love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

GW二日目・・・

2005-04-30 | インポート
昨日、一昨日の強い風も止み、カラッとした空気が気持のいい日でした。

朝から、お客様用のフトンを干したり、シーツやカバーを洗ったり、お部屋のお掃除を念入りにしたり(笑)・・・と、忙しくすごしました。

明後日から、仲人っ子の家族が3泊4日で遊びにきます~~。
私たちが一番最初に「仲人」をさせて頂いた家族で、上の子は、もう高校生・・・月日の流れの速いこと。

毎年、夏休みかお正月に、何組かの「仲人っ子」たちが遊びに来てくれますが、連休は初めてです。
お天気も大丈夫なようですから、楽しいお休みをすごしてもらえそうです。

お仲人をさせて頂いた方たちが、いつまでも忘れずに来てくださる・・本当に嬉しいことです。感謝!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>ミニー・オー!・ミニー</strong>

2005-04-30 | エンターテイメント

東京ディズニーランドで、ちょうど一年前に新しく始った「ミニー・オー!・ミニー」は、ラテンのリズムと音楽、歌が楽しいショーです。出演者の衣裳もカラフルで,、とても華やかな舞台を見せてくれます。

tdl429_250
tdl429_248

場所は、アドベンチャーランドの「シアターオーリンズ」です。
この舞台にある幕には「、中心に「芸術の女神・ミューズ」が、その周囲には4人の芸術家達が描かれています。
彼らの説明は、ショーの開始前に、キャストさんが、説明してくださいますので、聞き逃さないようにしましょうね。

ショーのスタートは、女神に扮したミニーちゃん・・・でも、彼女は「こんなの古いわ」と・・・
鮮やかなピンクの衣裳に、大変身をしたミニーちゃんは、ラテンのリズムに乗ってダンサーといっしょに、華麗なステップを見せてくれます。tdl429_258
tdl429_263

tdl429_271
次に登場するのは~~~、
「ドナルドとグーフィー」!!  ドナルドのお尻フリフリの愉快なダンスは必見で~~す。
情熱的な真っ赤な衣裳のダンサーさんと、いっしょに踊る二人。
楽しい、楽しい舞台です。

tdl429_273
チップ&デールといっしょに踊るダンサーさんたちの踊りは「カポエイラ」・・ブラジル発祥の舞踏だそうです。
二人の可愛い衣裳とともに、ぜひ注目してください。

tdl429_294
ロマンチックなラブソングから、愉快なラテンのヒットメドレーへと、舞台は次々に変化していきます。

主役のミニーちゃんも、頭にクラウンを乗せ、華やかな衣裳で再登場。
ミッキーも登場してのダンス・ダンス・・・会場の熱気は最高潮になります             。tdl429_289

最後に、ステージ全体が「レインボーカラー」に包まれて、陽気なラテンのリズムいっぱいになり、華やかなフィナーレとなります。tdl429_314

このショーは、途中でゲスト参加の場面もあります。
立ち上がって、出演者の皆さんといっしょに、踊りますが・・・腰をシェイクするダンスです(笑)
恥かしがらずに、思いっきり「腰をふりふり」ダンスをしましょう~~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>TDLの風景・・・②</strong>

2005-04-30 | 日記・エッセイ・コラム
tdl429_087

パークの中で「いいなぁ~~」と毎回思うのは「お花」がとってもきれいなことです~~♪
季節毎に、いろいろな花が咲き乱れていて、「夢の国」そのもの。
花の名前が分からなかったら、近くのキャストさんに聞くと「調べて」下さいます。
その親切さには感謝!

ここは「ベビー用品」を売っているお店のそばで、シンデレラ城の裏側になりますが、いつもたくさんのお花が咲いている、私の好きな場所です。

tdl429_098
tdl429_160

tdl429_077

今は、赤・黄色・白・紫・・・色とりどりの花壇や鉢の他、「白・赤・ピンク」の「シャクナゲ」も、満開でした~~♪

tdl429_152

お花でけでなく、花壇の中には「可愛い彫刻」もあったりします。
tdl429_156

こんな風に、大きな木の根っこの周りを飾っているお花も~~♪


ピクニックエリアのツツジも満開!ポピーやデイジーに木々の若葉が映えて、パークの中の喧騒がうそのような、静かな空間を作っています。
tdl429_322
tdl429_324



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>TDLの風景</strong><strong>・・・①</strong>

2005-04-30 | 日記・エッセイ・コラム
tdl429_082

東京ディズニーランドの中は「夢と魔法の王国」にふさわしく、とても可愛いものばかりです。
アトラクションの建物は、もちろんですが、食べ物や飲み物のスタンドは、そのエリアの雰囲気を壊さないようにデザインされていますし、ベンチだってゴミ箱だって、一つ一つに工夫がされいるのがいいですね。

TDRの中から「お手紙」を出すと、パークのスタンプが押されて届くんですが、その「お手紙」を入れる「Mail Box」はこれです~~。
色は「ブルー」とか「ブリーン」とか「赤」とかもあります。

tdl429_134
tdl429_151
ゴミ箱も、エリアによってこんな風に「色違い」です。

tdl429_161

「鉢カバー」も、本当に可愛くしてあります。

こんな細かいところまでも工夫して、ゲストの皆さんに「夢」を持ち続け手欲しいという、「ミッキーの願い」・・・嬉しいですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW一日目・・・

2005-04-29 | インポート
2週間ぶりにTDLへ行ってきました~~。
暑かった!まるで「夏」!

連休初日ですから「混雑」は覚悟で行きましたが・・・以外や空いていました。
ビックリです・・・なぜかな?

お土産の店も、レストランも飲み物スタンドも、待ち時間が少なくて楽でしたし、いつもは混雑で敬遠するアトラクションも一つだけ乗りました。。
もちろん、大好きな「It's a Small World」です。スタンバイ15分でしたから~♪
相変わらず、可愛い~~~ふふふ

が・・・「ロック・アラウンド・ザ・マウス」の抽選・・・またもや「ハズレ」ました!
もうガックリ・・・・
私って本当に「クジ運」が弱い・・・トホホです。

でも、今日は応援しているダンサーさんは、ロックに出ていなかったので「ショーの雰囲気だけ楽しめばいいかな」と、次回に期待しました。(苦笑)

こうなると、「ドリームス・オン・パレード」をしっかり観なければと早めにシーティング場所を探そうと歩き始めました。
とにかく、きょうは陽射しがきつかったので、日陰での「Dパレード」をと「ウエスタンランド」の付近へ向かいました。

でも、応援してるダンサーさんの停止位置が、どの辺か分からなかったのですが、「多分、この近く」と感を働かせて(笑)「ダイヤモンドホースショー」の反対側の木の下に座りました。

すでに大勢の人のシートが敷かれてあって前から3列目になってしまいました。
それに、う~~ん、大きな人たちばかりの後ろで(苦笑)デジカメで上手く写せるか微妙でしたが、仕方ありません。

でも、この位置、ドンピシャでした~~♪
楽しそうに踊る彼を十分観れました~~♪
小さな子どもたちと、一生懸命に「ウィシング・ダンス」を踊ったり、ゲストさんやガードのキャストさんにいたずらしたり・・・彼の持ち味(?)が発揮できるポジのようです。(笑)

このポジのピンクの衣裳・・・可愛いくて好きです~~~ふふふ

そんなわけで、連休初日インは、「いい日」でした~~♪

そうそう、パークの中で「芸能人」と遭遇。(harusanの部屋の絵日記に写真UPします)
ご一家で楽しんでいらっしゃいましたよ。

もう一つ・・・京葉線・舞浜駅の電車の発車の音楽は「It's a small world」ってことに、今日気がつきました(苦笑)
前からそうだったのかしら?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強風が吹き荒れて・・・

2005-04-28 | インポート
今日は、朝から台風の時のような、すごい風が吹き荒れています。
陽射しが強くて、夏のような暑さなのに、窓が開けられません。
家の中も誇りっぽいし・・・(泣)。

O市にある「御感(ぎょかん)の藤」を観に行く予定でしたが、あきらめました。

この「御感の藤」は、「かながわ名木100選」にも選ばれている木で、樹齢は200年、花房は一メートルにもなる、それはそれは見事なものです。

大正天皇が皇太子時代に、O市を訪れた時「みごとな木である」と感嘆されたことから「御感の藤」と名づけられたそうですが・・・
近隣の人たちは、その藤がある場所を、2本の木が、大きく枝を伸ばし「棚」を作っていますので、単純に「藤棚」という呼び方をして親しんでいます。

高校生の時代から、何十回と見てきた「藤棚」の「藤」ですが、今年もきれいに咲いてくれていると思います。

明日からは、いよいよGWが始ります。
いろいろ予定が入っているので「藤棚」へは、連休明けにしか行けません・・・花は散ってしまうのでしょうか・・・。

強風がうらめしい~~~。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>籐細工の活用</strong>

2005-04-27 | 日記・エッセイ・コラム
sanpo422_025

まだ息子達が小さかった頃・・・昔・昔のお話ですが・・・(笑)
家の中で「コチョコチョ」するのが好きでした。
「籐細工」「レザークラフト」「刺繍」「編み物」「押し絵」から「パン」「ケーキ」まで焼いていました・・・

いつも手作りのおやつを食べさせられていた息子に「たまには、かっぱえびせんとか食べたい~~」って言われたこともあります(笑)

そんな作品の数々・・・押入れに入れて置いてもじゃまになるだけなので、出して「活用」することにしました。

大きな「ゾウさん」・・・これが作りたくて、籐細工を習い始めたんです。とっても可愛いんですよ!
思い切って、「鉢入れ」にしてしまいました。

basket_003
バスケット・・・夏の旅行とかに重宝したんですが、籐が弱ってきて、ささくれてきたので「ぬいぐるみ」を入れて、玄関に飾りました。これも可愛い~~。


マガジンラックとして編んだものは、なぜか「ゴリラ一家」の家になってます~~♪(笑)
私が4年前、シアトルで買ってきた「マリナーズ」のキャップをかぶっています。
touzaiku_002
touzaiku_005

果物入れや卵入れ、野菜入れ・・いろいろな編み方の「ザル」もいくつか作りました。
その一つに「くまちゃん」たちが~~~ふふふ

女の子のいない我が家ですが、ぬいぐるみがたくさんあります(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘夏狩り?・・・(笑)

2005-04-26 | インポート
久し振りに妹の家へ遊びに行きました。

「甘夏柑」がたくさん実っていたので「持って帰りたいから取ろう~~」としたのですが、高い場所なので手が届きません。

木に登るのは恐いのでどうしよう・・・って思っていたら、妹が長い~~棒の先に「ハサミ」がついたものを持ってきました。
「はさみん棒」っていうのかしら?(笑)

高い場所の実は、そのハサミにみかんのつけねの枝をはさんで、ちょっと曲げると枝が折れて、みかんが取れる・・・という仕組みです。

が・・・これが慣れないと上手くいかない!(笑)

せっかく枝が折れても、ハサミに治まっていないで「ドサ~~ァッ」とみかんが落ちてしまいます。
地面に落ちたみかんは、皮がわれてしまうし・・・
たまに傷のつかないのがあったときは「ラッキー」とか、叫んだりして大喜び。
妹が「落とすかも~~」と思って、みかんの木の下で待ち構える私の頭の上にゴミが~~~「きゃぁぁつ~~」とか「わぁ~~」とか、大騒ぎして、大笑いしてきました。
結局、三分の一くらいは、落ちたけど・・・楽しい、楽しい「甘夏狩り」をしてきました~~♪

私が妹の家に着いた時、お舅さんが朝「筍」を掘ってきたとかで「茹でて」いました。
もちろん、これも頂いてきました~~♪

夕方、主人の友人が「わさびの葉」をたくさん持ってきてくださいました。
このわさび・・・下茹でしてアクを取り、甘辛に煮ておくのですが、「わさび」の独特の香りがして、とてもおいしんです。
毎年、今頃の時期、何回か届けてくださいます。

考えたら・・・この頃、頂き物の日記ばかり・・・(爆笑)
いつも気にかけて下さる方たちに感謝です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>Shall we Dance ?</strong>

2005-04-25 | 映画
eiga425_012

「ジョン・クラーク(リチャード・ギア)」は、シカゴに住む遺言書作成専門の弁護士。
キャリア・ウーマンの妻「ヴィバリー(スーザン・サランドン)」と、娘と息子の4人家族で、穏やかな暮らしをしている。
取り立てて不満もない幸せな日々だけど、なんか虚しさを感じつつある。

通勤電車から見える「ダンス教室」の窓辺にたたずむ一人の女性「ポリーナ(ジェニファー・ロペス)」の寂びそうな顔が気になってしかたがない。
dance_009


ある夜、ジョンは、ダンス教室を訪ね、レッスンを始めることを決心する。
しかし、担当は彼女でなく、初老の女性(笑)。
同じクラスの仲間とも仲良くなり、レッスン後食事へ。そこで他のクラスの女性「ボビー(リサ・アン・ウォルター)」から、ポリーナの寂しげな様子の理由を知った。
競技ダンスの花形だった彼女は、一年前の「ブッラク・プール」で失敗、恋人とも別れてしまったためだったのです。

ポリーナが気になるジョンは、レッスンにも熱が入り、マンボをマスターする頃には「ダンスの魅力」にはまっていくのです。

夫の様子に不信を抱いた妻は、私立探偵を雇って調査をしてもらう。事実を知った妻は、取り残されたような寂しさを感じつつも、夫には言えない。
ジョンは、ポリーナを食事に誘った時「私を目的にダンスにきても無駄」と決めつけられます。
すでに「ダンス」そのものに魅かれていた彼は、気持ちをくじかれレッスンを休みがちに・・・
クラスの仲間が「戻って~」と誘いに来てくれたのですが。

eiga425_007

dance_008

ダンスの魅力を断ち切れなかった彼は、教室に戻ります。
帰ってきた彼に「3ヵ月後のコンテスト」に出場するよう、先生に薦められ、猛特訓に入ります!
一生懸命な彼の姿に、かつての自分を思い出すポリーナ。
コンテスト前夜、ポリーナの練習は、気持もピッタリ。華麗なダンスを踊ります。

「感じるままに踊って」というポリーナのアドバイスで伸びやかに踊る彼の耳に「パパ、頑張って」という娘の声が・・・
「妻と娘」が会場に来ていたのです。
妻に内緒にしていたことがバレて、動揺した彼のダンスは・・・

dance_005
「なぜ話してくれなかったの?」と問う妻に「十分幸せなのに、これ以上の幸せを望んだ自分が恥かしくて、話せなかった」と答える彼・・・
そして、再びダンスのレッスンのため英国へ行くポリーナの、お別れパーティーへも欠席するつもりだった。
それを知った妻は、「残業で遅くなるけどパーティーへ行ってね」とメモを残して「タキシード」と「新しいダンスシューズ」を、彼のために用意するのです。

それを見た彼は、「タキシード」に着替え、真っ赤なバラを買って「妻」の職場へ・・・
そして「ダンスパーティーは、パートナーが必要なんだ。いっしょに行って」と頼むのでした。
「ダンスができない」という妻に「レッスン」をする夫・・・
eiga425_005

ダンスの楽しさを知ったことで、人生の充実感を取り戻し、もう一度、妻としっかり向き合って暮らす日々。
熟年の夫婦の絆をより深めた二人。

ハッピーエンドのステキな映画です~~♪



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Shall we Dance ?

2005-04-25 | インポート
「リチャード・ギア」大~~~~好きです!

彼の主演映画となれば「行かなければなるまい!」・・・ということで「Shall wa Dance ?」・・観てきました。

やっぱり「ステキ~~~♪」(笑)


この映画「邦画」のリメイク版ですが、元の作品より「上」と感じました。
主人公の「リチャード・ギア」は、日本版の「役所広司」より、設定が華麗だし(笑)、妻役の「スーザン・サランドン」も存在感あるし、「ジェニファー・ロペス」のダンスは最高だし、何より映画そのもののテンポがいいんで、最後まであきません。

クライマックス・シーン・・・
黒のタキシードで、真っ赤なバラの花を1本持った「リチャード」が、妻の職場を訪ねる・・・
その姿~~~なんか「胸キュン」になりました!
なぜか・・・ホロリと涙も・・・。


「夫婦の絆」も考えさせられる映画です。

印象に残っている言葉・・・
夫がダンスを習っていることを知らなかった妻が、「Why didn't tell me !」と問い詰めた時の夫の答は 「I was ashamed。」
「Of wanting to be happier when we have so much。」
(多分、こんな英語だったと・・間違っていたら、リチャードごめんね=笑)

つまり「恥かしかったんだ」「僕らはこんなに幸せなのに、それ以上の幸せを望んだことが・・」

なんて「すばらしい言葉」でしょう!
私の胸にチクッ・・・

なぜって・・・買いたい物があれば買えるし、行きたい所があれば行けるし、食べたい物があれば食べられるし、優しい主人と息子達もいるし、家族全員が健康だし・・・
私の日々は、平凡だけど幸せ・・なのに時々「もっと、エキサイティングな時間が持ちたい」って思ってしまう、わがままな私。
恥かしい・・・・。

今の幸せに感謝しつつ日々を送る・・・これをモットーにしていることを、時々忘れてしまっている・・反省です。

最後に、リチャードのダンス・・・
「シカゴ」の時は、思わず笑ってしまいましたが、数段の上達!
もう嬉しいビックリでした~~~♪
1500時間の特訓をしたと聞きましたが、成果はバッチリ!(笑)

「芳醇なワインを飲んだ後」のような心地良い映画でした~~♪

(ストーリーはBlog「love」で写真といっしょにUPします)

独身時代の私・・ダンスを習っていました。
「ダンスをいっしょに踊ってくれる人と結婚する」って決めてたのに・・・夢、破れました(爆笑)。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入れてみました~~♪

2005-04-23 | インポート
せっかくの土曜日で、晴れで、気持のいい~~~今日なのに、主人は、ある会合にお出かけ・・・
私、一人でつまらない・・・

で・・考えました!

昔・昔・・子ども達が小さかった頃は、家の中で、チマチマと「手芸」をするのが好きだった私です。
「籐」「レザークラフト」「刺繍」「押し絵」「編み物」「パン作り」・・・とにかく、いろいろな物を作ってました(笑)

自分で言うのも変ですが、手先はかなり器用な方なので、すばやく、大物を作り上げて、自己満足していました(笑)
そんな作品が押入れにゴロゴロしているんです・・いつか整理しなくては・・・と思いつつ・・・。

で・・そうだぁ~~~と、思い立ち「籐」で編んだ「ゾウさん」と「バスケット」を、引っ張り出しました。
作ったばかりの頃は、子ども達のあもちゃを入れてあったりしたんですが、だんだんじゃまになり、押入れにいれっぱなしになっていたんです。

「ゾウさん」は・・・お花の鉢を入れて、外に置きました~~♪
「バスケット」は・・・ぬいぐるみ入れて、玄関に置きました~~♪
きゃぁ~~~可愛い~~♪(笑)
(harusanの部屋の絵日記に写真をUP)

一人で満足してます・・・あははは

他にも「マガジンラック」に「ゴリラ一家」を入れて、「マリナーズ」の帽子をかぶせました~~♪

まだまだ・・・考え中・・(笑)
ただし・・主人は、「シンプルが好き」という人なので、いろいろな物を置くのを嫌がります。
帰ってきたらなんていうかしら?(苦笑)

言われても「いいじゃない~~。○○さんが(←これ、主人の名前です。結婚以来、ず~~~っと名前で呼んでます=笑)遊んでくれないから、自分一人で遊んでた」って言い返します~~~あははは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>お林展望公園</strong>

2005-04-23 | 日記・エッセイ・コラム
tenbokoen_037
私の町に、新しい公園ができました。
以前は、民間の会社が経営していた「サボテン公園」があった場所で、町へ返還された後、住民や観光客の「憩いの場」となるように整備されました。
今日オープンでしたので、早速、散歩がてら行ってみました~♪

太平洋を見渡し、伊豆の山々を望む、すばらしい景観の公園です。
遠くに見えるのは「初島」です。

tenbokoen_008
tenbokoen_025

園内には「ヤシ」もたくさん植えてあり、南国を訪れた気分になれます。
「桜」「ツツジ」「もくせい」「ろうばい」「ミモザ」・・・等々の他、「「四季折々の花が楽しめる花壇」もありますので、これからが楽しみです。

tenbokoen_009
園内には「サトザクラ」が何本もあり、ちょうど満開でした。
海からの風を感じながら、この桜の下で、一休みするのもいいかも~~。
ベンチも置いてありますよ。

tenbokoen_041
tenbokoen_043
園内の「ツツジ」「シモクレン」です。



tenbokoen_002
明日は、ここで「春まつり」が行われます。
模擬店のためのカラフルなテントが、業者の手で次々と建てられたいました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もまた~~~(笑)

2005-04-22 | インポート
実は・・・
散歩の途中にある友人宅の前で「harusan、わけぎ、持っていって~~」と声をかけられ、頂いてきました~~(笑)

3~4日前に知人から頂いてあった「新物のわかめ」・・・サラダにして食べたのですが、多かったので残ってましたから、いっしょに「ぬた」にしました~~♪

考えたら、我が家って、あっちこっちから頂くもので、かなり食費が助かっているかも・・・あははは

これは・・・私って、町中の人に養ってもらってるってこと?(爆笑)

ありがたいことです・・感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<strong>花の季節~~</strong>

2005-04-21 | 日記・エッセイ・コラム
eiga419_021

春爛漫~~~~いいですね。
あっちでもこっちでも「花・はな・花」・・・お散歩をしていても、せまい我が家の庭を見ても、本当にきれい~~♪
お花は心を和ませてくれるので好きです。

私の散歩道の一つ、公園は桜が終って「ツツジ」がきれいになりました。

eiga414_008
eiga414_024

竹林の足元でひっそりと咲く「シャガ」。
赤やピンクの「シャクナゲ」も咲き誇っています。

eiga414_031

まだまだ「ツバキ」だって「負けないぞ~~~」と頑張って咲いてくれています。

hana417_001
hana417_002
hana417_014

我が家の「スノーボール」「ビオラ」「フリーージャ」たち~~♪
hana417_006

ビオラは何種類かありますが、小さな小さな蝶々のようで、可愛いんです。
そのほか、「パンジー」や、春の定番「チューリップ」に、「カランコエ」にローズマリー」まで咲いています。
そうそう・・今日は夕方「月見草」も咲きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯵と蕗~~~

2005-04-21 | インポート
またもや「到来物」が~~~(笑)

朝一で友人からメールが入りました。
「今、家にいる?新しいお魚が入ったから届けるわ~~」と。
「待ってま~~~す」

間もなく届いたのは「鯵」でした。
「朝、市場にあがったばかりの物なので「たたき」で大丈夫よ」
「わ~~嬉しい、ありがとう~~」と頂きました。

「鯵のたたき」・・・郷土料理です。
新鮮な鯵を3枚におろし(包丁は使わずに手でおろします)。その身と生姜をいっしに包丁でたたいて、お醤油をかけて食べます。

この町で生まれた人は、多分、親から代々作り方を教わって出来るはず・・・
他所からお嫁に来た人は「習う」はず(笑)

これを「まご茶」として食べても美味しいんです。
温かいごはんの上にお醤油をかけた「たたき」を乗せて、熱い~~お湯をかけて食べるのも美味!
(みるみるうちに、鯵の色が変わるくらい熱いお湯でなけらば駄目です)

(鯵のまご茶が私の町では、ポピュラーですが、マグロとか、カツオを乗せる地方もあるらしいです)

なぜ「まご茶」って言うのか・・・
私の町の説は・・・
漁師さんは、船の上で仕事をする合間に急いで食事をすませなければなりません。
釣れたばかりの魚をおかずに、お茶づけをさ~~っと食べた。「まごまごしないで食べろ~~」ってことで、ついたとか・・・

(他の地方では「美味しいから孫にも食べさせてやりたい」と言ったとか・・・もあるようです)


友人が「中に蕗」も入っているから・・・と言ってましたので、開けてみたら「煮て」ありました。
ラッキ=~~♪(笑)
手間がはぶけた・・・ありがとう~~。

いつも、周りの方たちが、心にかけて下さること感謝しなければ。

というわけで、夕食は「鯵のたたき」と「蕗の煮物」・・・後は考え中(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加