love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

8 Mile

2003-06-30 | インポート
先週見た映画「8 Mile」のことを書くの忘れてました。
できるなら、見ることをお薦めです。

ヒップポップ会の頂点にたつ「エミネム」の主演ですから、若者向けの、うるさいだけの映画かなと思っていたのですが、彼の母親役の「キム・ベイシンガー」が好きですので、見に行ったのですが、見終わったら、何かすがすがしい~思いがしました。

工場で働きながら、詩を書き続け、ラッパーデビューを目指す少年の心の動きがすばらしい。
どん底の生活から、抜け出すために、自分の心に区切りをつけるために出演した、ラッパーバトル勝利者になった彼が、工場へ戻っていくところで、ほっとします。

映画の中で唄われる曲は「ライム」がきいていて楽しい。
日本語で言う「韻を踏む」ということでしょうか・・・
ラップには、とても重要な要素なのです。
でも、この日本語訳、とても大変だったと思います。訳者に拍手です!

この映画は、かつて自動車産業で栄えたデトロイトでのお話です。
「8 Mile」とは、このデトロイト市を南北に分断するロードの名前で、これを境に白人地区と、黒人が多く住む地区に分ける人種の境界線ともいわれているのです。
映画の中の人たちの心の中の分割ラインでもあるようです。

母親役のキム・・・良かったです。
男に依存しなければ生きていけない女、自分のセックスの様子まで、息子に話す女・・・
汚れ役と言っていい役を、良い味出して演じています。

若者でなくても楽しめる映画です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンス発表会

2003-06-29 | インポート
息子がレッスンに通っている「ダンススタジオ」の発表会がありましたので、あまり乗り気でない主人も、引っ張って行ってきました(苦笑)。

息子は、一応、「踊ること」を職業とはしていますが、さらなるレベルアップをめざして、今でも週に2~3回は、スタジオに通っています。

私は、前回(2年前)に続いて、2度目ですが、生徒さんたちの踊りが、一段と上手になっていることを感じました。
「今回の発表会は、性格に踊ることだけでなく、今、持っているエネルギーを、惜しまず外へ爆発させてもらいたいので「PUNK」と決めました。」
と先生がパンフレットに書かれているように、どの演目もエネルギッシュで、パワフルで、こちらまで、身体が自然に動いてしまったほど、楽しい時間でした。

息子も、得意のジャズダンスに、ファンカステップタップはもちろんですが、2年位前からレッスンを開始したというバレエまで見せてくれました。
小・中・高・大学とサッカー一筋だった息子ですので、スポーツ人としての筋肉がついてしまっていたようで、ダンサーとしての身体を作るのは大変だったようです。
先生の厳しい指導で、なんとか、ここまでになったのでしょう。

生の「ダンス」を初めて見たと言う主人は、その激しい動きにビックリし「まさにスポーツだ」と思ったようで、「ケガしないように、身体には十分気をつけろよ」と、息子に声をかけていました・・・。

好きなことを職業に出来る幸せと、ここまで指導してくださった、先生方に、感謝の気持ちを忘れずに、日々精進して欲しいと願っている、母です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お猿さんのために・・・

2003-06-28 | インポート
久しぶりに畑へ。
前回、小さなきゅうりが10本くらい、実をつけているのを確認しましたし、ナスもたくさん花をつけていましたので、今日の収穫はさぞかし・・・とワクワクしながら出かけました。

ななんと・・・太くなりすぎたきゅうりが1本あるだけなのです!
「???」と周りを見渡したら、何かが、かじった後のある、きゅうりやなすやかぼちゃが、ころがっているではありませんか!

「えっ、何?」
「猿の仕業だ」と主人。

そういえば、この畑のある場所は、よく猿が出没すると聞いたことがあります。
そんなこと、すっかり忘れていました!

以前に、山の猿を餌付けしたことがあるようですが、その後、放置し、猿は町の中まで、降りてくるようになってしまったのです。
人間の勝手で、猿の本来の行動を変えてしまったわけですから、文句をいうのもおかしなものですね。

一生懸命、作った私の野菜たち・・・トホホですが、猿も生きるためには仕方がなかったのでしょう。(苦笑)

帰りに、まだちょっと小さかったのですが、ナスを2本、取ってきました。
私だって食べて見たいんです(笑)。

夕方、ご近所の方が「今、掘ってきたので、ふかして食べて」とジャガイモをたくさん持って来て下さいました。
お猿に食べられても、こうして、どこからか、何かが回ってくる・・・人生、それでいいのかもしれませんね。(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マトリックス・リローデッド

2003-06-27 | インポート
かなり話題になっているけど、前回の作品が、もうひとつ分かりにくかったので、今回は見なくてもいいか・・・と思っていたのですが、やっぱり「キアヌ・リーブス」がステキだから見に行ってしまいました(笑)。

「アクションシーンがすごい!」の一言!
特に、フリーウエイでのカーチェイスは最高・・・「息つく暇もない」と言う表現がピッタリのスピード感で、痛快!

キアヌが空間を飛び、走り、回転する様は、前回より磨きがかかり(?)。大きく円形に広がるコートのすそが相変わらずきれいでした。(笑)

全体的に今回の方がストリーが分かり易かったのは、なぜだろう?
たぶん、前回のが伏線になり、バーチャルの世界の様子がちょっと普通に見えてきたからかしら?

「リローデッド」のテーマは「すべてはあなたの選択」。
ネオ(キアヌ)とトリニティー(キャリー・アン・モス)との深い愛情を中心に、描かれている今回の作品では、彼が「人間たちを救うのか、彼女を救うのか・・・」の選択にも迫られるのです。

最後のシーンは、昏睡状態のネオのアップです。
次回の「レボリューションズ」を見なければならないような、ドキドキな終わり方・・憎い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問診表・・・

2003-06-25 | インポート
今日から、日本語の生徒さんが一人増えました。
タイ人の男性です。
日本に来て、9ヶ月だそうです。

レッスンの前に、「書いて欲しい」と頼まれたものは、病院で診察を受けるさいに提出する「問診表」です。
・・???

聞いてみると、先週くらいから、背中、腰、もも、ひざ裏が痛くてたまらないのだそうです。
重いものを持つ仕事をしているので、そのせいかもしれない、と言ってました。

明日、一人で病院へ行くけど、くわしい症状についての話が、日本語で出来ないので、書いて欲しいということだったのです。

いつ頃から痛くなったのか、
寝ても座っても歩いても痛いのか、
今までに同じような症状が出たことがあるのか、
持病のようなものはあるのか、
他に薬をのんでいるのか・・・

問診表に記入した以外にも、病院で聞かれるかもしれないことを、想定し、答えを書いておきました。

「たぶん、これを持っていけば、大体は大丈夫よ。
どんな、病名でどんな治療をするのかを、書いてくれると思うので、また持ってきてね」と言ったら、本当に嬉しそうに、ほっとした笑顔を見せてくれました。

明日の予定がなければいっしょに行ってあげたいと思ったのですが・・・
多分、心配で不安で、いっぱいなんだろうと思います。
たいしたことでなければいいのですが・・・

病気や怪我の時は、言葉の分からないことで、必要以上に、不安になったりしてしまうのでしょう。
初めて会った彼の、ちょっと不安そうな目が忘れられません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐藤錦・・・

2003-06-23 | インポート
日本の慣習・お中元のシーズンです。
我が家にも、たくさんの方々から、お心遣いの品が、届き始めています。

果物では、先週の「夕張メロン」に続いて「サクランボ」を頂きました。
有名な山形の「佐藤錦」です。
赤いきれいな色も可愛いし、甘味も抜群、本当に嬉しい、贈り物です!!

最近の果物は、季節感がなく、一年中見かけますが、この「サクランボ」は、数少ない「旬」を味わえる果物ではないでしょうか?

日本にサクランボが入ってきたのは、明治時代だそうです。
一人のドイツ人が北海道に植えたのが始まりとか・・・

佐藤錦とは「佐藤栄助」さんという方が「ナポレオン」と「黄玉」という種類を交配して、作ったものだそうです。
今では、サクランボの中では、甘味も強く、最高のものになっています。
この方の息子さんとか、お孫さんが経営していらっしゃるお店の名は、もちろん「佐藤錦」です。

もう一つ、今日届いたのが超有名な「喜多方ラーメン」。
どうして、会津喜多方がラーメンでこれほどまでに、有名になったのかしら?
「風光明媚な喜多方の里で、仕込まれた味噌・醤油をベースにした、贅沢なスープ入り」とパッケージに書いてあります。
どんな味なのでしょうか・・これも楽しみです。

いつも、心にかけて下さる方々に感謝です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くじ運なし・・・

2003-06-22 | インポート
梅雨の晴れ間の日曜日、母校の同窓会の総会が開かれました。
昨年、創立80周年を迎えたのですが、それに向かって、何年か前から、同窓会組織が整備され、県下全体にわたって地区支部もでき、それぞれの活動も活発化しているようです。
私も微力ながら、そのお手伝いをさせていただいておりますので、今日は受付を担当しました。

この同窓会総会の目玉は(?)1000円でクジを買う「抽選会」です。
各方面で活躍をされている諸先輩の方々から寄贈される品々を当てる抽選なのですが、そのリストはすごい!

特賞は18インチのテレビですが、それ以下、DVDプレーヤー(5台)、マイナスイオン発生ドライヤー〔10台)、サイクリング車(2台)、スチームアイロン(10台)、シェーバー(1台)をはじめ、今の時期にピッタリの扇風機(10台)、ビール(10ケース)、食料品スーパーの社長からは、バナナ(20ケース)、メロン(5ケース)、こしひかり(10袋)と続き、各種バッグ・カバン(15ヶ)、浴衣・帯セット、映画館ペアご招待券(10組)までありました!

こんなにたくさんあるのに・・・私は何も当たらずです(苦笑)。
最後に、外れた人、全員に、洗濯用洗剤が配られたのですが、この抽選の間の賑やかで楽しいこと!
「自転車、どうやって持っていくの?乗っていくの?」
「バナナ、そんなにどうするの?」
「ビールが当たったのは、今年の卒業生だから、飲んじゃだめよね」
・・・とか、それはそれは、かしましい(爆笑)

何もあたらない面々、悔し紛れに「ここで、運を使わない方が良い」とか負け惜しみを言いながらも、うらやましそう・・

先輩の方々が「harusan、これもって行って、しっかり主婦して」って下さった洗剤が4ヶになった私です(笑)。

今日の総会については、特別に案内を出しているわけではなく、同窓会会報紙に載せているだけなのですが、200名近い方たちが集まって下さったのにはビックリです。

校舎は変わってしまっていますが、青春の一時をすごした場所で、なつかしい校歌を唄い、若き頃を思い出した時間でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強風で・・・

2003-06-22 | インポート
金曜日はシーへ。
朝から真夏の太陽が顔を出し、その上、強い南西の風が!
ちょっといや~な感じ・・・。なぜなら、シーのショーは風に弱い・・・中止にならないことを祈りながらインしました。

お昼くらいまでは、あまり混雑もありませんでしたの、アトラクションを次々と制覇(?)しました(笑)。

「かって知ったる・・・」で、FPを利用したりしながら、ショーの時間と組み合わせて、上手に効率よく回れました。
「インディージョーンズ:クリスタルスカルの魔宮」「マーメイド・ラグーンシアター」「センター・オブ・ジアース」「海底2万マイル」は今までにも乗ったことあるのですが、今回初めての体験は「ストーム・ライダー」・・・これがすご~っく楽しい!!
非行型気象観測ラボに搭乗して、巨大なストームを消滅させるものなのですが、いくつかのアクシデントに遭遇、パニックがおこりますが、何とか切り抜けられます。

そして、そして、最後に、最高に愉快なハプニングがあります!
もう、ビックリするやら、おかしいやら・・・思い出しても笑ってしまいます!(こんなアトラクション初めてです)
行った人のお楽しみということで・・

「トランジット・スチーマーライン」「ビッグシティ・ヴィークル」「エレクトリック・レールウエイ」「アクアトピア」「フランダーのフライングフィッシュコースーター」「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」・・すごい、数載りました(笑)。

歩くのもままならないほどの強風でしたから、「セイル・・」の中止を心配していましたが、幸い、風の向きが反対で、助かりました。
でも出演するダンサーの方たちの帽子が飛ばされそうになったりして、押さえながら登場してくる姿も、また楽しい!(苦笑)

シー、最大のエンターテイメント「ポルト・パラディーゾ・・・」はやっぱり中止。
夏のスペシャルイベント「アリエル・・・」も2回中止!
もう、がっかりです!
お目当て(?)のダンサーさんを見ようと、楽しみにしていたのに・・・

この分では、夜の「ディズニーシー・シンフォニー」も駄目かとあきらめていましたが、ちょうどその時間の頃に、多少風が弱まり、華麗な「光」と「音」のページェントはみることができました。
もちろん、その後の「花火」は上空の気流が悪いため中止です。

こんな気象状況のため、人気のアトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」も中止。記念の撮影だけさせてくれました。
風に左右されない、室内のショー「アンコール」「ミスティックリズム」はもちろん、見てきました。
何度見ても、「すばらしい!」の一言です!

これからは、暑い日が続くでしょうから、昼間のインはちょっと・・・
でも夜のショーやパレードだけを見に行くのもいいかもしれない。
2パーク共通年パスも売る出されることになったので、ランドやシーを行ったり来たりしながら、楽しむことができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2パークを楽しみました!

2003-06-21 | インポート
1泊2日で、TDLとTDS・・・両方を楽しんできました!

天気予報では、19日(木)はくもり時々雨、20日(金)は、曇りとなっていましたので、折りたたみ傘をバッグにいれました。
ところが、見事にはずれて、お日様まで顔を出してくれたのにはまいりました(苦笑)。
曇りで止まってくれるのが、インパークには一番なのですが・・・

今回、ラッキーだったのは、お天気だけでなく、20thをお祝いする「Mickey's Gift of Dreams」の抽選にみごと当たりました!
席は「Gー96・97」で、真ん中より少し後でしたがセンターよりで、思っていたより見やすく、良かったです。

それと、もう一つのラッキーは、ランドが以外に空いていたということです。
アトラクション、ショーともに、あまり待ったりせずに、FPを組み合わせながら、たくさん、乗ったり、見たりできました。

「スプラッシュ・マウンテン」がメンテナンス中でお休みだったのが、ちょっと残念でしたが・・・

「スターツアーズ」「ビッグサンダー・マウンテン」にも乗ってしまいました。
もちろん「プーさんのハニーハント」「イッツ・ア・スモールワールド」はかかしません!(笑)
「ジャングルクルーズ」「ウエスタンリバー鉄道」もかなり短い待ち時間でOKでした。

メインの「ギフト・・・」以外にも、お馴染みのショー「ワンス・・・」も可愛い~とニコニコしながら見てきました。
昼夜のパレード「ディズニー・ドリームス・オン・パレード」「ドリーム・ライツ」も、シーティングして堪能してきました。
花火「ファンタジー・イン・ザ・スカイ」は、強風のため中止。

ちょっと蒸暑かったので、早めにホテルに入り、シャワーを浴びてノンビリと、翌日のシーへのインポートにそなえました。

今回のホテルでは、お部屋を「パーク側」にと希望しましたので、窓から「ライトアップ」されたシンデレラ城がばっちり!
その右手には「ビッグサンダー・マウンテン」がそびえたち、もっと右には、シーの「クリスタルカルの魔宮」や「プロメテウス火山」が火を噴くのまで見える位置でした。

海側のお部屋でも、気持ちがいいのでしょうが、やっぱり「夢と魔法の王国」を見ながら・・・というのが楽しいんです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私はエージェント?

2003-06-18 | インポート
今年になって、「英語のネイティブスピーカーを紹介して欲しい」と、頼まれることが多いんです。

今日も、知人のお嬢さんとNZ人を会わせて、英会話レッスンのスケジュールを作るお手伝いをしました。
彼女は、昨年、1ヶ月、ロンドンにステイしていたとか・・・
もっと、もっと英会話の練習をしたいので、どなたか紹介して欲しいと、お父様から頼まれたのです。
ちょど、NZ人の彼が、英語を教えたいと希望していたので、ラッキーでした。

考えたら、1月に、ある小学校のアシスタントにアメリカ人を、
2月には、中学校のアシスタントにカナダ人を、
3月に母校・高校のアシスタントにアメリカ人を、
先月には、個人の方で、プライベートレッスンを望んでいらっしゃる方にカナダ人を、
そして今日のニュージーランド人・・
(笑)

学校での仕事を紹介した外国人には、夜の空いている時間に、個人レッスンを希望する人を紹介したり、社会教育の場での英会話クラスを持ってもらったりと、いろいろな話を持っていきますので、ある外国人の友人が「はる○は、僕のエージェントだよ」と言って笑ってました。
「ボランティア・エージェントね」と答えながら、自分でもおかしくなりました。(苦笑)

人の輪っておもしろいものです。
「この人に声をかければ、何か見つかるかも・・・」と、
自然にいろいろな人が集まってきてしまうんでしょうか。

そうそう、今日、届いたFAXは・・・
「金融機関に関する講義が出来る方を、紹介してください」という、台湾人の友人からです。
この夏、北京から見える銀行員の研修旅行での講師だそうです。
う~ん、これは、大学教授とか経済アナリストとか・・・主人の分野でしょう(笑)。

頼られるのはいいのですが、責任も重い!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校・家庭の役割・・

2003-06-17 | インポート
学校は勉強する場所、基本的なしつけは家庭で・・・お互いの役割を、もっと明確にしたうえで、協力し合って、子ども達の健全育成に取り組むべきです!

と、何年も、声を大にして叫び続けてきた私でしたが、ここ数年は、「家で言っても駄目だから、学校でお願いします」という、母親達の多さに戦意をそがれ、沈黙していました。(苦笑)

でも、今日の、中学校の学校評議員の会議に出席をして、ちょとばかり「ほっ」とさせられ、一歩前進の思いをしました。

新年度になって、今までになく、「学校が荒れている」状態と聞いていましたが、校長先生が、どこまで、お話をして下さるのかと、不安も持っていました。
が、校長先生は、「隠す気持ちは、まったくありません、ぜひ、現状を知っていただき、いっしょに考え、取り組んで欲しいのです」と、ありのままの現在の学校の様子を話してくださいました。

先日の体育祭で、一部の生徒達の行動により、開始時間を遅らせた経緯は、実行委員の生徒達の決めたことを、守らない一部生徒達に、学校側も毅然とした態度をとった結果なのだとか、
普段の授業中も、それはそれはひどいもので、数日は、まさに「騒乱状態」だったとか、
緊急の保護者会が開かれたりもしたようですが、保護者と先生方との対立もあり、両者の言い分の平行線が延々と続いたとか・・・

そんな先生の真摯な態度には、「生徒への愛」も感じられました。

保護者会では、いろいろ議論した結果、お互いにマイナスの面を補い合いながら、親も変わろう、先生も変わろう・・となったと聞き、「本当に良かった」と感じました。

そこで、私が提案させて頂いたのは・・・

「机上の空論」にしないで下さいと、いうことです。
どんなことでも、具体的に実行していかなければ、何も変わらないのです。
口だけでなく、実際に直面することを、一つ、一つ、直していくことが必要です。

たとえば・・・机が倒れていたらおこす、服装が違っていたら変えさせる、授業中に私語が多ければ注意する・・・etc
どんな小さなことでも、こうして積み重ねてゆく努力をして欲しいのです。
決して、あきらめないで下さい。

いつか、変わります!

幸い、PTAの会長さんも「家庭の役割を学校に押し付けている親が多いことを反省し、こどもといっしょに努力もしてみたい」と言ってくださいましたので・・・

私たち、地域の人間も、「我が子」同様に、地域の子ども達を叱り、誉め、見守っていかなければと、気持ちを引き締めた会議でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また雨が・・・

2003-06-16 | インポート
午前中は、曇りだったのですが、午後になって、また雨です。
「梅雨入りしました」と聞いてから、すっきり晴れた日がない・・・
お部屋の中もなんとなく湿っぽくて、気分も滅入りそう・・・

気分転換のため、まず美容院へ。
私の担当のスタイリストさんは、若くて明るい女性です。
彼女と話をしていると、いつもゲラゲラ・・・本当に楽しい人なんです。
7月3日に、いっしょにTDLへ遊びに行く約束をしてしまいました!

美容院の次の気分転換といえば・・「自分のためのお花」を買うことです。
こんなジメジメした時には、出来るだけ明るい色をと選んでみました。

まず、大きなカサブランカです。
匂いの強い花ですが、真っ白な大輪が、豪快で好きなのです。
本当は、思い切って、カサブランカばかりを10本くらい、大きな花瓶に活けて見たいのですが・・・ちょっと強烈すぎます。
広い、パーティー会場とかホテルのロビーとかだと、ステキなんでしょうが・・・
ウサギ小屋の我が家では、ちょっと・・(苦笑)

つぼみが5~6ヶついているのを一本だけ購入。合わせるお花は「明るい黄色」を基本に選びました。
ベニバナとアルストロメリアとオンシジュームです。

黄色といえば、「ルテア」(多分グロリオサの仲間)がありましたので、一本だけ買いました。
これは、一本だけ、黒くて細い花瓶にさして、面白い形を楽しみます。


もう一組はピンクと白のトルコキキョウにソリダコを合わせました。
トルコキキョウは、こんな暑くなってきた時期でも、結構花持ちがいいので嬉しいです。

そうそう、エリンジュームという「瑠璃色」をしたアザミのような花も買いました。
これも形と色に魅かれてです。

台所の片隅で、芽が出始めてしまった「里芋」も花器に入れておいたら、たくさんの緑の葉が出ました。
これも楽しいものです。

お花たちを眺めていると、しばし、うっとうし雨も忘れることができます。

(写真集・・・花・はな・花にUP)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表彰と講演

2003-06-16 | インポート
県の教育庁より、一通の封書が届きました。
開けてビックリ・・・「社会教育の振興と発展における、あたなの多年にわたる功績に対し、県社会教育協会会長表彰をすることとしましたので通知いたします」
ですって・・・

ちょっと待って・・・いつ誰がそんな?

2~3日前、管内の教育事務所の先生から「黙っていて申し訳なかったのですが、日ごろの活動の様子を拝見し、勝手に、推薦をさせていただきましたら、今回、表彰決定のようです。近いうち連絡があると思います」とお電話でお聞きし、「どうして私が?」と半信半疑でいましたが・・・まさか本当とは・・・。

表彰式は7月の中旬だそうで、場所、時間等の案内が書かれていましたが、その後に・・・
「表彰式後に、講演をお願いいたします。
テーマについては自由ですが、日ごろの活動についてお話をいただければ幸いです」と書かれているのには、またもやビックリ(苦笑)
聞いてない~!

本当に「寝耳に水」とはこのことです。

今までに、人の前でお話をさせて頂く機会はたくさんありましたが、ここ1年ほどは、引退し、講師登録も消させていただきましたので、久しぶりということになります。
・・・う~ん、大丈夫かな?(苦笑)
早速、テーマを決めて、県の方へ連絡をしなければなりません。

やれやれ、嬉しいやら、大変やらで、複雑な1ヶ月になりそうです。

子育ても終り、少しは自由になる時間が出来た時から、「何か私に出来ることで、地域のお役に立てれば」と始めた、いくつかのボランティア活動ですが、振り返ってみると、これらの活動を通して、私自身が、勉強をさせて頂き、楽しい時間をもらっていたのです。

私の方が、支えてくださった、周囲の方々、活動のための時間を許してくれた家族に、「感謝状」を差し上げたい気持ちです。

ありがとうございます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きゅうりができた!

2003-06-14 | インポート
週末は恒例の(?)農業です。

今週は、雨がよく降ったので、まったく行っていませんでしたので、久しぶりの畑に、ちょっとワクワクしながら出かけました。
いつものように、お茶とおにぎりを持って・・・(笑)

な・何と・・・きゅうりが1本、大きくなっていました!!
信じられない・・・私が作ったんです!(笑)
その他にも、黄色の花がいくつか咲いていて、咲き終わった後に、小指ほどの小さなきゅうりらしきものが実っているのが、10本近くありました。

絹さやも、白い可愛い花を咲かせていますし、ナスの花の紫のきれいなこと!
スイカと、トマトとかぼちゃは、それぞれ、黄色の花を咲かせているのを確認。
実がついてくれるといいなぁ~。

住宅が建ててあった土地ですから、「土地が肥えてない」。
先ずは「土作り」から始めないと無理かもしれない・・・と思いつつも、「駄目もと」で野菜の苗を、何本か植えてみたのです。
でも植えれば「実がなってくれないかなぁ~」と欲が出て、一生懸命に、雑草をとり、肥料をあげ、水遣りをし・・・世話をしてきたのです(苦笑)。

スーパーで売っているような「きゅうり」が見えたときの感動は、どう表現したらいいのでしょうか・・・本当に嬉しいです。

家庭菜園とかで、簡単に夏野菜を作っていらっしゃる方のことを、たくさん聞きます
が・・「私にも出来るんです!」(爆笑)

一本のきゅうりと、20ヶ程の絹さや・・・我が家の夕食のテーブルで、一番輝いて見えるかもしれません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチ・ヘビ・サンダル

2003-06-12 | インポート
朝から午前中いっぱい、細かい雨が降り続いていましたが、ボランティア仲間の友人と、ランチの約束がありましたので、そんな雨も気にならず、ルンルン気分で出かけてきました。

いろいろなお話をしながら、楽しい時間をすごして帰ってきましたら、自治会の配布物が届いていました。
ご近所の家へ届けようと歩き始めましたら、何やら騒がしい声が・・・
犬をお散歩させている方が「へびがいるの」と叫んでいたのです。

「えぇ!どこ?」と恐々近寄って行ったら、長さ50センチくらいの、細くて、オリーブ色のヘビがニョロニョロ~と動いていました!
多分「アオダイショウ」だと思うのですが・・・
犬は吠えるし、人は集まって来るし・・・
でも、ヘビはノンキに(?)グルグル動き回って、道路を横断し、木陰に入ってしまいました。

アオダイショウは、本来は温和で、おとなしい性格なのだそうです。
でも、これは、山奥で人にいじめられないで育った場合だそうで、人里で、いじめられて育つと、人を脅かすようです。
威嚇するように、しっぽを地面に何度もぶつけたり、口からクゥ~と空気を切るような音を出すよか・・・

気持ち悪い~。

家の近くに出なきゃいいなぁ~と思いつつ帰ってきました。
そこへ夕刊が配達されてきました。

なんと、「150万ドルのサンダル」の見出しを発見!
ハリウッド女優のために、690個のルビーをプラチナの糸でつなぎ合わせた、時価150万ドル(約1億8千万円)の女性用サンダルが、今日から、東京・伊勢○本店で特別展示されている・・・という記事です!

今年、3月のオスカーの授賞式のために作られましたが、イラク攻撃のために自粛ムードになったことで、女優の足を飾ることはなかったのだそうです。

誰が履く予定だったのかな?
主演女優賞のニコール・キッドマンに贈られるものだったのかしら?
ヒールが15センチくらいありそうな、アンクル部分がリボン結びで、全体にルビーの色と同じ真っ赤なサンダル!
すご~い、ため息がでます!

今日、印象に残ったこと、書いたので、何のつながりもないお話です。(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加