love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

私のスケジュール

2003-10-30 | インポート
友人から「近いうちランチでもどう?」とお誘いの電話が入りました。
「そうね。いつがいいかしら?」とカレンダーを確認しながら、「何?これ~~」とビックリ・・・次々予定が・・(苦笑)

今週は、
月曜日・・・美術館ランチ
火曜日・・・友人とTDS
水曜日・・・国際交流ボランティア
木曜日・・・フェスティバル打ち合わせ
金曜日・・・学校統廃合先進地視察
土曜日・・・評議員校文化祭
日曜日・・・週末農業

そして、来週は・・
月曜日・・・主人とお出かけ
火曜日・・・TDRクリスマス初日イン
水曜日・・・日本語教室
木曜日・・・若手講談師の会
金曜日・・・ショッピング
土曜日・・・ティーサロンホステス
日曜日・・・わ~~い、空いてる

その次の週
月曜日・・・義兄の病院への付き添い
火曜日・・・cafeの友人達とランチ
水曜日・・・日本語教室
木曜日・・・絵画展管理ボランティア
金曜日・・・友人とランチ
土曜日・・・週末農業
日曜日・・・絵画展管理ボランティア

ふっ~~、その次の週も・・・
月曜日・・・義兄の病院
火曜日・・・評議員会
水曜日・・・国際交流ボランティア
木曜日・・・フェスティバル打ち合わせ
金曜日・・・TDL・TDSイン予定
土曜日・・・週末農業

この間に、11月24日に開かれる「国際交流フェスティバル」の「パネルディスカッション」の「コーディネーター」役のための準備もしなければならないし・・・

私の大好きなTDRが、クリスマスバージョンになっているので、なんとかインしたいし・・・

12月の旅行前に年賀状とかも作っておかなければならないし・・・

「平凡な主婦」のはずの私のスケジュール・・・ちょっと忙しすぎ・・・(苦笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花束・柿・セントポーリアを頂きました。

2003-10-29 | インポート
毎週水曜日にボランティアに入る「国際交流ラウンジ」に、仲良しのタイの友人が「いつもありがとう」と、「花束」を持ってきてくれました。
彼女が「タイを紹介」するボランティアをする時、いつもお手伝いをさせていただくんですが、そのお礼ですって。
嬉しいですね~~。

「お花」が大好きな私のことを、覚えていてくれて、まして、きちんとリボンをつけた「花束」って、特別な日でないと、なかなかもらいませんよね・・・
心遣いが嬉しいです。・・感謝!

その後、訪ねてきたカナダ人・・・心を病んでいる友人ですが、この頃ずいぶん元気な時間が増えてきました。
これもすごく嬉しいことです。
「主人の実家から送ってきた柿です。」って大きな柿を持ってきてくださいました。
甘い!

夕方、同じラウンジの管理仲間の方が見えて「以前欲しいと言っていたでしょう」と「セントポーリア」の鉢を持ってきてくださいました。
ピンクの可愛い花がついている鉢です。
チラっと言っただけなのに・・本当にありがとう!

たくさんの人たちが見せてくれる心遣い・・・本当に嬉しくて、感謝、感謝の日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晴れ女が負けた~~(笑)

2003-10-29 | インポート
私は大好きなTDRへ行った日に、雨に降られたことは100%ないんです。
たとえ、天気予報で「雨」と言っていても曇り程度で終っていましたので、昨日も「雨」の予報でしたが「大丈夫」と決めてかかっていました(苦笑)
が・・・昨日はやられました!
「変だなぁ~~」と思ったら、いっしょにインした友人が「すごい雨女」だったのです!・・・「晴れ女」の私が負けた一日でした(笑)

四国に住む、旅仲間の友人と、12月にごいっしょに旅行に出かけるのですが「打ち合わせはTDSで」ということになりました。
そしたら、そのまた友人が「私もシーへ行きたい」と、富山から飛んできました。(笑)
彼女は、昨日の朝一の飛行機で羽田に着き、昨夜11時の池袋発の夜行バスで帰っていきましたが、これもすごい~~。
フットワークでは負けてないと思っていた私もこれには脱帽!(爆笑)

TDLの方は、雨にもかかわらずすごい混雑のようでしたが、TDSはゆったり・・・
おかげで食事もゆっくりと取れたり、アトラクションも楽しむことができました。
一人インの時は、アトラクションはほとんど乗らないのですが、昨日は雨の中、メンテで運転中止以外のものは、ほとんど制覇しました(笑)

ただ残念だったのは、昼のレギュラーショー「ポルト」が中止になってしまったことです。
せっかく香川や富山と遠くから出てきている友人達にはぜひ見て欲しかったのに・・・
でも、心配した夜の「シンホニー」はバッチリ見ていただいたので良かった!

楽しいおしゃべりをしながらすごした、雨のシーも思い出のインになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の美術館

2003-10-27 | インポート
文化勲章受賞者である「中川一政」画伯の美術館へ行ってきました。
いま、「美術館所蔵作品展」を前期・後期と分けての特別展の開催中です。

前期は「薔薇」「向日葵」などの油彩、岩彩の静物画を中心とした展示、後期は「福浦」「駒ケ岳」等の風景画が展示されます。

この美術館は、自然林の中に建つ、落ち着いた雰囲気の建物で、周囲の木々と見事な調和をみせており、建築設計に関する賞も受けているのがうなずけます。
静かな気持ちで中に入って、画伯の絵を見る時、その自由奔放な力強さに圧倒させられ、一瞬戸惑いますが、いくつかの絵を追っていくにつれ、華やかな気持ちになってくることが嬉しくなります。

油彩、岩彩、書、陶芸・・あらゆる方面で屈託のない才能を表している作品の数々・・・一回りしてくると、静かな茶室を見ることができます。
画伯手作りの、茶道具が並び、広い窓からは山の緑と遠くの海がすばらしいお部屋です。
特別展の期間中の日曜日は、ここで「お茶」がいただけるとか。

書の展示室には、いつも「地味だけど落ち着いた」野の花が活けられています。
私がこの美術館に足を運ぶ、一つの理由は、このお花を見るのが好きなこともあります。
すべて学芸員の方が、美術館の周囲にある草花を、工夫して活けていらっしゃるそうですが、「○○流」とかにはまったく関係なく、そっとさりげない活け方が好きなんです。

少し枯れ葉が目立ち始めた林の中の、美術館・・秋の気配濃い、美術館でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の散歩道が・・

2003-10-25 | インポート
ここ数ヶ月間、いくつかの、旅やグルメ関係の番組で、私の町が取り上げられることが多かったので、毎週末は町内の道路は、車の列・列・列・・・

放映されたお店は、駐車場に止めきれない車が、道路にあふれています。
先週末はとうとう「駐車違反」の取り締まりにポリスが出動。ペタペタと反則キップが貼られてました。

「私の好きな散歩道」が「排気ガスと騒音の道」に変ってしまっています(苦笑)
町が潤うのためには、しばらく我慢しましょう・・・
テレビの影響ってすごくて、2~3ヶ月は目の回るような忙しさになるみたいです。

で・・東京の友人から、「12月に食事をしたいので予約をお願いしたい」と頼まれましたので、散歩がてら様子を見てきました。
いつもなら、ひっそりとした「原生林」の中もたくさんの車や人が行き交い、賑やかな午後でした。

この原生林は「魚つき保安林」と呼ばれ、昔から、多くの魚を育んでいるのです。
「昼なお暗き」という表現がぴったりで、一人で散歩するのは、恐いような道なのですが、ここ数週間は安心です(笑)

人間は以外にあきっぽいもの・・・そのうち、また、前のように静かな「散歩道」になるだろと思っています。

帰り道に、農園を経営している友人宅で、10月桜が咲いているのを見つけ、薄いピンクがとても可憐で、思わずパチリ(画像掲示板にUPしました)
この桜の木は、キーウィフルーツ畑の中にあるのです。
今、キーウィもたくさんの実がつき、収穫の時を迎えていました。

帰り道は海岸を回りました。
♪~~「今はもう秋・・誰もいない海・・」~~
という歌がありましたが、遊ぶ人もいない海には、たくさんのかもめの姿がありました。
赤い灯台も、いつものように堂々と立って、波を受けている・・秋の海でした。

季節ごとに時間ごとに、いろいろな変化が楽しめる、大好きな「私の散歩道」です。
(写真集・・旅・町・思い出・・にUP)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと疲れたけど・・・

2003-10-23 | インポート
午前中は、町の中学校で英語のアシスタントをしている、カナダ人の友人が、健康診断を受けるので、付き添ってきました。

聴力、視力、血圧、尿検査、レントゲン、心電図、医師の診察、に血液検査のための採血がありました。
彼女は「血を採ると倒れる」っていうので許可をもらってベッドの上で採血をしていただきました。(笑)
採血後の、血圧も脈拍も正常なので、気分の問題だと思うのですが「気持ち悪い」って数分横になってました。

わずか3分で回復(笑)

医師の診察の前に「ドクターは絶対英語とかドイツ語とか話せるよね」って言いながらお部屋に入りました。
「おっぉ~~、付き添って来てくれたか。よしよし」ってニコニコ顔のおじいちゃん先生。
結局、私がつたない通訳をするはめに・・(苦笑)
まぁ、無事終了し、ほっとしました。

その後、二人で中学校へ向かいました。
今日、明日と「学習活動発表会」が開かれていて、今日の午後は「歌の祭典」で、各クラスごとの合唱コンクールだったのです。

各学年が決めた「課題曲」と、クラスごとに自分達で選んだ「自由曲」とに、日ごろの練習の成果を多いに発揮し、すばらしい歌声を聞かせてくれました。
それと、クラスの仲間の団結力とを!

ピアノ伴奏も指揮もすべて生徒達自身がしていました。
各クラスに、必ず何人か、小さい時からピアノのレッスンをしている生徒がいるんですね~~。

来年中学に入学する、町内の小学6年生も聞きにきていて、たくさんの拍手を送っていました。
「来年は、僕が、私が頑張るぞ~~」って感じたかも・・・

表彰も生徒達が決めたようで、「ユナイテッド賞」「アーティスト賞」「テクニカル賞」・・・とかがありました。

普段、制服の形や着方がルールを外れていたりする生徒、授業を抜け出すような生徒、問題行動もある生徒・・そんな生徒たちもいっしょになって、真剣に挑戦をしていた「歌の祭典」・・・
すばらしいものでした!

3時間ほど、イスに座っての鑑賞でちょっと疲れたけど、感動もした時間でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞑想・・

2003-10-23 | インポート
アメリカ人の友人と1年半ぶりに会いました。
前はよく会っていたのですが、新しい職場に変わって、遠くに住むようになり、なかなか会えなかったのです。

彼は、とても真面目な青年で、日本の歴史とか古い文化に、すごく興味を持っています。
遊びに行くのも、観光客が多く集まるような場所より、古い小さな神社やお寺、町が好きで、一人でフラリと出かけてます。
日本の「座禅」とかも、興味を持っていて、アメリカにいる頃から勉強してたとか・・・

「しばらくぶりだけど、夏休みはどうしてたの?」って聞いたら・・・「タイへ瞑想の勉強に行ってた」と言うんです!

「瞑想?」

タイとか、ミャンマーとかマレーシアとか、アジアの国々には、たくさんの「瞑想」の修行(?)をさせてくれるところがあるようですが、いくつかの流派のようなものもあって、少しづつ、スタイルが違うようです。

彼が「瞑想」を体験した場所は、宿泊施設も備えていて、食事もできたとか。
何日いてもOKで「寄付」という形で「気持ち」の金額を置いてくるようなシステムらしいです。
彼はそこで、40日間をすごしたとか・・・すごい!

そこで、いっしょにすごした人たちは、将来お坊さになるタイ人が多かったそうですが、他にも、イタリア人、フランス人、もいたとか。でもほとんどお話はしなかったようです。

彼が話してくれる「瞑想」については、専門的な用語が出てきて、彼の日本語レベルと私の英語レベルでは、ちょっとむずかしい・・・(笑)
詳しい話はともかく「瞑想して、何を感じたの?」という私の質問に・・・
「よく分からない、でも気持ちよかった」ですって・・(笑)

「瞑想」って、頭の中をからっぽにして、よく言う「無」という世界に入るのかな?と思ってましたが、どうもそれは「座禅」のようで、それとは異なるみたい・・・

「今でも家の中で、時々瞑想します。でも頭の中で、学校での生徒達たちとの会話とか、歌とかが、何回も、くりかえして出てきて、大変!」っていうおもしろい彼。

2時間くらいおしゃべりをして、別れましたが、以前の彼より数段と明るくなっていたのが、とても印象に残りました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心って・・・

2003-10-21 | インポート
知人が亡くなったとの連絡を受け、お別れに行ってきました。

お通夜の席で、ご導師様がこんなお話をされました。
「亡くなられた方とのお別れを悲しまないで下さい。
新しい出発をされるのですから、静かに送ってあげましょう。
人間は、いつも心の中でいろいろなものを求めています。
それが、現実的なものであるか、夢のようなものであるかは、分かりませんが、この世の中で手に入るものであればそれで良し。
もし、この世で手に入らないと分かると、それを求めるために、新しい世界へ旅立ちたいと思い、そのように運命を持っていくのです。」

こんな主旨のお話でしたが、聞いていて、「そうかしら?毎日を楽しく明るく送っている人が、突然アクシデントにあって、亡くなる・・・これも、何かを求めての意思なの?
無念の思いをしてなくなる方がたくさんいると思うけど・・・」
って感じてしまいました。

人間の心は、やっかいなもので、難しいものです。
自分の心を見つめる時間を、日々の生活の中で、少しでも持つことができれば・・・
反省ばかりの私です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯が流された~~。

2003-10-19 | インポート
私は、右の奥歯が一つ入れ歯です(笑)。

思い出すと、もう6年も前になるんですが・・・
クリスマスを数日後に迎えようとする12月のある日・・・場所は、アメリカ・ロスアンゼルスのハリウッド・ロデオ通りにある、とあるレストランでした。
店の前には大きなクリスマスツリーが、キラキラと輝き、華やかに飾り付けられた店内では、たくさんの人々が、思い思いに食事を楽しんでいました。

フフフ・・・もちろん、私もその雰囲気に酔いしれながら、おいしい食事を頂いていたのです。
突然、口の中で「ガリッ」・・・「何???」・・・ウッとこらえて、何事もなかったかのように、笑顔で「トイレ」へ・・・

大変だぁぁ~~、奥歯が折れてる!

虫歯にはなっていましたが、特に痛くもなかったので放っておいたのがいけなかったのでしょう。
でも、ポロっと、半分ほどが折れただけで、幸いなことに、あまり、出血もなく痛みもありませんでしたので、「何食わぬ顔」で席に戻り、食事を楽しんだのはいうまでもありません(爆笑)。

それから、10日ほど、ロスでの日々を楽しんで、帰国。
即歯医者さんへ。
状況を説明したら、先生は「食事もおいしくなかったでしょう?」って笑ってました~~(苦笑)
というわけで、その歯は、全部抜いてしまい、「入れ歯」となったんです。

で、この入れ歯は、両側の歯にブリッジでひっかけてあるんですが、毎食後歯磨きをする時に、洗うためにはずすんです。
昨日・・はずして、洗っていたら、「ポロッ」と洗面台の配水管口に落ちてしまいました!
「わぁ~~」って思う間もなく、出しっぱなしだった水に流されて・・・・見えなくなってしまいました!(笑)

また、歯医者さんに行って、新しく作ってもらわなければなりません・・トホホホ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと~~~♪

2003-10-17 | インポート
短時間ですが、インパークしてきました。

今日の目的は、ディズニー仲間の友人のお子さんの「ハロウィン仮装」を見たかったことと、TDSのショー「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」のリニューアルを見ることでした。
夕方から夜にかけて、予定があったので、ゆっくりはできなかったのですが、二つの目的は果たしたので、満足です(笑)。

Sちゃんの仮装は、ハロウィンパレードに出てくる「魔法使いのミッキー」でした。
オレンジ色のタキシードと大きな帽子が可愛いこと!
そんな彼女といっしょにいると、大勢の方が「あっ、ミッキーだ」「可愛いね」って声をかけてくださいました。
自分の娘のように「ありがとう」「よかったね」って、誇らしげに言ってしまう、私に、自分でおかしくなりました(笑)。

小さな子といっしょに、インパークしない私にとっては、「未踏地」のトゥーンタウン。
Sちゃんといっしょに、いくつかのアトラクションで遊びました。
「ガジェットのゴーコースター」は、小さいながらも迫力満点。
まったく恐がる様子もない彼女は、私の横で「キャァ~~、ワ~~イ」と楽しそうに声を上げて,大はしゃぎ。
「もう一回乗ろう」って言ってました(笑)

本当に楽しい時間をありがとう!
私の小さなディズニー友達!

「ポルト」の時間がせまってきたので、彼女達と分かれて、私はシーへ。
どんな風に新しくなったのかと、ワクワクしながら、待っていると、まずは海の上から「ボンジョールノ」の声が・・・
「今日は何の記念日か知ってますか~~」
から、始って、この港が「ポルト・パラディーゾ」と名づけられた物語が語られます。
そして、イルカや、着飾ったたくさんのダンサーや、キャラクターの乗った船が現れます。
空を舞う「カイト」が赤や緑の色のついたのになっていました!

一番変ったのは、ダンサーといっしょに、ゲストが踊れることです。
それも、かなり長い時間・・すごく楽しかった!!
そうそう、途中で、「日本語」の歌詞が流れた~~。(笑)これも変ったことなんですね。
皆が、覚え易いようにかしら?

今日は、あるダンサーを追って、デジカメを通してばかり見ていたので、全体をよく見ることができませんでした。(苦笑)

クリスマスが始る前の平日のシーは、混んでなくていいものです。
ホテル・ミラコスタのバルコニーに「ウエディングドレス」姿の花嫁を発見!
思わず、手を振って「おめでとう」って言ってしまいました(笑)。
彼女も手を振って、ニコニコしてくれました。・・・お幸せに!!

(小さな友人の、仮装姿は、画像掲示板にupしました)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう、ガッカリ・・

2003-10-16 | インポート
今日は、出かけるには、最高の秋晴れの日でした。
なのに・・・
「行ける→行けない→行ける→やっぱり、行けなかった!」
と二転三転した、私の予定・・・

ルンルン気分で、TDRへ行く予定をしていたのに、急に、「今日中に受け取って処理をしなけらばならない物」が、宅配便で届くと連絡が入りました。
いつも、早い時間の配達が多いので、今回も午前中に届くだろう・・と甘く見ていました。
午後からでも出かければ、お目当てのショーは見れると、考えていましたが、待てど暮らせど・・
イライラしながら、時計の針とニラメッコ。結局、届いたのは3時半すぎでした!

これでは、もう無理~~、本当に残念!
火曜日に続いてのインの中止!
もう、ガッカリです!

短時間インでもいいから、明日は絶対に行きたい!
私の「若さの元」のミッキーマジックが切れてきそう・・(爆笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろな人たちと・・・

2003-10-16 | インポート
毎週水曜日は、大勢の人と会うことができる、楽しい日です。

いつものように、「国際交流ラウンジ」でのボランティアですごした、一日ですが、
今日の嬉しかったこと・・・
「こんにちわ。覚えてますか?Mです」と言いながら、元気に入ってきたのは、ペルーの女性。
「は~~い、覚えてますよ。お久しぶり~~」
3~4ヶ月前に、ラウンジへ来て「何か仕事をしたいんだけど・・」ってお話をしたことがあります。
日本語もすごく上手なので、どこでもOKだと思いましたが「もし、時間があるなら、何か、資格を取る勉強をしたら」と話したような覚えが・・・

「今、ヘルパーの資格を取る、勉強をしてます」
「先生が、書く漢字が、読めないことも多いんですが、勇気を出して、何て読むんですか?って聞くことにしてます」
「今の講習を終ったら、実地経験を積んで、その上の級をめざします」

こんな報告をしに、寄ってくださったのです。
「頑張って!あなたなら大丈夫よ!」
と、さよならしましたが、こんなときは、本当に嬉しいです。

心を病んでいる友人・・・
せっかく訪ねてきてくださったのですが、忙しくて、ゆっくりお話ができなかったんです。
でも、ずいぶん元気になりました。
「午前中は、仕事に行ってきました。ちょっと疲れたので、帰って休みます。またメールします」って帰って行ったのですが・・・本当にごめんなさい。
気になっています・・・
明日、電話しましょう・・・

評議員をさせて頂いている高校の英語の先生が、二人、お見えになりました。
今までに、何人かの外国人の友人を、講師として、紹介していますが、またもや「お願い」でした。(笑)
ちょうど、日本で仕事をしたいと言っているオーストラリア人がいるという、私の娘(カナダ人)が遊びに来ていましたので、早速、連絡、条件等を検討に入りました。
なんとかなるといいのですが・・・

夕方、4時30分頃、地震がありました!
私とカナダ人の娘は「わぁ~~、大丈夫かしら?」って、あわててドアを開けに走りました。
居合わせたロシア人の男性・・ニコニコしながら「オッォ~~」ってすごく嬉しそうなんです(??)
「恐くないの?」って聞いたら「はい」ってやっぱりニコニコ・・・
珍しいらしい・・・(苦笑)。

モンゴルの女性・・・揺れるのなんて、どこ吹く風・・・とばかり、PCに夢中でした(苦笑)

すぐにテレビをつけて、震源地や被害の有無、交通の状況を確認しました。
千葉県西部が震源とか・・・
「ディズニーの近くよ」って娘に言ったら「ミッキー~~大丈夫?」ってふざけるんです(爆笑)
さすが、わが娘・・・彼女はカナダ人だけど、やっぱり、ディズニー大好きなんです。

その他、タイの友人とおしゃべりしたり、先日「こんにちわ」を教えたロシア人が、やっぱり「おはようございます」と入ってきたり・・・(苦笑)
忙しいけど、楽しい一日が終りました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非情の雨・・・

2003-10-14 | インポート
昨日の蒸し暑さとは、うって変わって、朝から、冷たい雨が降り続いている今日です。

TDSの2thアニバーサリーのイベント「ミッキーのファンタスティックキャラバン」が、明日(15日)最終日を迎えます。
明日は、ボランティアの日で、インできないので、今日見納めを、と思っていたのに・・・
朝からの雨で、中止しました・・・(涙)
残念です!

シーでは初めてのパレードで、フロートや、キャラクターや、ダンサーさん達と、触れ合うほどの近さで観ることができました。
たくさんのダンサーさん達に「タッチ」してもらったことや、奇抜な衣装や、大きなフロートや、可愛いキャラクターに、楽しい思い出をたくさんもらいました。
ありがとう!

明後日(木曜日)は、ぜったいインしたい!
天気予報が気になる、私です(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い込み・・

2003-10-12 | インポート
♪~~「今は山中、今は浜・・・」~♪で始る童謡・・「汽車」がテレビから流れてきました。
思わず、口ずさみながら、画面を見ると歌詞がでていました。

いい調子で・・・「遠くに見える村の屋根、近くに見える・・・」と来た時「町の軒・・」と出ていたのです。
「???、わぁっ、何?~~」
私は、ず~~っと「町並木」だと思ってたんです!(爆笑)

子どもの頃から、今日まで・・・「近くに見えるのは、町の並木道」というイメージで、思い込んでいました。・・こんなことってあるんですね・・・ハハハ
我ながら、おかしくなりました!

皆さんは、こんなことありませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝の気持ちをいつまでも・・

2003-10-10 | インポート
久しぶりに、友人の眼科医を訪ねて、眼底検査、眼圧、視力、のチェックをして頂いた結果、いずれもOKでほっとしました。

6年半程前に、突然に、私の目に起こったアクシデントは、「網膜剥離」・・・。
診察に行ったその場で、即入院。
良い方の目を使うと、それと連動して、悪い方の黒目も動くので、両目をふさがなけらばならない状態になったのです。
そして、トイレ以外は、まったく動けないという、ベッドの上でのうつ伏せでの生活が2週間。
その後、手術、結局40日間もの入院生活になってしまいました。

突然に真っ暗な世界を体験・・一時は、心のバランスも失うような状態でしたが、家族の励ましと、献身的な看病で乗り切ることができました。
手術をしてくださったのは、日本でも5本の指に入ると言われている先生でしたし、もちろん友人も立ち会ってくださったので、心強く、安心しておまかせすることができました。

大変な手術だったようですが、おかげで、完璧とまではいきませんが、視力を取り戻すことができました。
それ以来、折を見ては、検査のため通っているのですが、特に問題もなく今日を迎えています。
本当に嬉しく思います。

家族はもちろんですが、支えてくれた、兄や妹、甥や姪をはじめ、たくさんの友人、知人達の温かい気持ちを、今でも忘れることはできません。
心から感謝しています。

時間がたつと、そんな気持ちも忘れがちになりますが、こうして、検査に行くことで、その時のことを思い出し、改めて感謝の気持ちでいっぱいになるのです。
本当は、もう行かなくてもいいのですが、この気持ちを忘れないためにも、自分で3~4ヶ月に一度、検診に行くことにしています。

余談ですが・・・
私が手術を受けた先生は、政治家、芸能人を始めとする、著名な方々が、数多く手術を受けていることで有名で、私が入院しているときも、政治家の方がいらっしゃいました。
一泊、10万円のお部屋に・・・(苦笑)。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加