけに川にいた釣り人は影も形もなし!(苦笑)。
笑ってしまいました~~。

で・・・
「昔遊んだ、堤防の方へ行ってみよう~~」と、足を伸ばしました。
砂浜の海水浴場から続く「磯」は、テトラで埋められ、階段状の広い「釣り公園」みたいになっていました。
主人は「こんなに変わってしまった。何十年ぶりだろう。中学生の頃、ここで泳いだよ」って、なつかしそうに磯をながめていました。

もう夏休みに入っているせいか、大勢の親子連れが「釣り」を楽しんでいました。
「メジナ」とか「イカ」とか釣れていましたよ。
石の上に座り子ども達の歓声の中、ノンビリと海をながめ、波の音を聞き~~~ゆったりとした時間を過ごしてきました。

わざわざ靴まで買って「無駄遣い?」と思いましたが・・・。
こんなステキな時間が過ごせたことで「決して無駄遣いではない!」と思いました(笑)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モネの睡蓮~~♪

2007-07-22 | 日記・エッセイ・コラム

神奈川県・Y町の町立美術館に「モネの睡蓮」が移植され育てられていることを昨年知って以来、「花が咲く」のを楽しみに待っていました~~。

数日前からHPで「開花しました」と、きれいな写真が公開されていましたので、今日行ってきました・・・
が・・・「終わってました」・・(ガクッ)。

2007_0722yugawara0001 2007_0722yugawara0002

美術館に着いたのがお昼すぎでしたが、午後3時ごろまで開花していると聞いていましたのに・・・「しぼんでいる・・・朝早くでないと駄目なのね」と、思ったのですが、どうも「もう終った」ようです・・・ガックリ!
花は4日くらいしか咲かなかったみたいです。白い花のようでした。
残念!

美術館のHPで紹介されている文です。↓
「平松礼二画伯は印象派を代表する画家、クロード・モネが晩年移り住んだジベルニー村のアトリエに幾度となく足を運び、庭をスケッチして日本画家の眼で見た「ジャポニスム」を作品にしました。
 そして、モネと日本の文化の交流に貢献したことに対し、平松画伯はモネ財団から「モネの描いた睡蓮」の株を譲り受けました。
 平成18年10月湯河原に「平松礼二館」が開館したことを記念して、当館にもこの「モネの睡蓮の株」を」株分けしてもらい、美術館の庭の池で育成しています」

こんなご縁で近くに来た「モネの睡蓮」です~~。

「睡蓮」の咲いた様子を見たい方は、こちらをど~~ぞ。

http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/museum/museum30.html

私は、来年の開花を楽しみに待ちます(笑)2007_0722yugawara0005

美術館の前は、こんな風景が~~。 →

川と赤い橋と日本旅館・・・文豪や名士に愛された古い温泉町です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モネの睡蓮~~♪

2007-07-22 | インポート
神奈川県・Y町の町立美術館に「モネの睡蓮」が移植され育てられていることを昨年知って以来、「花が咲く」のを楽しみに待っていました~~。

数日前からHPで「開花しました」と、きれいな写真が公開されていましたので、今日行ってきました・・・
が・・・「開いてない!」・・(ガクッ)。

美術館に着いたのがお昼すぎでしたが、午後3時ごろまで開花していると聞いていましたのに・・・「しぼんでいる・・・朝早くでないと駄目なのね」と、思ったのですが、どうも「もう終った」ようです・・・ガックリ!
花は4日くらいしか咲かなかったみたいです。白い花のようでした。
残念!


美術館のHPで紹介されている文です。↓
「平松礼二画伯は印象派を代表する画家、クロード・モネが晩年移り住んだジベルニー村のアトリエに幾度となく足を運び、庭をスケッチして日本画家の眼で見た「ジャポニスム」を作品にしました。
 そして、モネと日本の文化の交流に貢献したことに対し、平松画伯はモネ財団から「モネの描いた睡蓮」の株を譲り受けました。
 平成18年10月湯河原に「平松礼二館」が開館したことを記念して、当館にもこの「モネの睡蓮の株」を」株分けしてもらい、美術館の庭の池で育成しています」

こんなご縁で近くに来た「モネの睡蓮」です~~。

もともと「モネの絵」が大好きな私は、日本の各地で開かれる「モネ」に関する展覧会はできるだけ出かけています。
ですから、このY町の美術館も何度か足を運んでいます。
もちろん「池の睡蓮」も、毎回見て楽しみにしていました。

美術館の池に移されて11ヶ月・・・関係者の方々も「花が咲くだろうか・・・」とヤキモキしていたようですから、きっと咲いてくれてほっとしているでしょうね。
美しい「睡蓮」を見たい方はこちらからど~~ぞ。
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/museum/museum30.html

私は、来年を楽しみに待たせて頂きます~~(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪~~ハワイアン・フラの夕べ~~♪

2007-07-21 | インポート
このところ、毎週末の雨・・・
私の町で行われる多くのイベントが中止になったり、中途半端な形でなされたりしています(苦笑)。

今日は「ハワイアン・フラの夕べ」~~♪
場所は、太平洋を望む「展望公園の芝生広場」です。
たくさんの「ヤシの木」や「ソテツ」「アメリカデイゴ」があって、まさにハワイの「マナを感じる」雰囲気の公園です~~。

心配した雨は、開演の午後3時には上がっていて、たくさんの参加者や見物の人たちで賑わっていました。
全国から「ハワイアンバンド」「フラダンスのグループ」が、たくさん参加されていて、それぞれ色とりどりの「ムームー」や「レイ」を身につけていて、とってもきれい~~♪

20年ほどハワイに住んでいた方が、数年前に私の町に越してこられて、「フラダンス教室」を開かれました。
そして、「この展望公園はハワイそのままです。ぜひ皆でいっしょに「フラ」を踊りましょう」と呼びかけました。
それに協賛した商工会青年部の方たちが中心になり、企画運営という形で三年前から行われるようになった、まだまだ新しいイベントです。

フラを習っている私の友人が何人か出演しますので、観に行きました~~。
「写真を写してね!」と頼まれてしまったので~(笑)。
かなり「派手な色」の衣裳も、こんなお祭りだからこそ「恥かしくない!」(爆笑)。

芝生にシートを広げて宴会をしながら見物するグループや、イスに座って腰を振る人たち・・・子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、大勢の人たちがいっしょに歌ったり踊ったりして楽しんでいました。
が・・・午後6時過ぎ、かがり火の火が一段と鮮やかになる頃・・・雨が落ちだしました・・・。

私は、あわてて帰って来ましたので、あまり濡れずにすみました。
その後、かなり激しい雨になりましたので、多分・・・中止だったと思います。

まったく、安定しない天候で困ります!
来週は、いよいよ町最大のイベント「貴船まつり」です!
国指定・重要無形民族文化財であり、日本三大船祭りの一つでもあるこの祭りは、町を上げての大掛かりなものです。
「船」や「神輿」「お囃子船」「花山車」「町内の家々」等々の飾りつけも始っているのですが「台風」や「雨」の影響で遅れているとか・・・

仕事の合間に飾り付けをする人たちにとって、明日は大事な日曜日・・・晴れてくれますように~~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業日記~~⑩

2007-07-19 | 日記・エッセイ・コラム

予想進路をはずれてくれて「ほっとした」先日の台風4号でしたが、「畑には被害がなかったかしら?」と気になっていました。

何やかやと用事があって、ようやく今日「畑の様子」を見に行ってきました(苦笑)。

畑の周囲を囲ってある「ネット」の一部が倒れていました。2007_0719hatake0018
柿の木が二本、大きく傾いていました。 →いくつかの柿の実が落ちていました・・・枝が折れている様子がみえますので、風のせい?

その他は、何事もなし~~良かった!

ネットの支柱を取替え、押さえも追加しました。
2007_0719hatake0005 2007_0719hatake0008 柿の木は「真直ぐになるように」反対側に紐で引っ張って上げましたが・・・いいんでしょうか(苦笑)。
せっかくたくさんの実がなっているので、倒れたりしたら困ります!

柿の木を直しているときに「ザクロの木」に実が一つついているのを発見~~~♪2007_0719hatake0004_1 
このザクロの木は、柿の木が大きくなるのにじゃまになっていたので、昨年全部枝を切ってしまったのです。
でも、根本から新しい芽が出て「きれいな若葉」で楽しませてくれて「きれいな赤い花」まで咲いて見せてくれたんです~~♪
すごい「生命力」ですね!

「甘夏柑」の実がたくさん落ちていましたが・・・これって「立派な結実」のための「適正な数」になる必要な過程だと思います(笑)。

甘夏の木の周辺は「みょうが畑」です。
先週に続いて「収穫」を楽しみました~~♪
たくさん収穫できたので、帰り道に友人の家にお届けしました。
「初物だわ~~」と、喜んでくださいました~~♪

2007_0719hatake0009

2007_0719hatake0015

  7月9日に種をまいた「水菜」が、芽を出し大きくなり始めていました。
7月6日に種をまいた「いんげん豆」のつるが伸び始めていましたので、支柱を立てました。

6月11日に種をまいた「チンゲン菜」は、今日すべて「収穫」~~♪
2007_0719hatake0016←6月28日に蒔いた「チンゲン菜」「二十日大根」は順調に生育~~。

でも葉が虫に食われ始めています。まったく「農薬」を使わない農業ですから、きれいに作るのは「至難の業!」

2007_0719hatake0012 2007_0719hatake0013

→トマトには「ビー玉」ほどの実が~~♪

2007_0719hatake0011 「トマト」「ピーマン」「ナス」「サトイモ」・・・ちょっと生育が遅いみたい・・・日照不足かしら?このところ雨続きなので心配です。

こんな風に書くと「大規模農業」みたいに思えますが~~~我が家の畑は、「家で食べる分だけの野菜栽培」が基本なので、数種類が数本づつです(笑)。

芽が出て花が咲いて実がつく・・・この過程をみていると「本当に可愛い~~♪」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農業日記~~♪

2007-07-19 | インポート
予想進路をはずれてくれて「ほっとした」先日の台風4号でしたが、「畑には被害がなかったかしら?」と気になっていました。

何やかやと用事があって、ようやく今日「畑の様子」を見に行ってきました(苦笑)。

畑の周囲を囲ってある「ネット」の一部が倒れていました。
柿の木が二本、大きく傾いていました。

その他は、何事もなし~~良かった!

ネットの支柱を取替え、押さえも追加しました。
柿の木は「真直ぐになるように」反対側に紐で引っ張って上げましたが・・・いいんでしょうか(苦笑)。
せっかくたくさんの実がなっているので、倒れたりしたら困ります!

柿の木を直しているときに「ザクロの木」に実が一つついているのを発見~~~♪
このザクロの木は、柿の木が大きくなるのにじゃまになっていたので、昨年全部枝を切ってしまったのです。
でも、根本から新しい芽が出て「きれいな若葉」で楽しませてくれて「きれいな赤い花」まで咲いて見せてくれたんです~~♪
すごい「生命力」ですね!

「甘夏柑」の実がたくさん落ちていましたが・・・これって「立派な結実」のための「適正な数」になる必要な過程だと思います(笑)。

甘夏の木の周辺は「みょうが畑」です。
先週に続いて「収穫」を楽しみました~~♪
たくさん収穫できたので、帰り道に友人の家にお届けしました。
「初物だわ~~」と、喜んでくださいました~~♪

7月9日に種をまいた「水菜」が、芽を出し大きくなり始めていました。
7月6日に種をまいた「いんげん豆」のつるが伸び始めていましたので、支柱を立てました。
6月11日に種をまいた「チンゲン菜」は、今日すべて「収穫」~~♪
6月28日に蒔いた「チンゲン菜」「二十日大根」は順調に生育~~。

「トマト」「ピーマン」「ナス」「サトイモ」・・・ちょっと生育が遅いみたい・・・日照不足かしら?このところ雨続きなので心配です。

こんな風に書くと「大規模農業」みたいに思えますが~~~我が家の畑は、「家で食べる分だけの野菜栽培」が基本なので、数種類が数本づつです(笑)。

芽が出て花が咲いて実がつく・・・この過程をみていると「本当に可愛い~~♪」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加